microsoft 365 クラウドとは?Officeのクラウドサービスを解説

 2021.11.27  Microsoft 365チャネル編集部

Microsoft 365」は、テレワークやBCP対策のソリューションに適したクラウドサービスです。この記事では、Microsoft 365の概要や利用時のメリット、「Office 365」との違いを解説します。それらを参考に、Microsoft 365クラウドおよびOfficeサービスの導入を検討してみてください。

microsoft 365 クラウドとは?Officeのクラウドサービスを解説

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

Microsoftのクラウドサービス「Microsoft 365」とは

「Microsoft 365」とは、「Microsoft Office」をはじめとするアプリケーションがパッケージングされた、マイクロソフト社が提供するクラウドサービスです。具体的には、「Word」「Excel」「PowerPoint」といった、代表的なOfficeアプリケーションに加えて、コミニケションツールの「Microsoft Teams」などが含まれています。

Microsoft 365は、一定期間利用するための料金を、その都度支払うサブスクリプション型なので、買い切り型である従来のOffice製品とは異なり、サービスの買い替えの必要がありません。契約の継続さえすれば、常に最新のOfficeアプリケーションを利用できるうえ、サポート切れによるバージョンアップの手間も不要です。また、Microsoft 365は高度なセキュリティ機能も備わっており、テレワークでの利用にも適しています。

Microsoft 365 ガバナンス自動化入門
Microsoft 共催ウェビナー 「進化し続ける Microsoft Teams とプラットフォームの価値」

Office 365と何が違うのか

「Office 365」はMicrosoft 365と同様、Microsoft Officeの利用が可能な、サブスクリプション型のクラウドサービスです。Office 365は、Microsoft 365が登場する以前から存在していましたが、2020年4月にはMicrosoft 365のいちメニューとして統合されています。

Microsoft 365とOffice 365の最も大きな違いは、セキュリティに関する機能です。Microsoft 365には、Office 365に搭載されている機能はもちろん、Windows OSやデバイスに関わる「EMS(Enterprise Mobility + Security)」などの最新セキュリティ機能も備わっています。EMSは、デバイス管理やID管理、データ漏洩対策などを実行し、セキュアなテレワーク環境を構築できるソリューションです。

ほかにも以下の機能を提供しています。

  • 「Azure Information Protection(AIP)」
    ドキュメントや電子メールといった社内データを、暗号化や認証により、検出・分類・保護する機能
  • Microsoft Intune
    社内データへアクセスするモバイルデバイスやアプリを管理し、利用を制御する機能
  • 「Azure Active Directory」
    シングルサインオンや多要素認証を実現して、サイバー攻撃からユーザーを保護するIDプラットフォーム
  • 「Microsoft Advanced Threat Analytics(ATA)」
    高度のサイバー攻撃や脅威からエンタープライズを保護する、オンプレミスのプラットフォーム

これらの機能を備えていることから、Microsoft 365はOffice 365と比べ、よりテレワークに向いており、働き方改革を推進するのに役立つでしょう。

Microsoft 365のメリットとは

企業が、Microsoft 365の導入によって得られるメリットには、どのようなことが挙げられるか、一つずつ見ていきます。

テレワークに柔軟に移行可能

Microsoft 365には、快適なテレワーク環境を実現するのに役立つ、以下の機能を備えています。

  • Exchange Online」または「Outlook」
    チャットをはじめとしたコミュニケーション機能
  • 「Microsoft Teams」
    チームメンバーの予定をチェックし、いつでもどこでも開催できるWeb会議機能
  • OneDrive for Business
    簡単にファイル共有が可能なオンラインストレージ機能
  • SharePoint Online」
    チームサイトを構築し、組織内外のユーザーと情報共有する機能

これらはすべて、クラウドサービスとして提供されるため、職場だけではなく、自宅や外出先のカフェなどからでも、アクセスして業務に取り組めます。

セキュリティ対策が万全

Microsoft 365は以下の特徴により、セキュリティ対策も万全に整っています。

  • 顧客データを保存するストレージは、地理的に離れたデータセンターで冗長管理
  • 端末とクラウド間のデータ通信は、「TLS」や「IPSec」によって暗号化
  • ストレージに保存される、ドキュメントやメール、ファイルなどのデータも暗号化
  • 「ISO 27001」や「27017」など、情報セキュリティに関するISO基準をクリア
  • クラウド情報セキュリティ監査制度のCSゴールドマークを取得

そのため、データの保護やテレワーク用のツールに対して、高水準のセキュリティを求める企業にも、うってつけといえます。

共同編集が可能

一般的に、手元のパソコンでドキュメントを作成した場合、ほかのメンバーとのドキュメントの共同編集は不可能です。また、ほかのメンバーにドキュメントを渡す場合も、メールで送信するなどの対応が必要で、大幅な時間と手間がかかります。

一方、Microsoft 365ではクラウド上にドキュメントが保存されるうえ、オンライン上で共同編集できる機能を備えています。ドキュメントが保存されたURLにアクセスするだけで、共同編集が可能になり、共有にかかっていた時間と手間が省けます。

導入コストが安い

市販されているOfficeのパッケージ製品を購入する場合、1人あたり数万円程度のコストが必要です。そのため、全従業員分の製品を用意すると、そのコストが膨大になることは否めません。

一方、Microsoft 365はサブスクリプション型のサービスであり、1ユーザーあたり540円/月から利用できます。導入にあたって、数万円かかる初期費用のパッケージ購入が不要なため、導入時のコストを安く抑えられる点が、大きなメリットであるといえます。

Microsoft 365の導入が向いている企業

これまで、Microsoft 365の概要やメリットについて解説しました。前述したメリットからもわかるように、Microsoft 365は多くの企業に推奨できるソリューションです。ここでは、その中でも特に、Microsoft 365を導入するとよい企業の例を2つ紹介します。

グループウェアの導入を検討している企業

Microsoft 365は、グループウェアとしての役割も優れています。Microsoft Teamsによって、チャットやWeb会議、ファイルや予定表の共有など、社内コミュニケーションの活性化を目指せます。

また、大容量のクラウドストレージに保存したデータを、メンバー間で共同編集する機能も備えているため、複数人で行う業務がスムーズに捗ります。ほかのグループウェアサービスと同様に、外出先からスマートフォンやタブレットでのアクセスも可能です。

そのほか、使い慣れたMicrosoft Officeを、より便利に応用する機能が豊富にそろっており、特にWordやExcel、PowerPointを頻繁に利用する企業は、業務の効率化を図れるでしょう。

これらの点から、グループウェアの導入を検討している企業は、Microsoft 365を選択肢に含めることをおすすめします。

クラウド移行でBCP対策の導入を検討している企業

Microsoft 365は、「BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)対策」のソリューションとしても優秀です。まず、Microsoft 365のストレージは、地理的に離れたデータセンターで冗長管理されており、特定地域で災害が発生しても、データが消失することはありません。クラウド上でデータを管理するため、自社でサーバーを構築するより、ランニングコストが低く、災害時にリスクヘッジできます。

また、コミュニケーション機能も充実しており、万が一のときのためにも、安否確認や緊急連絡用の連絡ツールとして活用できます。クラウド型のサービスであることから、もちろんテレワーク用の業務ツールとしての役割も果たせます。

まとめ

Microsoft 365は、OfficeアプリケーションやMicrosoft Teamsなどが含まれる、サブスクリプション型のクラウドサービスです。多彩なコミュニケーション機能やファイル共有機能を備えており、セキュリティ性も申し分ありません。そのため、テレワークやBCP対策などの用途に向いています。

どうする? どうやる? Microsoft 365 テナントバックアップ

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

売上予測とは? 必要な理由や分析方法、おすすめツールを紹介

業務効率化

働き方改革関連法案とは? 概要と必要な対応をわかりやすく解説

業務効率化

働き方改革とは? 必要性やポイントのほか取組事例も解説

業務効率化

在席管理・会議室管理・入退室管理とは? 管理方法とポイントを紹介

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


microsoft 365 クラウドとは?Officeのクラウドサービスを解説
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ