Office 365とGoogleAppsのモバイル機能比較

 2016.07.14  Office365編集部

グループウェアを比較する際にしばしば対立させられているのが、Microsoftが提供する「Office 365」とGoogleが提供する「Google Apps」ですね。どちらもリリースされてから数年が経ちますが「結局どっちが使いやすいのか?」をいう議論は未だに止まりません。

ただし、シェア率から見ると徐々に差が出つつあることが分かります。今年2016年2月に米ガートナー社が発表した調査結果では、グローバルな公開企業のうちクラウドメールでOffice 365を活用している企業が8.5%、Google Appsを活用している企業が4.7%と2倍近い開きを見せています。やはりビジネスシーンでは「Microsoft強し」と言えるのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、今回の本題は“Office 365とGoogle Appsのモバイル機能比較”です。スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスをビジネスに取り入れている企業が非常に多い中、グループウェアも当たり前にようにモバイル対応しています。特に営業職など外出が多い方にとっては、モバイル機能の使い勝手が業務効率に直結するのではないかと思います。

また、管理者視点から見ればセキュリティ面が気になるでしょう。そこでOffice 365とGoogle Appsの基本的なモバイル機能、そしてモバイルセキュリティをそれぞれ比較してみました。

基本的なモバイル機能要件

対応プラットフォーム

対応プラットフォーム

対応プラットフォームに関しては違いはなく、Office 365とGoogle Apps共に3つの主要プラットフォームで利用することができます。

オンラインOfficeアプリケーション

オンラインOfficeアプリケーション

オンラインで活用できるOfficeアプリケーションですが、Office 365ではMicrosoft OfficeのOnline版を利用することができます。オンラインOfficeアプリケーションは多く提供されていますが、ライセンス版と最も互換性が高いのがOffice Onlineでしょう。従って外出先からOfficeファイルを開く際もレイアウトのくずれがほぼない状態でファイルを閲覧・編集することが可能です。

一方、Google Appsが提供するのはGoogleドキュメントなどお馴染みのサービスで、Googleアカウントを所有している方なら誰もが利用したことがあると思います。Microsoft Officeとの互換性に関しては60~80%程度といったところでしょうか。比較的高い互換性ですが、やはり本家が提供するサービスほどではありません。

機能性に関してはほぼ同等であり、唯一違いがあるのがインターフェースでしょう。Office Onlineのリボン(上部にあるツールバー)はライセンス版Microsoft Officeとほぼ同じであるのに対し、Googleドキュメントなどは近いインターフェースを持ちつつもやはり若干の違いがあります。

このため、普段Microsoft Officeのインターフェースを使い慣れているという方は、間違いなくOffice Onlineに高い利便性を感じるでしょう。

オフラインOfficeアプリケーション

オフラインOfficeアプリケーション

Microsoft製品関連お役立ち資料

基本機能で決定的な差が出るのは、オフラインで利用するOfficeアプリケーションです。Office 365ではOfficeアプリケーションを最大5台のPCへインストールできる他、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末へも最大5台インストールすることができます。つまり完全なオフライン環境でもOfficeアプリケーションを利用できるということです。また、インストール版なのでフル機能を使用できます。

Google AppsではGoogleドキュメントなどをオフラインでも使えるようにすることはできますが、WordやExcelといったインストール版をカバーしているわけではありません。

Web会議の使い勝手は?

Web会議の使い勝手は?

まずGoogle Appsで提供されているWeb会議は「ハングアウト」という名称で、インストールの必要性がありません。Googleアカウントさえ所持していればビデオ通話が可能なので、突発的な会議に向いています。

一方、Office 365で提供されている「Skype for Business」は専用ソフトウェアをインストールする必要がありますが、音質・画質共にハングアウトを凌いでいます。また、セキュリティ性も非常に高いので定期的な会議や社内会議では圧倒的に利便性が高いでしょう。

普段Web会議を行うシーンを振り返ってみれば、どちらの方が自分にとって便利なのかが分かるでしょう。

Web会議」について調べてみよう!

気になるモバイルセキュリティ

基本的なモバイル機能要件を紹介しつつ比較しましたが、ここからは経営者が気になるセキュリティについて比較していきます。

基本的な管理機能は同じ

まず、Office 365とGoogle Apps共に基本的な管理機能は同じであり、一見して差があるようには見えません。管理機能の対応プラットフォームに関しても両社Windows Phone、iOS、Androidに対応しています。

しかし全てが同じというわけではなく、決定的な違いも存在します。

GoogleAppsのリモートワイプは危険性あり?

リモートワイプとは、モバイルデバイスのセキュリティ性を向上させるために端末内のデータを遠隔で削除できる機能です。Office 365とGoogle Appsどちらにおいても、組織データのみを削除する「選択的ワイプ」とデバイス内データを全て削除する「フルワイプ」があります。

しかしGoogle Appsでは、ワイプを行ってもしばらくの間データがデバイス上に残ってしまう可能性があるのです。これはGoogle AppsのWebサイト内で実際に提言されているものであり、以下に引用します。

注: 端末をリモートワイプするには、最新でないハングアウト セッションが最大で 30 日間オンライン上に残るのを防ぐために、ハングアウト セッションから端末のアカウントをログアウトしておく必要があります。“

つまりどういうことかと言うと、ワイプでデバイス内データを消したとしてもハングアウトがログイン状態のままなら30日間はデータ残ってしまうということです。例えば社員が社用端末を紛失した場合、もしもハングアウトをログアウトし忘れていたらワイプしてもしばらくデータは残ってしまいます。

これではセキュリティが万全とは言えず、不安を覚える管理者の方も多いでしょう。対して、Office 365ではログアウトなどの必要はなく、ワイプを実行すればデバイス内の組織データを削除することができます。

Office 365なら脱獄・ルート化防止も

情報漏洩事件のほとんどは内部犯行によるものだとされており、社用デバイスはその入り口でもあります。例えば、社員が社用デバイスで脱獄やルート化を行った場合システムに安易に侵入することができてしまいます。そこでOffice 365では脱獄・ルート化防止機能が付いています。

この機能のおかげで社用デバイスのセキュリティ性をぐんとアップさせることが可能です。

セキュリティポリシーの違い

ご存知の方も多いと思いますが、Googleが提供するストレージサービスGoogle Driveでは、Google Drive上にアップロードした画像・音声・ファイルなどのデータはGoogleにライセンスを付与したことになります。つまり、皆さんのビジネスデータをGoogleが自由に閲覧する権限があるということです。

利用目的はサービスの運営、開発、改善、プロモーションと名言されていますが、何にせよ「自社データをGoogleが自由に見てもいい」というのは好ましいことではありません。現在までにセキュリティ事件が起きた事例がありませんが、今後はどうなるか分かりませんね。

対して、Office 365ではMicrosoftが「データはお客様のものでありMicrosoftが不正に利用することはない」と明言しています。自社データサーバに保管されていますが、データ自体はお客様のものですよと言っているので安心して利用することができます。

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?皆さんならOffice 365とGoogle Appsどちらを選びますか?今回はモバイル機能に限定して比較しましたが、Office 365に有用性があると感じた方が多いのではないでしょうか。普段使い慣れたインターフェースや高いセキュリティ性は非常に魅力的ですね。

最近ではBYOD(私的デバイス活用)が多くの企業で採用され、セキュリティに対するコンプライアンスが益々厳しくなっています。しかし社員の利便性を高めて生産性を向上させるためにも、BYODや社用デバイスの導入は欠かせません。

今後モバイルデバイスをビジネスシーンに取り入れたいという企業は、利便性とセキュリティ性が高いOffice 365での導入を検討してみてはいかがでしょうか?

Office 365 Proplusカタログ(製品概要資料)

ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office 365とGoogleAppsのモバイル機能比較

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み