Office 365インストールでよくあるエラーと解決策

 2017.11.29  Microsoft 365チャネル編集部

Office365をインストールする際に、何らの原因によってエラーが発生してしまうことも少なくありません。冷静に対処すればすぐに解決できる問題ばかりですが、実際にエラーを目の前にすると焦ってしまうものです。

また、管理者にインストールに関する問い合わせが集中するもともあります。そんな時、エラーコードに応じた対処法がわかっていれば、現場に駆け付けることなく、ユーザー独自の解決を促して時間を節約することができるでしょう。

今回は、Office 365のインストールで発生する良くある問題を、エラーコードごとに紹介し対策方法を説明していきます。

New Call-to-action

エラーコード30125-4または30125-1011が表示される

このエラーコードが表示される場合は、ウイルス対策ソフト、プロキシ、ファイアウォールの設定に原因がある可能性があります。設定によってインストールがブロックされていることが想定できるので、次の操作を行ってみてください。

  1. PCを再起動してOffice 365を再インストールする
  2. オフラインインストーラを使用してOffice 355をインストールする
  3. Wi-Fiからケーブル接続に切り替えてOffice 365をインストールする
  4. 職場以外の場所からOffice 365をインストールする
  5. ウイルス対策ソフトを一時的に無効にする
  6. プロキシ設定を一時的に無効にする
  7. ファイアウォールを一時的に無効にする

1~4の対策は独自にできるとして、5~7の対策はまずIT管理者に連絡する必要があるので注意してください。

エラーコード0-1011、30088-1015、30183-1011、または0-1005が表示される

ネットワーク接続に問題があるか、あるいはハードディスクの空き容量が少なくなっているとこのエラーコードが表示されることがあります。まずはハードディスクの空き容量を確認しましょう。

容量が少なくなっている場合は不要なアプリケーションなどを削除することで空き容量を作り、容量に問題がない場合は次の対策を実践してください。

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ
  1. Easy Fixを使用してOffice 365を完全にアンインストールしてから再インストールする
  2. オフラインインストーラを使用してOffice 365をインストールする
  3. ウイルス対策ソフトを一時的に無効にする
  4. プロキシ設定を一時的に無効にする
  5. ファイアウォールを一時的に無効にする
  6. 優先接続でOffice 365をインストールする
  7. 職場以外の場所からOffice 365をインストールする

基本的な対策としては、前述したエラーコードの対策と変わりありません。従って3~5の対策を実行する前に、必ずIT管理者に連絡をしましょう。

エラーコード30015-1011または30015-4(1392)が表示される

このエラーコードが表示された場合は次の2つの対策を試してみてください。インストール中に発生した問題である可能性が高いので、対策は簡単です。

  1. Easy Fixを使用してOffice 365を完全にアンインストールしてから再インストールする
  2. オフラインインストーラを使用してOffice 365をインストールする

エラーコード12002-4、12007-4、または12152-4が表示される

このエラーコードはインターネット接続、ウイルス対策ソフト、プロキシ設定、またはファイアウォールに問題がありインストールできない可能性があります。従って、前述した次の対策を取りましょう。

  1. PCを再起動してOffice 365を再インストールする
  2. オフラインインストーラを使用してOffice 355をインストールする
  3. Wi-Fiからケーブル接続に切り替えてOffice 365をインストールする
  4. 職場以外の場所からOffice 365をインストールする
  5. ウイルス対策ソフトを一時的に無効にする
  6. プロキシ設定を一時的に無効にする
  7. ファイアウォールを一時的に無効にする

特にインターネットの接続が遅い、または断続的である場合は、オフラインインストーラを使用してインストールしてみると、解決する可能性が高くなっています。それでも解決しない場合は、残りの解決策を一つずつ実行していきましょう。

エラーコード30029-1011が表示される

このエラーコードはOffice展開ツールを使用してOffice 365 ProPlusをインストールする際にも発生することのある問題です。Office 365をアンインストールして再インストールするという、基本的な対策を実行しましょう。

  1. Easy Fixを使用してOffice 365を完全にアンインストールしてから再インストールする
  2. オフラインインストーラーを使用してOffice 365をインストールする
  3. エラーコード3-4が表示される

アプリケーション構成フェーズにおいてインストールに失敗すると、このエラーコードが表示されることがあります。また、他のOffice製品を追加しようとしたときに発生する場合もあります。このエラーコードが表示された場合もOffice 365をアンインストールして再インストールする、という基本的な対策を実行しましょう。

  1. Easy Fixを使用してOffice 365を完全にアンインストールしてから再インストールする
  2. オフラインインストーラーを使用してOffice 365をインストールする

[RELATED_POSTS]

エラーコード30068が表示される

Office 365をインストールする際のこのエラーコードが表示される場合は、次の基本的な対策を試してみましょう。

  1. Easy Fixを使用してOffice 365を完全にアンインストールしてから再インストールする
  2. オフラインインストーラーを使用してOffice 365をインストールする
  3. サービスが無効になっているかどうかを確認する

サービスが無効になっているかどうかを確認する方法は「ファイル名をして実行」ウインドウを開き(スタートキー+R)、「services.msc」と入力しOKをクリックします。「サービス」ウィンドウで [Microsoft Office クイック実行サービス] を見付けたら「状態」列を確認してください。「無効」と表示されている場合は右クリックして「プロパティ」を選択し、「全般」タブの「スタートアップの種類」ドロップダウンで「手動」または「自動」をクリックします。「適用」「OK」の順でクリックしたら、Office 365を再インストールしてみましょう。

解決できない場合はすぐにサポートへ

ここで紹介したエラーコードが発生し、いくつかの解決策を実行しても問題が解決されない場合は、サービス自体に問題が発生している可能性もあります。従って、Microsoftのサポートセンターへすぐに連絡しましょう。サポートセンターについては「一般法人向け Office 365 のサポートへのお問い合わせ - 管理者向けヘルプ()」をご確認ください。

また、Office 365をインストールできない原因として、管理者からライセンスが割り当てられていないというケースも少なくありません。「そもそもOfficeがインストールできない」という方は、まず管理者に問い合わせてみましょう。

Office 365 で極める社内コラボレーションのポイント

RECENT POST「運用管理」の最新記事


運用管理

テレワークの会議を効率化するSurfaceとMicrosoft Teamsの特長とは

運用管理

システムの運用管理とは?見直しに役立つ管理内容やポイントなど

運用管理

Microsoft Teams Roomsとは? Teamsとの違いやメリットなどを解説

運用管理

Windows 365のプランと価格!ひと目でわかる比較表も

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365インストールでよくあるエラーと解決策
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ