Exchange Onlineをsmtp接続する方法について紹介する

 2018.03.23  Office365編集部

SMTP 【 Simple Mail Transfer Protocol(シンプルメールトランスファープロトコル) 】とは、インターネットなどのTCP/IPネットワークで標準的に用いられる、電子メール(eメール)を伝送するための通信手順(プロトコル)の一つ。

IT用語辞典「SMTP」より抜粋

プロトコルとはいわゆる「決まり事」のことで、SMTPメールを送受信するために規定された手順を指します。Exchange OnlineおよびOffice 365でSMTP接続をすると何ができるかというと、たとえば別のメールクライアントで取得しているメールアドレスを使用して、Exchange Online上からメールの送受信が行えます。他にも次のような活用方法があります。

  • スキャナーでスキャンした文書を特定のユーザーに自動的に送信する
  • スケジュール管理を行う業務アプリケーションにおいて、指定の時間になったらメールでアラートする

このようにExchange OnlineをSMTP接続することで様々な活用ができ、組織のコミュニケーションを促進したり生産性を高められます。今回はその接続方法についてご紹介します。

デバイスやアプリケーションを直接Office 365のメールボックスで認証して、SMTPクライアントでの送信を使用してメールを送信する

現在サードパーティでホストされているメールサービスやその他のアプリケーションから、メールを送信する必要がある時にこのオプションを選択します。セットアップ方法に関しては使用するSMTPクライアントが送信の要件を満たしていることを確認し、次の設定を適用してください。

[RELATED_POSTS]

≪SMTPセットアップのための設定と値≫

デバイスやアプリケーションの設定

サーバー/スマート ホスト

smtp.office365.com

ポート

ポート 587 (推奨) またはポート 25

TLS/StartTLS

有効

ユーザー名/メール アドレスとパスワード

使用中のホストされるメールボックスのサインイン資格情報を入力します。


≪SMTPクライアントの要件≫

要件

詳細

認証

デバイスでメールを送信するためのユーザー名とパスワードを構成できる必要があります。

メールボックス

メールの送信元になる、ライセンスを取得した Office 365 メールボックスが必要です。

トランスポート層セキュリティ (TLS)

デバイスで、TLS バージョン 1.0 以上を使用できる必要があります。

ポート

ポート 587 (推奨) またはポート 25 は必要なので、ネットワーク上でブロックしないようにする必要があります。一部のネットワーク ファイアウォールや ISP では、ポート (特にポート 25) をブロックしている場合があります。

Microsoft製品関連お役立ち資料

 

2.プリンターやアプリケーションからOffice 365に直接メールを送信する(直接送信)

直接送信はデバイスやアプリケーションで各ユーザーのメールアドレスから送信する必要があり、SMTPクライアントでの送信を使用するために各ユーザーのメールボックスの資格情報を構成したくない場合。あるいは、バルクメールやニュースレターを送信する場合に有効です。まずは直接設定のための設定を適用します。

≪直接送信セットアップのための設定と値≫

デバイスやアプリケーションの設定

サーバー/スマート ホスト

MXエンドポイント

(例: contoso-com.mail.protection.outlook.com)

ポート

ポート 25

TLS/StartTLS

有効

メールアドレス

承認済みドメインをOffice 365のいずれかの任意の電子メール アドレスです。このメール アドレスは、メールボックスを持つ必要はありません。

上記の設定を適用したら、アプリケーションやデバイスが静的パブリックIPアドレス送信できる場合、このIPアドレスをメモします。メモをしたら管理者アカウントにて「Office 365」にサインインしましょう。

管理者センターにて独自ドメインが選択されていることを確認し、「DNSレコード管理」」をクリックしてMXコードを検索します。MXレコードには「cohowineinc-com.mail.protection.outlook.com」などのポイント先のアドレス値(MXエンドポイント)が含まれているので、この値をメモします。

デバイスの操作に戻り、設定の通常サーバーまたはスマートホストと呼ばれる項目にて、先ほどメモしたMXエンドポイントを入力します。デバイス設定の構成が完了したら、ドメインレジストラーのWEBサイトに移動し、DNSレコードを更新します。

Sender Policy Framework(SPF)レコードを編集し、予めメモしておいたアプリケーションやデバイスの静的パブリックIPアドレスを入力します。これで完了です。

正しく構成されたかを確認するためには、アプリケーションやデバイスからテストメールを送信し、受信者がテストメールを受信したことを確認します。

Exchange Onlineは設定でもっと便利になる

ビジネスメールのExchange Online、およびグループウェアとOfficeアプリケーションを提供するOffice 365はクラウドサービスです。そのため、「クラウドサービスは自由度が低い」という固定概念から、機能が限定的だと思われがちです。しかし、本稿で紹介したSMTP接続のように、Exchange OnlineおよびOffice 365は、設定次第で様々な機能を追加でき、さらに便利に利用できます。

たとえばExchange Online PowerShellを利用すれば、Windows OSが提供するPowerShell同様にコマンドベースの操作を実行できます。メールボックスに対する監査ログ取得などもPowerShellで行えるので、設定を有効にしておくと非常に便利です。

他にも設定によってメールセキュリティを強化したり、独自ドメインを追加したりと様々な活用方法があります。

まとめ

いかがでしょうか?本稿で紹介したSMTP接続方法以外にも、「Office 365 の SMTP リレーを使ってメールを送信するコネクタを構成する」という選択肢もあります。この構成方法に関しては「Microsoftのエンジニアブログ」をご確認ください。

Exchange OnlineおよびOffice 365に独自の設定を加えて、快適な環境でサービスを利用しましょう。

Office 365の「真の力」を引き出すサービスとは

RECENT POST「Exchange」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング