Office 365 DNSレコードの編集方法について

 2017.12.12  Office365編集部

Office 365を契約すると、ドメイン設定がデフォルト(標準)になっているので、これを独自ドメインに変更したい場合が新たな設定が必要です。今回は、この独自ドメインの設定方法について紹介していきます。

独自ドメインをOffice 365に登録する

それではさっそく紹介していきます。まずは、Office 365に独自ドメインとして利用したい、ドメインを登録します。

テナント管理者のアカウントにサインインして、管理者メニュー>設定>ドメインの順でクリックしていきます。次にドメイン画面が表示されるので、ドメインの追加をクリックしましょう。

ドメインの追加画面に移動するので、入力欄に新しく追加するドメインを入力します。ドメインの確認という欄で、契約ドメインのWhois情報で登録しているメールアドレスで確認するか、ドメインにレコードを書いて確認するかを選べます。選択したら次へ,をクリックしましょう。

[RELATED_POSTS]

レコードを書く形で確認する場合、TXTレコードまたはMXレコードが確認できるようになっています。ただし、特に利用がない限りはTXTレコードで確認するようにしましょう。

契約しているDNSに表示されたTXTレコードを登録します。このレコードをOffice 365が確認した時点で、ドメインの所有者として登録が完了します。次にOffice 365に戻り、確認をクリックして次に進みましょう。進まない場合は、レコードの反映に少し時間がかかっている可能性があります。

オンラインサービスの設定という画面に遷移すると、ドメインの管理方法について設定できます。自分で独自のDNSレコードを管理するにチェックを入れ、次へ,をクリックしましょう。

次にOffice 365サービスを利用するにあたって必要になる、DNSレコードが表示されます。独自ドメインをホストするDNSに設定するだけでなく、内部DNSを利用している環境であれば、内部DNSにも追加しておきましょう。

これで、独自ドメインの追加は完了です。

先述の手順を踏みOffice 365に独自ドメインが追加できたら、次に独自ドメインに変更する手順に進みます。

Microsoft製品関連お役立ち資料

ユーザーのUPNやメールアドレスを変更したい場合は、ユーザー>アクティブユーザーとクリックして、ドメインを変更したユーザーを選択しましょう。これで、独自ドメインへの変更は完了です。

Office 365で独自ドメインを使用するメリットは

ここまでOffice 365に独自ドメインを追加し変更する方法を紹介しました。ただ、Office 365で独自ドメインを使用するメリットとは、結局何なのでしょうか?

メールアドレスが短くなる

Office 365を契約した直後のメールアドレスは、次のようになります。

  • 777(任意の英数字)@○×company.onmicrosoft.com

このままですと、メールアドレスがあまりに長くなってしまうので、人に伝えるときに苦労したり、誰がメールを送信しているのか分かりにくくなってしまいます。これを独自ドメインに変更すると、メールアドレスは次のようになります。

  • 777(任意の英数字)@○×company.com

いかがでしょうか?先ほどのメールアドレスよりもグッと短くなったので、ビジネス上連絡先の交換をしたり、送信先を分かりやすくするために便利です。

ドメインを他の所で使用できる

Office 365で使用するために独自ドメインを取得した場合、実は他の所でもその独自ドメインを使用できます。例えばホームページで使用するドメインに設定してもいいですし、社内ポータルサイトのドメインとしても使用できます。

サービスへの愛着が湧く

独自ドメインに社名が入っていると、ユーザーはOffice 365に対して愛着が湧く傾向があります。この愛着というのは、組織のOffice 365活用を促進するために実は重要で、愛着があるほどサービスを積極的に利用しようとします。

従って、独自ドメインはOffice 365導入初期から追加することをおすすめします。

安価に取得できる

独自ドメインというのは、想像以上に安く取得できます。知名度が最も高い.comというでメインでさえ、年額で1,000円強しかかかりません。このため、気軽に独自ドメインを取得し、Office 365に活用できます。

独自ドメインを取得する方法とは

ここでは、まだ独自ドメインを取得していない場合を想定して、独自ドメインの取得方法を紹介します。

独自ドメインの取得は基本的に、ドメイン取得サービスを利用します。これは様々なプロバイダーが提供しているサービスであり、価格やオプション機能などが異なります。例えば利用者の多い「お名前.com」ならば、.comで終わるドメインを年額1,040円で取得できます。一方レンタルサーバサービスを中心に提供する「さくらインターネット」なら、年額1,852円で取得できます。

ただし、「さくらインターネット」の場合はレンタルサーバと同時契約で費用が安くなるので、ドメイン取得サービス選びは用途によって決めるのがベストです。

取得方法はいたってシンプルであり、各サービスのトップページにて任意の文字列を入力します(ドメインとなる英数字)。その後、そのドメインを検索すると、現在どのドメインで同じ文字列が使用されているかが表示されます。

この時点で取得したいドメイン(.com、.net、.jpなど)が誰にも使用されていなければ、そのドメインを取得できます。つまり、まったく同じドメインは一つとしてないということです。

後はドメイン取得サービスの支払い方法に従えば、すぐにでもドメインを取得できます。これが一般的な独自ドメインの取得方法ですが、実は他にも取得方法があります。

それはOffice 365内で独自ドメインを取得する方法です。

Office 365で独自ドメインを取得するためにはまず、テナント管理者のアカウントでOffice 365にサインインし、管理センターを開きます。次にページ左側の設定を開き、ドメインをクリックします。ドメインページにてドメインの購入をクリックして、後は有効なドメイン名を選択して、登録料を支払うだけで完了します。

いかがでしょうか?Office 365での独自ドメイン取得方法はかなり簡単なので、ドメイン取得サービスを利用するよりもスピーディに購入できるかもしれません。

ちなみにドメイン取得時の注意点として、取得する独自ドメインの文字列は十分に確認した上で取得しましょう。ドメインは英数字で構成されるので、確認漏れによって誤字脱字がある可能性があります。特に、すでに取得されていそうなドメイン名が購入可能な場合は

誤字脱字を疑ってしっかりと確認しましょう。

まとめ

現在Office 365を利用していて、まだ独自ドメインに変更していないという企業は、ぜひこれを機に独自ドメインに変更してみてください。まだ独自ドメインを取得していない場合は、Office 365のドメイン取得を利用して購入してみましょう。独自ドメインを使用することで企業としてのブランド力も向上するので、これといったデメリットもありません。変更の際は、ここで紹介した手順をぜひ参考にしてください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office 365 DNSレコードの編集方法について

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み