製造業が生産性向上を実現させるポイントを解説! 取り組むべき背景も

 2022.07.31  Microsoft 365チャネル編集部

ものづくり分野に携わる企業にとって、最も重要な経営課題のひとつは生産性の向上です。製造業を営む企業が中長期的に発展していくためには、最小のリソースで効率的に付加価値を生み出す生産体制が求められます。本記事では、製造業が生産性の向上に取り組むメリットや、生産性の向上を実現させるためのポイントについて解説します。

製造業が生産性向上を実現させるポイントを解説! 取り組むべき背景も

Microsoft Teams ソリューション一覧

製造業における生産性向上とは

「生産性」とは、リソースの投入量に対する成果の比率を表しており、「生産性=産出量÷投入量」という数式で算出される指標です。製造領域における「投入量」は人的資源や物的資源、資金といった経営資源を指し、「産出量」は製品の生産量や創出した付加価値額を表します。したがって、「生産性向上」とは、従来よりも少ない投入量で同等以上の成果を創出する、もしくは従来と同等の投入量でより多くの成果を生み出すことを意味します。

生産性にはいくつかの指標があり、投入量の値に従業員の数や労働時間を代入することで算出されるのが「労働生産性」です。これは「労働生産性=産出量÷労働投入量(従業員数×労働時間)」という数式で算出される指標であり、従業員一人あたりが生み出す生産量や付加価値額を表しています。組織全体における労働生産性を向上するためには、より少ない従業員数や設備投資で同等以上の成果を生み出す必要があるため、いかにして効率的な生産体制を構築するかが重要課題となります。

エンゲージメント経営プラットフォーム「ディスカバリーズ エンゲージ」
ハイブリッドワークの生産性を高める Discoveries InSite 製品概要資料

製造業が生産性向上に取り組むべき背景

どのような分野においても生産性向上は重要課題であるものの、なかでもその実現が急務となっているのが製造業界です。製造分野で生産性の向上が求められている背景には、以下の理由が挙げられます。

  • 労働人口の減少
  • 競争の激化

労働人口の減少

現在、日本の総人口は2008年をピークに下降の一途を辿っており、さらに2021年9月時点における高齢者の割合は29.1%と世界で最も高い水準となっています。少子高齢化の流れは今後も加速し続けていくと予測されており、生産年齢人口の減少からさまざまな分野で深刻化しているのが労働人口の減少です。とくに製造分野はその傾向が顕著で、経済産業省の調査によると、ものづくり企業の約4割が深刻な経営課題として「人手不足」を挙げています。

また、人口の減少と高齢化率の進展に伴う労働人口の減少により、就業者がより高齢化しつつあるのも無視できない重要課題です。とくに製造分野では若年者の就業者数が減少し続けており、反対に65歳以上の就業者は年々増加していく傾向にあります。このような背景から、熟練工のもつナレッジの継承が困難となっているため、製造業ではより効率的な生産体制の構築が急務となっているのです。

競争の激化

現代はデジタル技術の進歩・発展に伴って市場の競争性が激化の一途を辿っており、市場の成熟化と相まって、競合他社との差別化が困難な時代になりつつあります。さらに少子高齢化に伴って国内市場が縮小傾向にあるため、販路拡大や人件費・材料費の削減を目的として海外市場に進出する企業も少なくありません。しかし、国内企業の多くは極めて保守的で変化を好まない傾向にあり、デジタル化の遅れからグローバル市場における競争力の低下が指摘されています。

また、日本は世界第3位の経済大国でありながら非常に生産性が低く、「公益財団法人 日本生産性本部」の調査によると、日本の労働者一人当たりの労働生産性はOECD加盟38カ国中28位と、主要先進7ヶ国の中で最下位となっているのが実情です。こうした社会的背景も相まって、製造分野では「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の実現が喫緊の経営課題となっており、デジタル技術の活用による生産体制の抜本的な変革が求められているのです。

製造業が生産性向上に取り組むメリット

製造分野に携わる企業が生産性向上を推進する主なメリットとして、以下の2つが挙げられます。

コスト削減

生産性向上を目指す上で欠かせない施策のひとつが、業務プロセスの効率化です。既存の製造ラインや作業工程を見直し、継続的な改善を図ることで業務負荷が軽減されれば、労働投入量を減少させつつ、従来と同等以上の成果を生み出せます。さらに長時間労働や残業といった状態の改善に寄与するため、人件費の大幅な削減が可能です。また、生産性向上によって残業が減少することから、従業員のエンゲージメントが高まり、働き方改革にもつながるでしょう。

品質の担保

組織全体における生産性の向上を目指す上では、製造分野でのDX実現の要となるスマートファクトリーの構築も重要です。スマートファクトリーとは、生産設備とAIやIoTがネットワーク接続された先進的な工場を指します。スマートファクトリーの構築により、作業工程の省人化や製造ラインのオートメーション化を実現でき、人間を遥かに凌駕する高精度な検品業務や、設備保全の自動化が可能となります。こうして作業が平準化されることで、製品の品質を一定以上に保てるようになるのです。

製造業が生産性向上を実現させるためのポイント

生産性を向上させる施策はさまざまですが、製造分野における重要なポイントとして挙げられるのは以下の3つです。

業務を見える化して課題を見つける

生産性を高めるためには、いかにして最小の投入量で産出量を最大化するかが重要課題であり、そのためには業務プロセスの効率化が欠かせません。そして、業務の効率化を図るには、既存の作業工程における無駄やムラを洗い出し、生産効率の低下を招いている課題を明確化する必要があります。従業員へのヒアリングを行う、あるいは業務データを計測する業務可視化ツールを活用するなどして、既存の業務プロセスにおける課題を見つけ出すことが生産性向上の第一歩です。

IoTやロボットを導入する

先述の通り、製造分野の変革を実現するためにはスマートファクトリー化への取り組みが極めて重要です。工場内にAIやIoT、ロボティクスなどのデジタル技術を導入し、あらゆる生産機器をインターネット接続することで、製造ラインの見える化や作業のオートメーション化を実現できます。機械学習による異常検知やIoTによる高精度なセンシングが可能になり、生産工程における人的ミスの防止や人手不足の解消に寄与し、新しい時代に即した生産体制の構築につながるでしょう。

KPIを定めて目標を決める

生産性の向上という最終目標はひとつでも、「どのようにして実現するのか」というゴールへ至る道筋は無数に存在します。そのため、最終目標の達成に必要な中間目標の達成度合い、すなわちKPIを明確化するプロセスが非常に重要です。製造業のKPIには「効率性」「品質」「能力」「環境」「在庫管理」「保全」という6つの大きな領域があり、それぞれに「労働生産性」や「品質率」、「機械能力指数」「材料使用率」といった項目が存在します。生産性向上に取り組む際は経営状況や組織体制を俯瞰的に分析し、自社に適したKPIを設定することが大切です。

まとめ

生産性とは、経営資源の投入量に対する成果の比率です。生産性を向上するためには、最小のリソースで最大の成果を生み出す仕組みが必要であり、優れたデジタル技術の活用が求められます。生産性向上を推進する企業は、Microsoft 365のようなクラウドサービスを活用し、効率的な生産体制の構築に取り組んでみてください。

エンゲージメント経営プラットフォーム「ディスカバリーズ エンゲージ」

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

【2022年】業務改善助成金の対象や記入例、申請方法をわかりやすく解説

業務効率化

AIの活用で業務効率化! RPAとの組み合わせや導入ポイントも解説

業務効率化

エンドユーザーエクスペリエンス管理とは?重要性や具体的な方法を解説

業務効率化

Power Automateのテンプレートを活用して定型作業を自動化するには

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


製造業が生産性向上を実現させるポイントを解説! 取り組むべき背景も
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ