Microsoft 365をインストールする前の確認事項と設定手順

 2020.09.15  Microsoft 365チャネル編集部

Office 365Window 10、Enterprise Mobility + Security を組み合わせたインテリジェントな統合ソリューションとしてリリースされたMicrosoft 365。新たな機能が追加され、さらに使い勝手がよくなりました。Microsoft 365が使える環境にあるパソコンなら快適に利用することができます。

ここでは、Microsoft 365をインストールする際の準備とインストール手順について説明します。

Microsoft 365をインストールする前に確認すべきこと

Microsoft 365をインストールする前に、利用するパソコンがOffice製品を問題なく使えるかどうか、パソコンのスペックが推奨環境を満たしているかを確認することが重要です。利用したいパソコンのシステム情報を見てみましょう。Windowsパソコンのシステム情報は、[スタート]をクリック、[Windows 管理ツール]から[システム情報]のクリックで利用中のパソコンのスペックを知ることができます。Macなら、[Apple メニュー]をクリックし、[このMacについて]を選択すれば、Macのシステムの概要が表示されます。一番下の[システムレポート]をクリックすることで詳細の確認ができます。それらの項目と合わせてシステム要件をチェックしてみましょう。Windowsパソコンなら、CPUは1.6GHz以上、デュアルコア、Macならintelが必須です。メモリは、64ビットなら4GB、32ビットなら2GBは最低でも必要です。しかし、現行でサポートされているWindows OSを利用中なら、それらの環境は満たしているものと思われます。HDやSSDの空き容量は、Windowsで4GB、Macで10GB必要です。ディスプレイの画面解像度はWindowsで1280×768、Macは1280×800が必要です。32ビットパソコンの場合はハードウェアアクセラレーションが必要になる場合があります。グラフィックに関しては、WindowsはDirectX 9以降、Windows 10はWDDM 2.0以降、Windows 10 Fall Creators UpdateならWDDM 1.3以降が必要です。Macの場合、グラフィックはシステム要件を上回っているので問題ありません。OSはWindowsなら8.1以降、Windows Server 2016以降で使えます。Macですと最新バージョンとそれ以前の2つのバージョンに対してサポートされています。ブラウザは、MicrosoftのEdgeまたはInternet Explorer、Chrome、Safari、Firefoxの最新バージョンに対応しています。Microsoft Teamsを使用する場合は、NET 4.6以上が必須です。また、インターネット接続と、ライセンスの契約、Microsoftのアカウントが必要です。また、Skypeの利用やオンライン会議プランなどでは、カメラ、マイク、音声出力デバイスが揃っていないと使えません。標準ではMicrosoft 365は64ビット版になっていますので、32ビット版を選ぶ場合は事前に選択する必要があります。32ビット版のOffice製品がパソコンに既にインストールされている場合は、自動的に検出して32ビット版でインストールが始まります。使っているOffice製品と別のバージョンに変更したい場合は、あらかじめOfficeをアンインストールしておきましょう。

Microsoft 365のインストール手順

実際にMicrosoft 365をインストールする手順を説明します。

プロダクトキーの入手と入力

Microsoft 365をインストールするには、まずはプロダクトキーを発行してもらう必要があります。ボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)

にサインインします。Microsoftのアカウントがない場合は、新規登録から作成できます。必要事項を入力し、プロダクトキーを取得してください。

管理者ユーザーの作成

プロダクトキーを入力した後は、Microsoft 365の管理者権限を持つ管理者を登録します。その後、Microsoft 365を利用するユーザーの情報を登録し、ライセンスを割り当てて各ユーザーに仮パスワードを発行します。各ユーザーは、メールで付与された仮パスワードを自分だけの正パスワードに変えてアクセスします。

アプリケーションのインストール

「aka.ms/office-install」で、サインインし、Microsoft 365を選択して[実行]、[セットアップ]、[ファイルを保存]いずれかを選んでインストールを開始します。「この アプリ が デバイス に変更を加えることを許可しますか?」には[はい]を選びます。完了のメッセージが表示されたら、画面を閉じます。Officeアプリを開き、ライセンス契約に同意し認証されたら使用開始できます。

[RELATED_POSTS]

まとめ

Microsoft 365のセットアップ方法は、公式のMicrosoftで画面キャプチャ付きで詳しく手順が説明されているので難しいことはありません。現行でサポートされているOSが問題なく使えるパソコンならMicrosoft 365のシステム要件を満たしているものがほとんどと見てよいでしょう。

新しいWindows/Officeへ移行する理由がわかる本

RECENT POST「運用管理」の最新記事


運用管理

Office 365インストールが失敗した場合の対処方法

運用管理

Microsoft Officeのサブスクリプションとは

運用管理

Office365がインストールできないケースと原因、その対策

運用管理

Microsoft 365とは?特徴やOffice 2019との違いについて

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365をインストールする前の確認事項と設定手順
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ