Teams Plannerはどこまで使えるか?

 2019.04.18  Microsoft 365チャネル編集部

2017年3月のリリースから、Microsoft Teams(以下Teams)は常に進化を続けています。Microsoftが発表した、Skype for BusinessからTeamsへの移行ロードマップの通り、Teamsは徐々にですがOffice 365で提供される、唯一無二のチャットツールとして成長しているのです。そんなTeamsでは、同じくOffice 365で提供されているタスク管理ツールのMicrosoft Planner(以下Planner)が使用できるようになっています。Teamsで利用するPlannerは、どこまで使えるのでしょうか?

Teamsとは?Plannerとは?

最初に2つのツールの解説からしておきます。

[RELATED_POSTS]

TeamsはOffice 365で提供されているチャットツールであり、チャット形式のメッセージだけでなくビデオ会議やメモツール、ファイル共有など多岐にわたった使い方が可能なツールです。最近ではフリーミアムプランを提供され、Office 365ユーザーでなくても一部機能を無料で使うことができます(チャットメッセージ、ビデオ会議、ファイル共有のみ)。

一方、Plannerとは同じくOffice 365で提供されているタスク管理ツールです。たった1回のクリックでツールを起動でき、新しいプランを作成したり、チームを編成したり、各メンバーにタスクを振り分け、進捗の確認も行えます。タスクを管理するボードではバケットにまとめて整理できるので、プロジェクトやチーム全体のタスク管理が容易に行えるのが大きなメリットです。

このPlannerの機能の一部をTeamsでも利用できるということで、注目している方は多いでしょう。

TeamsにPlannerを追加する

Teams上でPlannerを使用するためには、「タブ」という形でTeamsのチームチャネルにPlannerを追加します。Plannerタブを追加するための手順は下記の通りです。

Teamsのチームチャネルに移動して[タブの追加(+)]ボタンをクリックする

Microsoft製品関連お役立ち資料

[タブの追加]ダイアロゴボックスで[Planner]を選択する

[Planner]ダイアログボックスで以下どちらかを選択する

[新しいプランの作成]:新しいPlannerプランを作成し、そのチャネルにタブとして追加する

[既存のプランを使う]:既存のPlannerプランを選択し、そのチャネルにタブとして追加する

タブについてチャネルに投稿するかどうかを選択した後に[保存]をクリックする(他のチームチャネルタブと同様に、プランのタブが追加されボードへのタスク追加を始めることが可能)

必要に応じてこの手順を繰り返し、チャネルに必要なプランを追加していく

以上、これだけの手順でTeamsにPlannerタブを追加することができます。あとは通常のPlanner操作通りに、タスクを振り分けたり、進捗管理を行ったりするだけです。

TeamsでPlannerを操作する

次に、Teamsに追加したPlannerタブからPlannerを操作するための方法を解説していきます。

まず、Teamsで作成したプランを開くには、プランを作成したチームチャネルを選択し、目的のプランタブを選択します。もしもWeb向けPlannerから開く場合は、Office 365にサインインしてアプリ起動ツールを選択し、[Planner]をクリックします。Plannerハブでスクロールして、[最近のプラン]または[すべてのプラン]からTeamsで作成したプランを探しましょう。Teamsでプランを作成すると、紐づけられているチームとチームチャネルの名前がプラン名の下に「team>team channel」という形式で表示されるので一目で確認できます。

プランを開くことができたら、タスクを追加したり、振り分けたりして通常のPlanner通りに使用していきます。

Teamsでプランを使い終わった場合、どのようにして削除すればよいのか?チームチャネルからプランを削除するには、該当するプランに移動して[このプラントそのすべてのタスクを完全に削除する]チェックボックスをオンにします。そうすると、プランは完全に削除され、Plannerからも確認できなくなります。

次に、TeamsでPlannerの割り当て通知を取得する方法を解説します。チームでPlannerがインストールされており、プランにTeamsタブがある場合は、他のユーザーでPlannerタスクが割り当てられたときにチームの通知を受け取ることができます。

そのためにはまずWeb用Plannerで[設定]を選択し、[Planner]から[通知]をクリックします。[自分にタスクを割り当てるユーザー]チェックボックスがオンになっていることを確認し、オフになっている場合はオンに切り替えましょう。これにより、Plannerタスクが割り当てられた際に通知を取得することができます。

Teams Plannerで出来ること出来ないこと

Teamsで使用するPlannerと、Web向けPlannerとでは使える機能に若干の違いがあります。その違いを表にしましたので、利用時の参考にしてください。

 

Teamsタブ

Planner

プランを作成する

プランにタスクを追加する

バケットを作成する

タスクにチェックリストを追加する

タスクにコメントを追加する

タスクの進捗状況を設定および更新する

タスクを削除する

タスクにラベルを使用する

タスクのプレビュー画像を設定する

ファイル、写真、リンクをタスクに添付する

タスクの開始日と期限を追加する

タスクに人を割り当てる

プランをお気に入りとしてマークする

×

プランを削除する

×

プランの進捗状況を表示する (グラフ ビュー)

タスクに関するメールを受信する

×

プランに人を追加する

× (プラン レベル)

〇 (Teams 内からのチャネル レベル)

予定表にタスクを表示する (スケジュール ビュー)

このように、TeamsタブのPlannerとWeb向けPlannerとでは機能面で異なる点もありますのでご注意ください。現在Office 365でTeamsを利用している皆さんは、この機会にPlannerをぜひご活用ください!

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

RECENT POST「Teams」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング