Microsoft Teamsに対応した「組織階層型アドレス帳」とは?

 2021.03.30  Microsoft 365 チャンネル編集部

近年、共通のプラットフォームを利用する形態が主流となりつつあります。そのため、汎用性に優れる「Microsoft Teams」を導入している企業も多いでしょう。本記事は「Microsoft Teams」の連携性を向上する階層型アドレス帳アプリケーション「Coo Kai Team Build」について解説します。

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

Office 365導入企業の抱える課題

マイクロソフト社が提供する「Office 365」は、2020年に「Microsoft 365」へと切り替わりました。しかし、マイクロソフト社は依然としてOffice 365というプランを提供し続けており、今後も業務効率化に欠かせないアプリケーションの1つと言えます。

Office 365は、パッケージ製品からクラウドサービスへと転換し、組織内での円滑な情報共有を可能にしました。特にMicrosoft Teamsは、チームビルドに特化していてファイル共有やビデオ会議などにも対応しています。

しかし、一覧表示からアドレスを探したり、適切なスキルを持っている方や職務の方を追加したりする際の検索の手間が大きい点が課題です。特に多くの人が参画するプロジェクトでは、チームごとの会議が乱立するケースも見られます。

組織階層型アドレス帳「Coo Kai Team Build」とは?

近年、多くの企業において「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の実現が喫緊の経営課題となっています。DXとは、最先端テクノロジーを活用することで企業の在り方やビジネスモデルに変革をもたらし、市場における競争優位性を確立する取り組みです。

DXを実現するためには優れたITソリューションの導入が欠かせません。そこでおすすめしたいのが「Coo Kai Team Build」です。「Coo Kai Team Build」とは「株式会社ピーエスシー(以下PSC社)」が提供する、階層型アドレス帳アプリケーションです。

その機能を端的に表すと、Microsoft Teamsを介したチームビルドを支援し、円滑な連携環境を構築するアプリケーションと言えます。例えば、Office 365のユーザーやグループをツリー表示することで視覚化し、プロフィール情報からのユーザー検索を可能にするなど、連携の円滑化を図れます。参加チームのメンバー一覧表示や選択したユーザーとチャットを開始できる機能など、ユーザーインターフェースにも優れています。これらの機能については詳しく後述します。

Coo Kaiとは

「Coo Kai」とは、Office 365および、Google Workspace(旧G Suite)に対応するアドオンアプリケーションの導入やカスタマイズなど、総合的なサポートを提供するサービスです。各種アプリケーションの導入から運用支援に至るまで、幅広いサポート体制を構築します。
Coo Kaiを提供するPSC社は、階層型アドレス帳アプリケーションのCoo Kai Team Buildだけでなく、Coo Kaiと組み合わせたさまざまなソリューションを提供しています。たとえば、チーム活動を可視化する「Coo Kai組織階層型カレンダー」、情報漏洩防止に貢献する「Coo Kai誤送信防止ツール」、掲示板アプリケーションの「Coo Kai BBS/掲示板」などが代表的なソリューションです。

組織階層型アドレス帳「Coo Kai Team Build」の特長

Coo Kai Team Buildは、さまざまな機能によってMicrosoft Teamsの連携性を高めるソリューションです。ここでは、Coo Kai Team Buildがもつ特長について解説します。

素早いユーザー検索

Coo Kai Team Buildは、Microsoft Teamsの検索性能を向上させ、素早いユーザー検索を実現します。コラボレーションツールにおいて重要なポイントの1つが、「いかに素早い連携環境を構築できるか?」という点です。Coo Kai Team Buildを導入することで、ユーザーを組織階層ツリーから検索可能になるため、検索性能が大幅に向上します。

カスタマイズしたプロフィール情報の設定

Office 365で登録可能なプロフィール項目に加え、オリジナルのプロフィール項目を追加可能です。たとえば得意分野や保有資格、趣味などを共有できます。詳細なプロフィールを設定することで、チーム編成やプロジェクトメンバーの選定などが容易になるでしょう。

プロフィールからユーザー検索

Coo Kai Team Buildは、プロフィールに独自項目を追加できるだけでなく、プロフィールの検索性能そのものの向上に寄与します。たとえば従来は不可能だった、検索キーワードとプロフィール情報を紐付けての検索が実現します。そのため、ユーザーの検索からコンタクトに至るまでの時間を大幅に短縮できます。

チームへメンバーを追加

Microsoft Teamsのチームへのメンバー追加がワンステップで実行できます。チームに追加したいユーザーの詳細を開き、アイクコンをクリックするだけでチームに追加できるため、ストレスなく使用できます。リアルタイムでメンバーの再編ができる状況はプロジェクトの軌道修正時にも役立ちます。

参加チームメンバーの表示

Coo Kai Team Buildを導入することで、チーム一覧と参加メンバー一覧の把握が容易になります。チームに参加しているメンバーの表示・確認が簡単になれば、チーム組成やコミュニケーションスピードの向上に寄与するでしょう。

選択したユーザーとTeams内でチャットを開始

ユーザーのプロフィールから、Microsoft Teamsのチャットツールへとスムーズな移行が可能です。プロフィールの「Teamsチャットを開始」という項目をクリックすると、チャット画面へと遷移して対象ユーザーとのチャットが開始されます。

組織階層型アドレス帳「Coo Kai Team Build」の利用料金

DXを実現するためには、優れたITソリューションの導入が不可欠です。しかし、そこにはシステムの運用管理や導入コストなど、さまざまな課題が立ち塞がるでしょう。Coo Kai Team Buildは、PSC社による総合的なサポートを受けられるため、システム導入と運用における心配はありません。

Coo Kai Team Buildは初期費用無料の月額料金制となっているため、導入コストは不要です。月額料金は150円/IDで、250名以上から利用可能です。契約内容によって月額料金を調整することもできます。

まとめ

Coo Kai Team BuildはMicrosoft Teamsの連携性を向上させ、業務効率の改善と労働生産性の向上に貢献します。企業経営において、組織内の連携性向上は重要な経営課題です。社内コラボレーションを強化するためにも、Coo Kai Team Buildの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Azure を活用したデータ分析・機械学習 内製化支援プログラム

RECENT POST「コラボレーション」の最新記事


コラボレーション

テレワークに重要なツール導入!その種類を挙げて解説

コラボレーション

リモートワーク会議とは? 注意点やおすすめツールを紹介

コラボレーション

リモートワークのマネジメント課題とは? おすすめの成功手法8選

コラボレーション

チームビルドとは? 目的やチームビルディングに取り組むメリットを解説

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft Teamsに対応した「組織階層型アドレス帳」とは?
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ