Office 365とMicrosoftアカウントの違いをわかりやすく解説

 2016.09.09  Microsoft 365チャネル編集部

Microsoftが提供するクラウドサービスの中で、Office 365とMicrosoftアカウントの違いがよく分からないといった意見が多いようです。法人向けアカウントと個人向けアカウントと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、できるだけ詳細に違いを理解していた方がいいのではないかと思います。

そこで今回は、Office365とMicrosoftアカウントの違いについて説明していきましょう。

New Call-to-action

Office 365とMicrosoftアカウントサービスの違い

Office365が提供するサービス

Office365が提供するサービス

Microsoftアカウントが提供するサービスご覧の通り、Office 365はビジネス向けに特化されたサービス群を提供しています。クラウドとしてOfficeアプリケーションを提供しているのでライセンス管理が楽になったり、グループウェアとしてのサービスも提供しているのでMicrosoftならではのサービスと言えますね。

Microsoftアカウントが提供するサービス

Microsoftアカウントが提供するサービス

Office 365同様に提供しているのはオンライン版Officeのみで、その他はまったく異なったサービスを提供しています。明らかに個人向けサービスなのでビジネスシーンには向いていませんね。

個人事業主でスタッフが極端に少ないのであればOutlook.comOneDrive、Skypeを上手く活用できるかもしれません。

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

Office 365とMicrosoftの料金

Office 365各プランの料金

Office 365各プランの料金

※いずれもユーザーあたりの月額料金であり、年次契約割引を適用しています

Office 365では法人向けに5つのプランを用意しているので、月額料金も提供するサービスもプランによって違います。ですので企業が持つニーズによって最適なプランを選ぶことができるのです。

Microsoftアカウントの料金

Microsoftアカウントの取得は基本的に無料です。強いて言えばOneDriveでの容量追加や、ストアでのアプリ・ゲーム・サブスクリプション購入で料金が発生します。

よくGoogleアカウントと比較されるMicrosoftアカウントですが、提供しているサービス自体はほとんど同じです。違いがあるとすればMicrosoftの方が小規模ビジネスに活用できる点でしょう。

オンライン版OfficeはWebベースのOfficeアプリケーションの中でMicrosoft Officeとの互換性が最も高いので、修正作業を極力少なくすることができます。

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?Office 365とMicrosoftアカウント、それぞれのサービス概要をまとめてみると違いは明らかですね。今後ビジネスでOfficeオフィスアプリケーションやグループウェアと取り入れたいという企業は当然Office 365がおすすめです。

オンライン版Officeの使い勝手だけでも試しておきたいという方はMicrosoftアカウントを取得してみてもいいかと思います。

最後に、Office 365導入の際は各プランの違いを明確にして、自社に最適なプランを選ぶことが大切です。プランごとに月額料金やサービス概要が大きく違うので十分に注意してください。

ビジネスをスマートに実現する企業のためのMicrosoft 365 賢い買い方ガイド

RECENT POST「運用管理」の最新記事


運用管理

テレワークの会議を効率化するSurfaceとMicrosoft Teamsの特長とは

運用管理

システムの運用管理とは?見直しに役立つ管理内容やポイントなど

運用管理

Microsoft Teams Roomsとは? Teamsとの違いやメリットなどを解説

運用管理

Windows 365のプランと価格!ひと目でわかる比較表も

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365とMicrosoftアカウントの違いをわかりやすく解説
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ