製造業のIT化!現場に合ったアプリ×デバイスで業務変革を実現

 2022.02.25  Microsoft 365チャネル編集部

現代はAIやIoTによる技術革新「第四次産業革命」の黎明期と言われており、製造分野のIT化が加速しています。そこで本記事では、製造業でIT化を推進する重要性について解説するとともに、業務変革を実現するソリューションをご紹介します。製造分野におけるDXの実現を目指す企業は、ぜひ参考にしてください。

製造業のIT化!現場に合ったアプリ×デバイスで業務変革を実現

Microsoft Teams ソリューション一覧

後手に回る日本の製造業のIT化

2011年にドイツ政府によって第四次産業革命の実現を推進する「インダストリー4.0」が提唱され、日本でも製造分野の変革を目指す動きが加速しています。2018年には経済産業省が「DXレポート」のなかで「2025年の崖」という問題を提起し、デジタル技術の活用による経営改革「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が大きな注目を集めるようになりました。

しかし、日本の製造業は他の先進諸国と比較してIT化が遅れている傾向にあります。たとえば、ドイツは先述したインダストリー4.0を国家プロジェクトとして掲げ、官民一体となって製造分野の変革を推進しています。もちろん、日本政府もインダストリー4.0やDXを推進しており、その実現に取り組む企業が増加しているものの、ITの導入に終始してしまい、活用による変革には至っていないのが実情です。

IT化の本質的な目的はデジタル技術を導入することそのものではなく、その活用によって新たな市場価値を創出し、市場の競争優位性を確立することにあります。ところが、日本企業ではIT人材の不足や経営層のITに関する知識不足といった課題も相まって、本当の意味でのIT化が進んでいるとはいえません。今後、AIやIoTによる技術革新がさらに加速していくと予測されるため、現状のままでは日本の製造業は海外市場から取り残される可能性があるといえます。

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

製造業もIT化を進めるべき理由

かつての日本は「ものづくり大国」と「輸出大国」という2つの顔をもち、資源の乏しい国でありながら、原料や資源を海外から輸入し、それらを加工・輸出することで大きな経済成長を遂げました。この「ものづくり」と「貿易」によって日本は1968年から42年間もの間、GDP世界第2位の経済大国という地位を保っていたのです。

しかし、2010年になるとGDPで中国に抜かれ、2011年には48年ぶりに貿易赤字となります。さらに製造業界の市場が成熟期を迎えつつあり、ものづくり分野の成長に減速の兆しが見え始めました。その背景にはさまざまな要因が複雑に絡み合っているものの、大きな原因として考えられるのが「深刻な人手不足」と「グローバル競争の激化」の2つです。

深刻な人手不足

現在、日本の総人口は2008年の1億2,808万人を頂点として下降し続けており、さらに総人口に占める高齢者の割合は29.1%と世界のなかで最も高く、文字通り世界一の高齢化社会となっています。このような社会的背景から、さまざまな業種や分野で深刻化しているのが人材不足です。製造業も例外ではなく、「2020年版ものづくり白書」によると、製造分野に携わる中小企業の42.2%が「人手不足」を深刻な経営課題として挙げています。

また、製造分野では若年者の入職者数が減少しており、就業者の高齢化が進んでいるのも無視できない問題です。製造分野に携わる企業がこうした現状を打破するためには、ITの活用による生産体制の効率化と省人化が必須といえるでしょう。AIやIoTといった優れたデジタル技術を活用できれば、人材不足を補いつつ組織全体における業務効率化と生産性の向上が期待できます。

グローバル競争の激化

少子高齢化の進展や生産年齢人口の減少などといった社会的背景から国内市場が縮小傾向にあるため、海外市場に目を向けた事業戦略を展開する企業も少なくありません。しかし、日本の製造分野における技術力は世界的に高く評価されているものの、情報通信技術の進歩・発達に伴って途上国の技術も高度化しており、着実に追い上げられつつあります。

さらに、途上国は国内企業よりも遥かに低コストによる生産体制を構築できるため、現状のままでは一部の大手企業を除いてグローバル市場で生き残るのは困難といえます。だからこそ、ITの活用によって組織構造や生産体制に変革をもたらすDXの実現が求められているのです。AIやIoTといった最先端のデジタル技術を活用できる生産体制を整備できれば、国際競争力の強化に寄与し、やがて製造業界そのものの発展につながっていくでしょう。

製造業が注目すべきIT技術

上記のような課題を抱える日本の製造業において、IT技術を導入し生産性の向上を進めることは必須です。製造業が注目すべきIT技術には以下のようなものがあります。

IoT(Internet of Things)

IoTはあらゆるモノとインターネットを相互接続する技術です。製造現場の生産設備をIoTセンサーとネットワーク接続することで、電子機器や駆動装置を遠隔操作したり、稼働状況のデータを自動的に収集したりできます。

AI(Artificial Intelligence)

AIは自律的な情報処理を実行するコンピュータで、第四次産業革命の実現に欠かせないテクノロジーです。人間を遥かに凌駕する高精度な検品・検査や設備保全のオートメーション化が可能になります。

デジタルツイン(DigitalTwin)

デジタルツインは、現実世界で収集したデータをコンピュータ上の仮想世界に再現する技術です。現実に限りなく近いシミュレーションが可能となるため、オペレーションの高度化に寄与します。

エッジコンピューティング(Edge Computing)

エッジコンピューティングは端末やユーザーの近くにサーバーを分散配置し、演算処理を実行するコンピューティングモデルです。エッジ処理によってリアルタイムデータの処理負荷を低減し、通信の高速化に寄与します。

現場のIT化を促進する「do!book eX」

製造業界は、少子高齢化に伴う人材不足や就業者の高齢化など、さまざまな問題を抱えているものの、AIやIoTといった技術革新によって大きな飛躍が期待されている分野でもあります。そして、製造現場におけるDXの実現を目指す企業におすすめしたいのが、製造現場のペーパーレス化を実現する電子マニュアル「do!book eX」の導入です。

do!book eXは図面やビデオ、レポートなどを1冊のマニュアルにまとめて、PCやタブレット、スマートフォンなどで閲覧できるようにする次世代型のマニュアル作成ツールです。PCを持ち込めない現場でもモバイルデバイスを活用することで、いつでも図面やレポートの閲覧が可能になります。またファイルの閲覧だけでなく、ドラッグ&ドロップでのマニュアル作成も可能なため、就業者の高齢化が進む製造分野のデジタルシフトに大きく貢献します。

コマニー株式会社の事例

パーティションの専業メーカーである「コマニー株式会社」では、紙書類での承認作業などがプロセス全体の約3割を占めることもあり、こうしたノンコア業務の削減が重要な経営課題となっていました。また、従来の図面や作業マニュアルは、ある程度の経験を積んだ作業者向けに作成されており、若手が見ても施工できないケースが少なくありませんでした。

このような生産体制を変革すべく、同社が選択したのがdo!book eXの導入です。do!book eXは単に図面を電子化するだけではなく、動画マニュアルを組み込むこともできます。これにより、若手の作業者でも施工プロセスを理解しやすくなり、業務の標準化と作業品質の向上を同時に実現できました。また、紙書類の劣化による読み間違えや情報伝達ミスが削減され、情報の整流化に成功しています。

まとめ

近年、さまざまな産業でDXの実現が喫緊の経営課題となっています。製造業界がDXを実現するためには、AIやIoTなどの優れたデジタル技術の活用が欠かせません。ITの活用によって新たな市場価値を創出し、市場の競争優位性を確立するためにも、do!book eXのようなソリューションの導入をご検討ください。

Teamsテレワークの取り組み

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

経済産業省のDX推進指標とは?内容と活用方法を徹底解説!

業務効率化

Microsoft Teams Rooms 便利な機能と使い方

業務効率化

Microsoft Teams Rooms ライセンス価格の早わかり

業務効率化

Microsoft Teams Rooms のおすすめデバイスをご紹介

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


製造業のIT化!現場に合ったアプリ×デバイスで業務変革を実現
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ