Microsoft Teamsの検索機能の使い方

 2019.03.28  Office365編集部

Office 365に内包されているMicrosoft Teamsは、ビジネスコミュニケーションを促進するチャットツールの1つです。2017年3月にリリースされたこのチャットツールは、Office 365を使用する企業の包括的なコミュニケーションスペースとして機能します。マイクロソフトではSkype for BusinessをMicrosoft Teamsへと統合していくロードマップを公表しており、今後はさらに本格的なコミュニケーションツールとして、さまざまな改良が加えられていくことでしょう。

現時点でも非常に高い利便性を持ち、従来提供されていたチャットツールの代替としてすでに多くの企業が利用しています。マイクロソフト製品ということもあり、ほとんどのビジネスパーソンにとって使い慣れたインターフェースが持ち、営業や開発など異なるチャットツールを好む部署でも、Microsoft Teams一つに統合することが可能です。WordやExcel、PowerPointといったOfficeアプリケーションをMicrosoft Teamsで使用できるのも、マイクロソフト製品ならではの特徴です。

このMicrosoft Teamsは無料でも利用できます。マイクロソフトはフリーミアムプランとして、一部機能が制限された状態での提供を行っているので、いきなりサービスを契約せずとも組織的にMicrosoft Teamsを使い始めることが可能です。有料版に移行する際はデータがしっかりと引き継がれるので、まずは無料版の利用から始めてみるのも良いでしょう。

[SMART_CONTENT_1]

本稿ではそんなMicrosoft Teamsの検索機能の使い方についてご紹介します。いろいろな検索を活用することで、目的の情報へと素早くアクセスすることができるでしょう。

Microsoft Teamsの検索機能の使い方

それではさっそく、各種検索機能の使い方についてご紹介します。

メンバーを検索する

他のメンバーを検索するにはMicrosoft Teams画面上部にあるコマンドボックスに検索したいメンバー名を入力します。検索する内容に応じて、[メッセージ][連絡先][ファイル]タブが表示されるので、[連絡先]タブにて目的のメンバーを探しましょう。

モバイルアプリの場合は[検索ボタン]をタップし、検索したユーザー名を入力しましょう。

メンバーの詳細情報を検索する

マウスのポインターをチームメンバーのプロフィール写真に合わせることで、そのメンバーの詳細情報が含まれるプロファイルカードを表示されます。そのプロファイルカードから通話を開始したり、メッセージを送信したりすることも可能です。

Microsoft製品関連お役立ち資料

さらに、組織内の他のメンバーについて、具体的な質問をチャットボットに行うことができます。一緒に作業しているメンバーについての情報を知りたいときは、チーム上部にあるコマンドボックスに[/who]と入力し、さまざまな質問を投げかけます。

チームを検索する

特定のチームに参加したい場合、まずはそのチームを検索する必要があります。[チームボタン][チームの追加]の順にクリックして、検索ボックスにチーム名を入力しましょう。Enterキーを押下し、探しているチームを見つけて[チームに参加]をクリックすると参加できます。もう1つの方法が、画面上部にあるコマンドボックスに[/join]と入力し、すべての候補チームリストを表示することです。その中から参加したいチームを探します。

モバイルアプリの場合は、画面下部にある[チームボタン]をタップし、右上にある[チームを参加または作成]をタップします。そこから新しいチームを作成したり、既存のチームを参照して参加したり。コードを使用してチームに参加することができます。

チャネルを検索する

チーム内のどんなチャネルがあるかを確認したい場合は、そのチームでお気に入りに登録したチャネルリストの下にある[その他のチャネル]をクリックします。モバイルアプリの場合は[チームボタン]をタップし、チーム名に移動して[その他のオプション][チャネルの管理]の順にタップします。

ファイルを検索する

特定のファイルを検索するにはMicrosoft Teams画面上部にあるコマンドボックスに検索したいファイル名を入力します。検索する内容に応じて、[メッセージ][連絡先][ファイル]タブが表示されるので、[ファイル]タブにて目的のファイルを探しましょう。

さらに、検索結果の上部に表示されている[フィルター]をクリックすることで、検索をさらに絞りこむことができます。日付、件名、作成者でフィルターを検索します。

メッセージを検索する

特定のメッセージを検索するにはMicrosoft Teams画面上部にあるコマンドボックスに検索したいキーワードを入力します。検索する内容に応じて、[メッセージ][連絡先][ファイル]タブが表示されるので、[メッセージ]タブにて目的のメッセージを探しましょう。

さらに、検索結果の上部に表示されている[フィルター]をクリックすることで、検索をさらに絞りこむことができます。日付、件名、作成者でフィルターを検索します。

Microsoft Teams 使い方」について調べてみよう!

Microsoft Teamsを入手するには?

Microsoft Teamsの無料版を入手したい場合、ホームページ(https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software)にて[無料でサインアップ]をクリックし、アカウントを作成して無料版アプリケーションをダウンードできます。ちなみにMicrosoft Teams無料版の入手にはMicrosoftアカウントを作成するため、すでに所持している場合はアカウントID等を入力するだけで入手できます。

Microsoft Teamsの有料版を入手したい場合は、数あるOffice 365プランの中から以下いずれかのプランを選択し、契約する必要があります。

[SMART_CONTENT_2]

 Office 365 Business Essential

Microsoft Teamsに加えてExchange OnlineSharePoint Onlineなど、多数のコミュニケーションツールを提供している。最大300ユーザーまで利用可能。月額540円をリーズナブル。

SharePoint Online」について詳しくご覧ください!

Office 365 Business Premium

Office 365 Business Essentialsの内容に加えて、Officeアプリケーションがフル利用できるライセンスを提供。最大300ユーザーまで利用可能。月額1,360円。

Office 365 Enterprise E1

Microsoft Teamsに加えてExchange OnlineSharePoint Onlineなど、多数のコミュニケーションツールを提供している。ユーザー数無制限で利用可能。月額870円。

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E1の内容に加えて、 Officeアプリケーションがフル利用できるライセンスとコンプライアンス機能を提供するエンタープライズ向けプラン。ユーザー数無制限で利用可能。月額2,180円。

Office 365 Enterprise E5            

上記プランすべての内容に加えて、セキュリティ機能や高度なデータ分析機能が備わっているエンタープライズ向けプラン。ユーザー数無制限で利用可能。月額3,810円。

各プランによってそれぞれ特徴が異なるので、環境に合ったOffice 365プランを選択しましょう。 

[RELATED_POSTS]

Office 365の「真の力」を引き出すサービスとは
Microsoft Teamsの検索機能の使い方

RECENT POST「Teams」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み