どのプランを選んだらいいの?Microsoft 365 / Office 365 の選び方

 2021.02.16  Microsoft 365チャネル編集部

Microsoft 365は、利用用途に合わせて自社に最適なプランを選べるのが魅力です。しかし豊富なラインナップゆえに、どんなプランを選択すればよいのか決めかねている方も多いかもしれません。本記事では、Microsoft 365について、概要や各プランの詳しい内容、そしてプラン選択のポイントまで、解説します。

Microsoft 365とは

「Microsoft 365」とは、月額使用料を支払うことで最新のOfficeアプリが利用できるサブスクリプションサービスのことです。Microsoft 365で使用可能なアプリやサービスには、「Excel・Word・PowerPoint・Outlook・OneNote・Access・Publisher・Exchange OnlineSharePoint OnlineMicrosoft Teams」などがあり、加入するプランによって内容が異なります。なお、AccessとPublisherに関してはWindows版のみでの対応です。

従来のOffice製品は一度購入すれば永続的に使用可能な、買い切りタイプが一般的でした。買い切りタイプでは、購入以降に追加費用が発生しない点は魅力ですが、定期的に新しいバージョンの製品へ買い替える必要も生じてしまいます。また、インストール可能台数は2台までと縛りがあるのもネックでした。そんなさまざまな問題をクリアできるのが、サブスクリプション型のOfficeアプリMicrosoft 365です。

Microsoft 365では、月額使用料が発生する代わりに、常に最新版のOfficeを使用できます。また、インストール可能台数の縛りもありません(同時接続は5台まで)。デバイスはWindowsやMacに限らず、iOSやAndroidなどでも利用できます。

さらに、1ライセンスに1TBのクラウドストレージがセットになっているため、新たにクラウド契約したり、記憶媒体を買い足したりする必要もありません(全プラン共通)。

Microsoft 365 / Office 365 のプランの選び方

ここからは、Microsoft 365 / Office 365 のプランの選び方について解説します。詳しくは下記も参照してください。

ユーザー規模

Microsoft 365 / Office 365ともに、利用するユーザー規模に応じて最適なプランを用意しています。まずどのプランに加入すればよいか迷ったら、自社のユーザー規模が300人以下か300人以上どちらなのかを確認しましょう。

ユーザー規模が300人以下の場合のみに加入できるBusiness系(Standard・Basic・Premium)プランや、大規模なユーザー数の利用に対応したプラン、リモートワーク向けのRemote Work Starter Planなど、さまざまなタイプがあります。

また、各プランによって機能制限があったり、利用可能なアプリ・サービスが異なったりします。Microsoft 365 / Office 365のプランを検討する際には、第一に、自社で必要な規模と機能を明確にし、それに基づいて検討を始めましょう。

セキュリティ機能

「セキュリティ機能が充実しているかどうか」もプランを選ぶときの重要なポイントです。

基本のセキュリティ強化機能だけで十分な場合は、Business系プランを選ぶとよいでしょう。より高度なセキュリティ機能をプラスしたい場合は、Enterprise系プランのE3やE5をおすすめします。

Enterprise系のプランでは、データ損失防止機能・個人用アプリケーションの外部保存禁止・情報の保護と漏えい阻止・脅威の検出など、Azure AD Premiumの機能をすべて利用できます。

ただし、Business系プランと比較して、価格に大きな差があります。プランを検討するときは、利用するプランの価格とセキュリティの必要性を比較して、より重要度の高い方を選択しましょう。

サービスの利用範囲

プランを選択する基準として、絶対に外せないのが「サービスの利用範囲」です。どのようなアプリやサービスを使いたいかによって、プランの種類も月額使用料も大きく異なります。

例えば「Officeアプリだけ使いたい」「Officeアプリとグループウェアすべてがそろったプランがいい」「グループウェアだけのプランで十分」など、ユーザーのニーズによって最適なプランは異なります。自社のニーズとプランに付帯するサービスや利用範囲などを照らし合わせて最適なプランを選びましょう。

中小企業向けプラン

プランの選び方がわかったところで、具体的なプラン内容について説明します。まずはユーザー規模が300人以下の中小企業向けプランから見ていきましょう。

下記公式資料も、中小企業・大企業向けプランを選択する際、参考にしてください。

Microsoft 365 Apps for business

「Microsoft 365 Apps for business」は、Officeアプリとストレージがセットになったシンプルなプランで、1ユーザーにつき月額使用料は900円です。

「Excel・Word・PowerPoint・Outlook・OneNote」などのOfficeアプリが利用可能で、さらにWindows版なら、「Access・Publisher」が使えます。

また、クラウドストレージの容量が1TB、メールボックスの容量50GBが、プランにセットされています。インストール可能台数は、PC・スマートフォン・タブレットともに各5台の合計15台です。

なお、グループウェアは付帯していませんが、OneDriveを活用してセキュリティ機能を高めることも可能です。「ユーザー規模が300人以下で、Officeアプリのみ使いたい」という企業におすすめのプランです。

Microsoft 365 Business Standard

「Microsoft 365 Business Standard」は、Business系プランのなかでも最上位のプランで、1ユーザーにつき月額使用料は1360円です。「Excel・Word・PowerPoint・Outlook・OneNote」などのOfficeアプリに加え、「Outlook Customer Manager」(顧客管理アプリ)や「Microsoft Bookings」(予約管理アプリ)、独自のメールドメインが使用できます。なお、Access・Publisherは、Microsoft 365 Apps for businessプラン同様Windows PCのみで利用可能です。

インストール可能なデバイスと台数、クラウドストレージとメールボックスの容量はMicrosoft 365 Apps for businessと同じです。「Officeアプリにプラスしてグループウェアも利用したい」「現在加入中のプランからグレードアップしたい」という方は、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

Microsoft 365 Business Basic

「Microsoft 365 Business Basic」は、Business系プランのなかで最も安いプランで、1ユーザーにつき月額使用料は540円です。メール・情報共有・Web会議・クラウドストレージ・独自のメールドメインなど、グループウェアのみが利用できます。

クラウドストレージとメールボックスの容量は、これまで紹介したプランと同様です。Officeアプリが付帯していないため、アプリの利用はできませんが、その分安価なため、費用を抑えたい方やグループウェアのみ利用したい方におすすめです。

※Business系プランは、法人登記がなくても利用可能です。

大企業向けプラン

次にユーザー規模が300人以上の大企業向けプランを紹介します。

Microsoft 365 Apps for enterprise

「Microsoft 365 Apps for enterprise」は、Officeアプリと1TBのクラウドストレージがセットになったプランで、1ユーザーにつき月額使用料は1300円です。「Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Microsoft Teams」といったOfficeアプリが常に最新の状態で利用できます。

また、仮想デスクトップ環境(リモートデスクトップ)でのインストールも可能で、リモートワークをするユーザーにおすすめのプランです。インストール可能台数は、PC・スマートフォン・タブレットともに各5台の合計15台です。

Office 365 Enterprise E1

「Office 365 Enterprise E1」は、大企業向けプランのなかで最も安いプランで、1ユーザーにつき月額使用料は870円です。「Exchange・SharePoint・OneDrive for BusinessSkype for Business・Microsoft Team・Yammer」など、グループウェアのみが利用できます。また、クラウドストレージの容量が1TB、メールボックスの容量50GBがプランにセットされています。

Office 365 Enterprise E3

「Office 365 Enterprise E3」は、Officeアプリにハイスペックなセキュリティサービスがセットになったプランで、1ユーザーにつき月額使用料は3480円です。「Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Microsoft Teams・OneNote・SharePoint・OneDrive・Microsoft Teams・Microsoft Stream・Microsoft StaffHub」など、さまざまなOfficeアプリが利用できます。

容量無制限のクラウドストレージ(対象プランのユーザー数が5人以上の場合)と、メールボックスの容量100GBがプランにセットされています。インストール可能台数は、PC・スマートフォン・タブレットともに各5台の合計15台です。

Office 365 Enterprise E5

「Office 365 Enterprise E5」は、大企業向けプランの最上位版で、1ユーザーにつき月額使用料は6200円です。「Excel・Word・PowerPoint・Outlook・OneNote・SharePoint・OneDrive・Microsoft Teams・Microsoft Stream・Power BI Pro・Microsoft StaffHub」などのアプリが利用できます。

容量無制限のクラウドストレージ(対象プランのユーザー数が5人以上の場合)と、メールボックスの容量100GB、容量無制限アーカイブがプランにセットされています。インストール可能台数は、PC・スマートフォン・タブレットともに各5台の合計15台です。

まとめ

Microsoft365はユーザーのニーズに合わせて多種多様なプランを用意しています。プランの多さからどれに加入するべきか悩んだ際は、まず自社ユーザーの規模とニーズを明確にしてみましょう。そうした自社の状況を分析しつつ、本記事で挙げたポイントを整理していくことで、最適なプランを選択できるでしょう。

CTA

RECENT POST「製品情報」の最新記事


製品情報

Microsoft 365 E3とE5、どちらを選ぶべきか!?

製品情報

Microsoft 365 Business Standardとは?価格や機能を解説

製品情報

Microsoft 365 (旧Office 365)のラインナップ一覧。価格・機能を徹底比較!

製品情報

Microsoft 365/Office 365の最適なプランの選び方

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


どのプランを選んだらいいの?Microsoft 365 / Office 365 の選び方

サイト掲載へのお問い合わせ