Exchange Online Kioskとは

 2018.03.28  Office365編集部

皆さんは「Exchange Online Kiosk」というプランをご存知でしょうか?これは、Office 365のエンタープライズラインナップに属するプランにて、格安でビジネスメールを取り入れられるというサービスです。

≪Office 365 エンタープライズラインナップ≫

  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

これらのプランはユーザー数300人以下向けのプランである「Office 365 Business」「Office 365 Business Essentials」「Office 365 Business Premium」に比べて、高度なセキュリティ機能や管理機能を備えています。

本稿では、エンタープライズラインナップで追加できる、Exchange Online Kioskの概要や制限についてご紹介します。

Exchange Online Kioskの価格と機能

改めて、Exchange Online Kioskとはビジネス向けメールサービスのExchange Onlineが持つ機能をお得に利用できるプランです。その価格は1ユーザーあたり月額160円、100ユーザーで利用したとしても月間わずか1万6,000円です。

社内でExchange Serverなどビジネスメールシステムを構築している場合、運用費用だけで1万6,000円は優に超えるため、改めて、Exchange Online Kioskが如何に低価格でサービスを提供しているかがわかります。

ただし、Exchange Online Kioskには次のような制限があります。

≪Exchange Online Kioskの機能制限≫

  • ユーザーごとのメールボックス容量は2GB(通常プランは50GB)
  • アーカイブメールボックスは使用不可(通常プランは50GBまたは無制限)
  • サイトメールボックスは使用不可(通常プランは50GB)
  • パブリックフォルダメールボックスは使用不可(通常は50GBまたは100GB)
  • 容量アラートは1.96GB(通常は49GBまたは98GB)
  • クライアントアプリのOutlookは使用不可

Microsoft製品関連お役立ち資料

このようにExchange Online Kioskには多くの機能制限があるため、利用できるシーンも限られてきます。では、反対にExchange Online Kioskと通常プランで変わらないところはどこでしょうか?

≪Exchange Online Kioskと通常プランの変わらない点≫

  • Outlook Web App (OWA)を利用してビジネスメールのやり取りができる
  • 50GBの共有メールボックス
  • 50GBのリソースメールボックス
  • メールボックスごとの最大メッセージ数100万
  • 最大35MBの添付ファイルを送信可能
  • 最大250個の添付ファイル

ご覧の通り、機能制限が多いExchange Online Kioskでも通常プランと変わらない点も多く、ビジネスメールとして十分活用できるサービスです。

Exchange Online Kioskは「Office 365 ProPlus」に追加するのがおすすめ

エンタープライズラインナップの中でもExchange Online Kioskを追加するならやはり、Office 365 ProPlusで追加するのがおすすめです。なぜなら、その他のエンタープライズラインナップではExchange Onlineが標準で備わっているため、Exchange Online Kioskを追加する利点がありません。

一方Office 365 ProPlusは、ExcelやPowerPointをはじめとしたOfficeアプリケーション、ユーザーごとに1TBのクラウドストレージを付与するOneDrive for Business、オンライン会議のSkype for Businessを提供するプランです。ビジネス向けメールサービスのExchange Onlineは含まれていないため、導入するには別途スタンドアロンサービスでの追加が必要です。

Office 365 ProPlusは1ユーザーあたり月額1,310円がかかります。これに1ユーザーあたり月額440円のExchange Onlineプラン1を追加すると月額料金は合計1,750円かかります。100ユーザーで利用するとなると、月間で4万4,000円のコスト増となるので、このコストを極力抑えたいという企業にExchange Online Kioskはおすすめです。

Exchange Online KioskならOffice 365 ProPlusに追加しても月額料金や1ユーザーあたり1,470円です。Exchange Onlineプラン1に比べて約300円お得に追加できます。

ただし、Exchange Online Kioskの機能制限では自社のビジネスメール状況にそぐわないという場合のあります。追加時は現状整理をしてからExchange Online Kioskが有効かを確かめ、その上でプランを追加しましょう。

Office 365 F1について

Microsoftが提供しているクラウドサービスには、Exchange Onlineの他にも低コストで利用できるプランがあります。それが「Office 365 F1」です。2017年9月以前は「Office 365 Enterprise K1」という名称で提供されていました。

Office 365 F1はExcelやPowerPointなどのOfficeアプリケーションを除き、Office 365で提供される機能の多くを1ユーザーあたり月額440円という低額で利用できます。Office 365 F1で利用できる機能は次の通りです。

≪Office 365 F1で利用できる機能≫

  • Exchange Online(プランKioskが含まれる)
  • SharePoint Online
  • OneDrive for Business(1ユーザーあたり2GB)
  • Skype for Business Online(プラン1が含まれる)
  • Office Online
  • Yammer Enterprise
  • Microsoft StaffHub

いずれの機能も組織内と社外とのコミュニケーションを強化するためのものです。SharePoint Onlineはファイル共有スペースと簡素化されたサイト制作を提供し、Yammer Enterpriseは社内SNSで組織のフラットなコミュニケーションを実現します。

Microsoft StaffHubはOffice 365 F1のために開発されたOfficeアプリであり、チーム全体のスケジュール管理やタスク管理によって、円滑なコミュニケーションを支援します。

Office 365 Business Essentialsで提供されているグループウェア機能をもっとシンプルに、低コストに導入したいという企業におすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?これまでOffice 365を導入しようと検討しても、プラン選定で迷っていたという方は、この機会にExchange Online KioskならびにOffice 365 F1をリストに追加し、改めて最適なプラン選択を行ってみてください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

RECENT POST「Exchange」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング