Office365 移行時の手順は?ユーザーに発生する作業にも注意

 2016.06.03  Office365編集部

Exchange OnlineSharePoint Online、ビジネスマンが日頃使い慣れたコミュニケーションツールによって、組織やチームの情報共有力を強め、日々の業務を円滑にしてくれるのがOffice 365です。クラウドベースで提供されるのでシステム運用の必要がなく、IT管理者は運用やライセンス管理に追われることなく、本来業務に集中することができます。

こうした理由から、現行のオンプレミス環境を脱却してクラウド環境のOffice 365へ移行する企業が増加しています。取引先やサプライヤー、あるいは競合他社など周囲でOffice 365へ移行しているという企業も少なくないでしょう。ただ、当然ながらOffice 365へ移行するには移行作業が発生するので、この点がネックと考えている企業も多いでしょう。そこで本記事ではOffice 365への移行をより具体的に検討していただくために、Office 365移行の手順や注意点について簡単に紹介します。

Office 365移行に伴い発生する作業とは?

オンプレミスからクラウドのOffice 365へ移行する際には、管理者だけでなくユーザーも移行作業を行う必要があります。複雑な作業ではありませんが、移行作業が発生するということを理解しているかいないかで、移行のスピードが変わってくるでしょう。

管理者が行う作業

Office 365展開の一環として、既存のメールシステムからOffice 365へユーザーメールボックスを一括で移行することができ、これを「カットオーバー移行」と言います。カットオーバー移行は次のような条件に対し推奨されている移行方法です。

Microsoft製品関連お役立ち資料

現行のExchange(オンプレミス)がMicrosoft Exchange Server 2003、Microsoft Exchange Server 2007、Microsoft Exchange Server 2010、Microsoft Exchange Server 2013のいずれかを使用している現行のExchange(オンプレミス)のユーザーメールボックスが2,000未満である

このようにカットオーバー移行では最大2,000のユーザーメールボックス一括移行をサポートしていますが、一度の移行で推奨されているのが150のユーザーメールボックスまでです。一度に150以上のユーザーメールボックスを移行すると、移行時間にかなりの時間がかかるため推奨されていません。

さらに、具体的なカットオーバー移行の方法は次のようになります。

  1. 管理者が、変更の予定をユーザーに伝えて、ドメイン所有権とドメインレジストラーを確認します。
  2. 管理者が、カットオーバー移行に備えてサーバーを準備して、メールが有効な空のセキュリティグループをOffice 365に作成します。 
  3. 管理者が、Office 365をオンプレミスメールシステムに接続します (移行エンドポイントの作成といいます)。 
  4. 管理者が、メールボックスを移行して、移行を確認します。 
  5. Office 365 ライセンスをユーザーに付与します。 
  6. 管理者が、メールが直接Office 365へルーティングされるように、ドメインを構成します。 
  7. 管理者が、ルーティングが変更されたことを確認して、カットオーバー移行バッチを削除します。 
  8. 管理者が、Office 365で移行後のタスク (ユーザーへのライセンスの割り当ておよび自動検出ドメインネームシステム (DNS) レコードの作成) を完了して、オプションでオンプレミスExchangeサーバーを使用停止する。
  9. 管理者が、ウェルカムレターをユーザーに送信して、Office 365に関する情報や新しいメールボックスへのサインイン方法を説明します。 

引用:「Office 365 への一括移行

ユーザーが行う作業

Office 365では管理者だけでなく、ユーザーにも移行作業が発生します。作業自体は簡単なものですが、PC操作に慣れていないユーザーには難しい場合もあるので、管理者がわかりやすく移行作業の手順を明示する必要があります。
まず、Office 365移行ではユーザーに次のような作業が発生します。 

  1. Office 365のインストール
  2. Exchange Onlineへのメールデータ移行
  3. その他アプリケーションの利用開始

具体的な手順については次の通りです。 

  1. Office 365へサインイン
  2. Offiec 365のインストール
  3. メールボックスのエクスポート
  4. メールボックスのインポート

Outlook 2013/2016からメールボックスをエクスポート/インポートする方法

既存のメールボックスからメールデータ、連絡先、スケジュールなどを移行する際は、少し複雑な手順があります。ここで説明しておくので、移行時の参考にしてください。 

メールボックスをエクスポートする

  1. Outlook上部の「ファイル」をクリックして「開く/エクスポート」「インポート/エクスポート」の順に選択する
  2. 「ファイルにエクスポート」を選択して「Outlookデータファイル(.pst)」をクリックして「次へ」をクリックする
  3. エクスポートするメールアカウントを一つ選んで「サブフォルダーを含む」のチェックボックスがオンになっていることを確認して「次へ」をクリックする
  4. 「参照」をクリックしてOutlookデータファイルの保存先を指定してファイル名を入力して「OK」をクリックする
  5. 最後に「完了」をクリックしてOutlookデータのエクスポートを開始させる

 メールボックスをインポートする

  1. Outlook上部の「ファイル」をクリックして「開く/エクスポート」「インポート/エクスポート」の順に
    選択する
  2. 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して「次へ」をクリックする
  3. Outlookデータファイル(.pts.)」をクリックして「次へ」をクリックする
  4. 「参照」をクリックしてインポートしたいOutlookデータファイルを選択して「オプション」でメールと
    連絡先の処理方法を選択し「次へ」をクリックする
  5. Outlookデータファイルにパスワードが割り当てられていた場合はパスワードを入力して「次へ」を
    クリックする
  6. Office 365にメールボックスを移行するためにOffice 365アカウントを選択する
  7. 最後に「完了」をクリックしてOutlookデータのインポートを開始させる

以上が既存のユーザーメールボックスから、Office 365へとデータを移行する際の手順です。作業時間は数十分にも満たない時間ですが、手順が少し複雑なので管理者がマニュアルを作成し、ユーザーのOffice 365移行をサポートするのがいいでしょう。 

[RELATED_POSTS]

まとめ

Office 365はクラウドサービスなので、オンプレミス環境を新たに刷新するような、大規模な移行作業は必要ありません。ほとんどの作業がPC上で完結します。ただし「150以上のメールボックスを一括で移行しない」などの注意点もありますので、移行時は十分に注意してください。

また、ユーザーメールボックスが2,000を超える場合はバッチを適用してOffice 365を移行する方法もあります。こちらの具体的な方法については「複数のメール アカウントを Office 365 に移行する方法」をご確認ください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office365 移行時の手順は?ユーザーに発生する作業にも注意

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み