すぐにできるエクセル業務効率化4選!おすすめのツールの紹介も

 2021.12.28  Microsoft 365チャネル編集部

どの分野においても、昨今では市場のニーズが急速に変化しています。自社商品をスピーディーに提供するためには、業務の効率化が重要です。そこでこの記事では、今すぐできるエクセル業務効率化を紹介します。また、エクセル業務に役立つツールも紹介します。普段エクセルを使っている方や、もっとスピーディーに仕事をこなしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

すぐにできるエクセル業務効率化4選!おすすめのツールの紹介も

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

エクセルでできる業務効率化術4選


エクセルでできる業務効率化の主な方法といえば、ショートカットキーの利用・関数の利用・マクロの活用などが挙げられます。まずは、基礎知識としてショートカットキーを押さえておきましょう。ショートカットキーを使うことで、業務にかかる時間を短縮できます。ショートカットキーにはさまざまなものがありますが、特に覚えておきたい15種類を下記にまとめました。
アクション Windowsの場合 Macの場合
コピー Ctrl + C Command + C
ペースト Ctrl + V Command + V
直上のセルをコピー&ペースト Ctrl + D Command + D
保存 Ctrl + S Command + S
置換 Ctrl + H  
全選択 Ctrl + A Command + A
1つ前に戻す Ctrl + Z Command + Z
直前のアクションに戻す Ctrl + Y Command + Y
印刷ページの表示 Ctrl + P Command + P
範囲選択 Shift + 矢印 Shift + 矢印
データの最後まで移動 Ctrl + ↓(下矢印) Command + ↓(下矢印)
データの最初まで移動 Ctrl + ↑(上矢印) Command + ↑(上矢印)
オートフィルタのON/OFF Ctrl + Shift + L Command + shift + F
検索 Ctrl + F Command + F
リボンの表示/非表示 Ctrl + F1 Command + Option+ R

関数の利用


さらに業務効率化を図りたい場合は、関数を利用しましょう。エクセルの関数とは、計算式を入力すれば自動で計算を行ってくれる機能です。関数を利用すれば、複雑や面倒な計算をしなくてもよくなるため、業務の効率化につながります。

例としては、以下のような関数があります。

関数名 計算式(例) 効果
AVERAGE関数 =AVERAGE(A1:A5) 選択したエリアの平均を出す
SUM関数 =SUM(A1:A5) 選択したエリアの合計を出す
コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

まとめ

エクセルでは、ショートカットキーを使いこなすだけでも業務のスピードが速くなります。そして関数やマクロを利用すれば、定型的な作業は省略も可能です。また、最近ではエクセルを効率よく使いこなすためのツールも展開されています。Office製品により業務効率化をするためには、互換性の高いMicrosoft社が展開するアプリケーションツールがおすすめです。日常的にエクセルを利用している方は、ぜひ活用してみてください。

Microsoft Teams 活用ブックその困りごと、Teams ならばうまくいく!

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

業務改善とは? 目的や進め方のほかフレームワークについても解説

業務効率化

業務改革と業務改善の違いとは? 改革のメリットや進め方を解説

業務効率化

業務プロセスの可視化とは? 役立つケースやメリットなどを解説

業務効率化

遠隔会議とは? 取り入れるメリットからシステムの選定ポイントまで解説

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


すぐにできるエクセル業務効率化4選!おすすめのツールの紹介も
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ