SharePoint Online Management Shellの利用方法

 2019.02.05  Microsoft 365チャネル編集部

SharePoint Online Management Shellの利用方法

Office 365のコラボレーションツールの1つとして提供されているSharePoint Onlineは、組織やチームのファイル共有スペースを確保したり、社内ポータルサイトやチームポータルサイトを簡単に作成したりするためのものです。通常、SharePoint Onlineの管理は管理センターから実行しますが、Management Shellを使用してコマンドベースで管理することもできます。


Management ShellとはMicrosoftが提供しているPower Shellの1つであり、専用画面にコマンド(命令文)を入力することでさまざまな管理が行えます。ここではSharePoint Online Management Shellの利用方法と、使用可能な主なコマンドについて解説します。

SharePoint Online Management Shellを利用するには

前提としてSharePoint Onlineが利用できる環境が整っている必要があります。Office 365サブスクリプションまたはSharePoint Onlineスタンドアロンサービスを契約していることをご確認ください。ちなみにSharePoint Onlineが含まれているOffice 365プランは下記の5つです。

  • Office 365 Business Essentials
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

SharePoint Online Management Shellを利用するにはまず、SharePoint Online Management Shell専用ソフトウェアを「ダウンロードページからダウンロードし、インストールします。以前のバージョンがある場合はアンインストールしてから最新バージョンをインストールしてください。

次に組織のSharePoint OnlineにSharePoint Online Management Shellを接続します。具体的な手順は下記をご参照ください。

手順1.      

管理者端末のPower Shellを[管理者モード]で実行し、SharePoint Online Management Shellがインストールされているかどうかを確認するために次のコマンドを実行する

Get-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -ListAvailable | Select Name,Version

手順2.  

SharePoint Onlineのオンライン管理シェルコマンドプロンプトを開き、[Start]画面にsharepointを入力し、[SharePointのオンライン管理シェル]をクリックする。

手順3.

ユーザー名とパスワードを使用して接続するにあたり、$AdminUPNと $orgName変数の値を入力し次のコマンドを実行する。

$adminUPN="<the full email address of a SharePoint administrator account, example: jdoe@contosotoycompany.onmicrosoft.com>"

$orgName="<name of your Office 365 organization, example: contosotoycompany>"

$userCredential = Get-Credential -UserName $adminUPN -Message "Type the password."

Connect-SPOService -Url https://$orgName-admin.sharepoint.com -Credential $userCredential

手順4.

[Windows Power Shellの資格情報の要求]ダイアログボックスが表示されたら、SharePoint Onlineの管理者アカウントのパスワードを入力する。

以上でSharePoint Online Management Shellを使用する準備が整いました。。

SharePoint Online Management Shellで使用する主なコマンド

Add-SPOGeoAdministrator(管理者ユーザーを追加)

 ≪コマンド≫

 Add-SPOGeoAdministrator

    -UserPrincipalName <string>

    -GroupAlias <string>

Microsoft製品関連お役立ち資料

    -ObjectId <guid>

   [<CommonParameters>]

Add-SPOUser(一般ユーザーを追加)

 ≪コマンド≫

Add-SPOUser

   -Group <String>

   -LoginName <String>

   -Site <SpoSitePipeBind>

   [<CommonParameters>]

Connect-SPOService(管理者ユーザーをSharePoint Onlineに接続)

※すべてのSharePointコマンドを実行する前に、このコマンドを実行する必要があります

≪コマンド≫

Connect-SPOService

      -AuthenticationUrl <String>

      [-ClientTag <String>]

      [-Credential <CredentialCmdletPipeBind>]

      -Url <UrlCmdletPipeBind>

       [<CommonParameters>]

Disconnect-SPOService(SharePoint Onlineサービスから接続を遮断する)

 ≪コマンド≫

 Disconnect-SPOService []

Export-SPOQueryLogs(Office 365内でのユーザーログを取得する)

 ≪コマンド≫

 Export-SPOQueryLogs

      [-StartTime <DateTime>]

      -LoginName <String>

      -OutputFolder <String>

      [<CommonParameters>]

Export-SPOUserInfo(ユーザー情報を取得する)

 ≪コマンド≫

Export-SPOUserInfo

      -LoginName <String>

      -Site <SpoSitePipeBind>

      -OutputFolder <String>

      [<CommonParameters>]

Export-SPOUserProfile(ユーザープロファイルをCSVファイルで取得する)

≪コマンド≫

Export-SPOUserProfile

    -LoginName <String>

    -OutputFolder <String>

      [<CommonParameters>]

 

ここで紹介したコマンド以外のコマンドを実行したい場合は、SharePoint Onlineのコマンドレット(https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/sharepoint-online/?view=sharepoint-ps)をご確認ください。

Office 365の「真の力」を引き出すサービスとは

RECENT POST「SharePoint」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング