SharePoint Online Management Shellの利用方法

 2019.02.05  Microsoft 365チャネル編集部

SharePoint Online Management Shellの利用方法

Office 365のコラボレーションツールの1つとして提供されているSharePoint Onlineは、組織やチームのファイル共有スペースを確保したり、社内ポータルサイトやチームポータルサイトを簡単に作成したりするためのものです。通常、SharePoint Onlineの管理は管理センターから実行しますが、Management Shellを使用してコマンドベースで管理することもできます。

SharePoint Online」について詳しくご覧ください!

Management ShellとはMicrosoftが提供しているPower Shellの1つであり、専用画面にコマンド(命令文)を入力することでさまざまな管理が行えます。ここではSharePoint Online Management Shellの利用方法と、使用可能な主なコマンドについて解説します。

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

SharePoint Online Management Shellを利用するには

前提としてSharePoint Onlineが利用できる環境が整っている必要があります。Office 365サブスクリプションまたはSharePoint Onlineスタンドアロンサービスを契約していることをご確認ください。ちなみにSharePoint Onlineが含まれているOffice 365プランは下記の5つです。

  • Office 365 Business Essentials
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

SharePoint Online Management Shellを利用するにはまず、SharePoint Online Management Shell専用ソフトウェアをダウンロードし、インストールします。以前のバージョンがある場合はアンインストールしてから最新バージョンをインストールしてください。

次に組織のSharePoint OnlineにSharePoint Online Management Shellを接続します。具体的な手順は下記をご参照ください。

手順1.

管理者端末のPower Shellを[管理者モード]で実行し、SharePoint Online Management Shellがインストールされているかどうかを確認するために次のコマンドを実行する

Get-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -ListAvailable | Select Name,Version

手順2.

SharePoint Onlineのオンライン管理シェルコマンドプロンプトを開き、[Start]画面にsharepointを入力し、[SharePointのオンライン管理シェル]をクリックする。

手順3.

ユーザー名とパスワードを使用して接続するにあたり、$AdminUPNと $orgName変数の値を入力し次のコマンドを実行する。

$adminUPN="<the full email address of a SharePoint administrator account, example: jdoe@contosotoycompany.onmicrosoft.com>"

$orgName="<name of your Office 365 organization, example: contosotoycompany>"

$userCredential = Get-Credential -UserName $adminUPN -Message "Type the password."

Connect-SPOService -Url https://$orgName-admin.sharepoint.com -Credential $userCredential

手順4.

[Windows Power Shellの資格情報の要求]ダイアログボックスが表示されたら、SharePoint Onlineの管理者アカウントのパスワードを入力する。

以上でSharePoint Online Management Shellを使用する準備が整いました。

SharePoint Online Management Shellで使用する主なコマンド

Add-SPOGeoAdministrator(管理者ユーザーを追加)

 ≪コマンド≫

 Add-SPOGeoAdministrator

-UserPrincipalName <string>

-GroupAlias <string>

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

-ObjectId <guid>

[<CommonParameters>]

Add-SPOUser(一般ユーザーを追加)

 ≪コマンド≫

Add-SPOUser

-Group <String>

-LoginName <String>

-Site <SpoSitePipeBind>

[<CommonParameters>]

Connect-SPOService(管理者ユーザーをSharePoint Onlineに接続)

※すべてのSharePointコマンドを実行する前に、このコマンドを実行する必要があります

≪コマンド≫

Connect-SPOService

-AuthenticationUrl <String>

[-ClientTag <String>]

[-Credential <CredentialCmdletPipeBind>]

-Url <UrlCmdletPipeBind>

[<CommonParameters>]

Disconnect-SPOService(SharePoint Onlineサービスから接続を遮断する)

 ≪コマンド≫

 Disconnect-SPOService []

Export-SPOQueryLogs(Office 365内でのユーザーログを取得する)

 ≪コマンド≫

 Export-SPOQueryLogs

[-StartTime <DateTime>]

-LoginName <String>

-OutputFolder <String>

[<CommonParameters>]

Export-SPOUserInfo(ユーザー情報を取得する)

 ≪コマンド≫

Export-SPOUserInfo

-LoginName <String>

-Site <SpoSitePipeBind>

-OutputFolder <String>

[<CommonParameters>]

Export-SPOUserProfile(ユーザープロファイルをCSVファイルで取得する)

≪コマンド≫

Export-SPOUserProfile

-LoginName <String>

-OutputFolder <String>

[<CommonParameters>]

ここで紹介したコマンド以外のコマンドを実行したい場合は、SharePoint Onlineのコマンドレット(https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/sharepoint-online/?view=sharepoint-ps)をご確認ください。

[RELATED_POSTS]

Microsoft 365でセキュリティの強化を進めるうえで重要な6つのステップ

RECENT POST「製品情報」の最新記事


製品情報

FAQを自動生成する方法とは?自動化するメリットも

製品情報

BEDORE for Microsoft Teamsの使い方ガイド

製品情報

最新鋭の対話エンジンで社内コミュニケーションDXを実現

製品情報

ノンコーディングでアプリ開発!PowerAppsとは?

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


SharePoint Online Management Shellの利用方法
最新版 Microsoft Office まるわかりガイド
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ