Office 365で利用するOffice 2016 for Macについて

 2017.12.12  Office365編集部

Office 365を契約すると(プランBusiness EssentialsとEnterprise E1を除く)、1サブスクリプションで1ユーザーあたり最大5台のパソコンに、Officeアプリケーションをインストールできます。ちなみにOSがWindowsかMacかは問いません。そのため、Office 365は異なるOS環境が混在した業務環境においても、自由な構成ができます。

ただし気になるのは、Mac版もWindows版と同じく機能するのか?という点ではないでしょうか。よくMacユーザーからは、OfficeはWindows版との機能が違い過ぎて使いづらかったり、大量のアップデート通知で再起動を繰り返すため素早く使えない、という声を耳にします。

かといってOfficeを使わないことも難しい問題なので(クライアント事情によって)、Macユーザーの悩みどころの一つです。

そこで今回は、Office 355で使用できるOffice 2016 for Macのあれこれについて、詳しく解説します。

Office 2016 for Macとは?

Officeといえばマイクロソフトの代表的な製品。さらにWindowsを連想する方も多いでしょう。しかし実は、Officeが最初に提供開始されたOSはMacであり、1989年6月に販売スタートしました。Windows版が提供され出したのはその翌年の1990年であり、意外にもMac版Officeの方が歴史は古いのです。

Microsoft製品関連お役立ち資料

ただし、ご存知の通りその後はWindows版のOfficeが圧倒的なスピードで進歩して、「Windows版>Mac版」という関係になりました。

実際に前バージョンにあたるOffice for Mac 2011では、Windows版との機能の違いで使いづらいという声が多くありました。これがOffice 2016 for Macになり、Windows版とほぼ同じ機能を使えるようになり、Mac版の使い勝手が大幅に向上しています。

約5年ぶりのメジャーアップデートによって、ついにMac版がWindows版に追い付いたと言えましょう。

Office 2016 for Macの特徴

Office 2016 for Macの特徴については、Windows版と比較するよりも、前バージョンであるOffice for Mac 2011と比較する方が際立つでしょう。Windows版とほぼ同じ機能を持つようになったので、前バージョンからどれくらい進歩しているか、に着目するとOffice 2016 for Macの特徴がよく分かります。

[RELATED_POSTS]

そこで、Office 2016 for Macの新機能と、強化された機能についてまとめました。

≪Office全体として≫

 

Office 2016 for Mac

Office for Mac 2011

何千種類ものオンラインテンプレートで仕事効率を上げる

新機能

MacのRetinaディスプレイで、ドキュメントのテキストや画像がこれまで以上に鮮明になった

新機能

Word、Excel、PowerPointなどにおいてマルチタッチジェスチャが使用できる

新機能

リボンメニューが一新され、Windows版とほぼ同じデザインになった

強化された機能

OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint との統合によって、Macやその他のデバイスにアクセスできる

強化された機能


≪Word≫

 

Office 2016 for Mac

Office for Mac 2011

デザインタブが強化され、ドキュメントの見栄えが良くなった

新機能

検索エンジンBingを利用したインサイトウィンドウでは、閲覧や編集を行っている際に、Wecから所得した関連情報をコンテキスト表示する

新機能

スレッド形式のコメントによって、関連テキストの近くで会話できる

新機能

ファイルの共有やユーザー招待を簡単に行えるようになった

強化された機能

複数ユーザーが同じドキュメントを同時変種できる

強化された機能

Word、Excel、Outlookを使ってメール作成できる

強化された機能

 ≪Excel≫

 

Office 2016 for Mac

Office for Mac 2011

おすすめグラフ機能によって、データに最適なグラフを選べる

新機能

大量のデータから必要な情報を抽出できる

新機能

アドオンによって複雑な統計分析や、エンジニアリング分析を行える

新機能

数式パレットウィンドウで機能が拡張された

強化された機能

Excel 2013 for Windowsのほとんどの機能がサポートされており、Mac版とWindows版で簡単にドキュメントを共有できる

強化された機能

印刷機能が改善され、1 つのPDFファイルに出力する機能などが追加された

強化された機能

Windows版のExcelショートカットキーが使えるようになった

強化された機能

 ≪PowerPoint≫

 

Office 2016 for Mac

Office for Mac 2011

スレッド形式のコメントによって、関連テキストの近くで会話できる

新機能

テーマバリエーションを使ってプレゼンテーションのスタイルを変更し、異なる配色が使える

新機能

現在のスライド、次のスライド、タイマー、オートが自身のMacに表示され、見せたいスライドのみを聴衆に見せられる

強化された機能

アニメーションの変更や微調整が行える

強化された機能

複数のユーザーが同じスライドを同時編集できる

強化された機能

競合する変更箇所を表示して比較できるので、どのバージョンを保持するのかを簡単に決めることができる

強化された機能

 ≪Outlook≫

 

Office 2016 for Mac

Office for Mac 2011

主な機能であるメール、予定表、連絡先、タスク、メモを簡単に移動できる

新機能

受信トレイが常に最新の状態に保たれる

新機能

オンラインアーカイブにメールを移動して、メールボックスの空き容量を増やせる

新機能

受け取った会議出席依頼の日時が都合の悪い場合、別の日時を提案でき、管理者は簡単に承諾・拒否できる

新機能

複数の予定表を並べて表示できる

新機能

予定表ビューに天気予報を表示できる

新機能

分類項目の名前や色などを同期して、Mac版、Windows版、Web版のOutlookを統一できる

新機能

以上が、前バージョンと比較した場合のOffice 2016 for Macの新機能と強化された機能です。非常に細かいところまで新機能追加や機能強化がされており、使い勝手が劇的に向上していることが分かります。

もちろん、上記4種以外のOfficeアプリケーションに関しても、同様に新機能追加や機能強化がみられます。それらの詳細については、Office 2016 for Macを実際に試用して体感してみましょう。

まとめ

使い勝手が悪いという理由で、ExcelやPowerPoint作成といった作業のみWindowsで行ったり、無料のドキュメント作成ツールで代替していたというMacユーザーも多いでしょう。そうした方々の悩みは、Office 2016 for Macでほぼ解消され、作業効率を大幅に向上できるようになりました。

いまだに「Mac版Officeは使いづらい」というイメージを持たれている方は、ぜひ一度Office 365試用版を使ってみてください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office 365で利用するOffice 2016 for Macについて

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み