中堅・中小企業の働き方を変えるMicrosoft 365 Business

 2018.01.30  Microsoft 365チャネル編集部

日本に380万社ほどある堅中小企業は、国内の産業を根底から支える重要な存在です。その働き方改革は、日本の産業やサービスの生産性に大きく貢献する重要な課題となっています。Microsoft 365 Businessは、これまでマイクロソフトが提供してきたOffice 365Windows 10EMSを、中堅中小企業の働き方改革の実現に必要な機能をカスタマイズして提供します。Microsoft 365 Businessにより、日本の中堅中小企業は、セキュリティの心配やIT管理に煩わされることなく、“社員がもっと活躍できる働き方”を実現できます。

microsft365-business-1.jpg

Microsoft Teams ソリューション一覧

Microsoft 365 Businessは社員が活躍できる統合ソリューション

働き方改革の第一歩が、在宅勤務やリモートワークだと思われていますが、その実現には自宅や外出先での情報漏洩への対策も重要です。

利便性だけを優先してしまうと、外部からの不正アクセスの危険が増します。働き方改革のためには、セキュリティ対策が充分に担保されないと、柔軟な働き方を許可するのが難しいのです。

それは、企業の規模の大小を問わずに共通した問題です。しかし、個別にグループウェアやセキュリティツールを導入するとなると、コストだけではなく導入や運用の負担も増えてしまい「改革を進められない」という結果になります。

加えて、中堅中小企業では、セキュリティ対策に特化したIT人材の育成や雇用が難しいという実態もあります。大手企業に比べると、一人ひとりの社員の能力や生産性の高さに依存している中堅中小企業は、情報システムの導入や構築、そして運用においても、専任者ではなく他の業務と兼務、という例も多いのです。

こうした中堅中小企業に向けて、Microsoft 365 Businessは、そのような課題をクリアして働き方改革を実現できる統合ソリューションを提供しています。

クラウドで新しい働き方を短期間で実現

Microsoft 365 Businessは、生産性を高める各種のアプリケーションとクラウドサービスを連携し新しい働き方を短期間で実現します。

例えば、新たに提供されるMicrosoft Teamsを利用すると、チャットをベースとしたメンバー同士のスムーズなコミュニケーションを実現します。ファイルの共有やタスクの管理など、複数のチームで遂行するプロジェクトの管理や情報共有に必要なコラボレーションを一箇所に集中し、働き方を大きく革新します。

microsft365-business-2.jpg

【新しいOffice編】Office365導入のススメ
コンプライアンスを達成するための4つのステップ

また、Skype for Businessがあれば、大切な会議にも柔軟に参加できます。

育児や介護などで会社にフルタイムで在籍できない社員であっても、Skype for Businessを介して、いつでもどこからでも会議に参加し、画面や資料を共有できます。

少数精鋭で生産性を高めなければならない中堅中小企業にとって、Skype for Businessによる柔軟な会議への参加や、Microsoft Teamsによるコラボレーションは、新しい働き方を短期間で実現できる革新的なコミュニケーション基盤となるのです。

microsft365-business-3.jpg

[SMART_CONTENT]

一人IT担当でも全社員のセキュリティを管理できる総合された管理コンソール

中堅中小企業がITを活用した働き方改革に着手できなかった理由の1つが、一人IT担当に代表される限られたIT人材の問題です。

限られた人材で各種の業務をこなさなければならない中堅中小企業では、IT担当も複数のシステムを運用管理しなければなりません。企業によっては、総務部などがIT部門も兼務しています。

こうした状況では、この数年で脅威が増しているサイバー攻撃や情報漏えいなどのセキュリティ対策に、充電なIT人材を配置できません。

そうした関係から、PCやスマートフォンで外部のインターネット回線から社内のシステムにアクセスするような環境を構築できない中堅中小企業も多いのです。中には、メールすら社内にあるPCでしか利用できない例もあります。

こうした課題を解決できるMicrosoft 365 Businessは、シンプルかつパワフルなセキュリティ対策に貢献できる総合された管理コンソールを用意しています。

Microsoft 365 Businessを利用するユーザーの情報、ユーザーが利用するデバイスの情報、会社固有のセキュリティポリシーなどの全てを一つの管理コンソールで確認し操作できます。複数の管理ツールや画面を開いて、一つ一つの画面で細かな設定をする必要がなく、限られたIT管理者でも、容易かつ確実にセキュリティ対策を遂行できます。

microsft365-business-4.jpg

[RELATED_POSTS]

Microsoft 365 BusinessでWindows 10も常に最新になる

Microsoft 365 Businessでは、以下の機能がセットになっています。

microsft365-business-5.png

働き方改革につながる各種のアプリケーションやクラウドサービスに加え、PCのOSとして最新版になるWindows 10も含まれます。

これまでで最も安全なWindows 10を継続的にアップデートできるので、社内のPCが異なるWindowsを使っている環境も、Microsoft 365 Businessの契約によって、一気に最新へとまとめてアップグレードできます。

新しいWindows/Officeへ移行する理由がわかる本

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

経済産業省のDX推進指標とは?内容と活用方法を徹底解説!

業務効率化

Microsoft Teams Rooms 便利な機能と使い方

業務効率化

Microsoft Teams Rooms ライセンス価格の早わかり

業務効率化

Microsoft Teams Rooms のおすすめデバイスをご紹介

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


中堅・中小企業の働き方を変えるMicrosoft 365 Business
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ