Microsoft 365 E5を活用した最新のセキュリティ対策ツールとは?

 2021.03.31  Microsoft 365 チャンネル編集部

現代ビジネスにおいてマイクロソフト社の製品は不可欠であり、「Microsoft 365 E5」を導入している企業も多いでしょう。そこで重要となるのが、セキュリティ管理の最適化です。本記事では「Microsoft 365 E5」について解説するとともに、最新のセキュリティ対策ツールをご紹介します。

Microsoft 365 E5とは

「Microsoft 365」とは、マイクロソフト社のOffice製品を主軸として、ストレージやコラボレーションツールなどを提供するサブスクリプションサービスです。Microsoft 365は個人向けから大企業向けまで、数多くのプランが存在します。大企業向けとしては「F3」「E3」「E5」という3つのプランが用意されています。「Microsoft 365 E5」は、3つの大企業向けプランのなかでも最上位に位置するモデルです。大企業向けのプランでは、OneDriveを容量無制限で利用できたり、最大ユーザー数が無制限だったりと、さまざまなメリットがあります。

E3とE5は、大企業向けプランとしてよく比較されるモデルであり、どちらを導入すべきか迷う企業も多いでしょう。E3は月額3,480円(年間契約)で、E5が月額6,200円(年間契約)となっており、単純に価格だけを比較すると大きな差があります。しかし、最上位プランのMicrosoft 365 E5は、その他のプランよりもセキュリティ機能やデータ処理機能などの点において優れているのが大きな特徴です。また、E3のすべての機能に加えて、社内電話システムやBIツールを備えています。自社の企業規模や事業戦略に適したプランの選択が肝要だといえるでしょう。

Microsoft 365 E5の主な機能

Microsoft 365は、基本的に「Windows 10」と「Office 365」、そして「EMS(Enterprise Mobility+Security)」の3つから構成されるソリューションです。また、各種プランによってさまざまな特徴があります。たとえば、一般企業向けと大企業向けのプランには、Microsoft Teams(以下、Teams)が標準で付属しています。また、一部の上位プランではOneDriveや最大ユーザー数が無制限というのも大きな特徴です。大企業向けの最上位プランであるMicrosoft 365 E5は、すべてのプランのなかで最も優れたセキュリティ機能を誇ります。

主な機能としては、各種セキュリティ管理を強化する「Azure Active Directory Premium」や「Defender for Endpoint」などが挙げられます。データ移動の監視と制御をリアルタイムで行う「Cloud App Security」や、サイバー攻撃からファイルを保護する「Defender for Identity」なども、Microsoft 365 E5ならではの重要な機能です。

Microsoft 365 E5を活用した「マネージド セキュリティデスク サービス」

Microsoft 365は、Office系アプリケーションやTeamsなど、マイクロソフト社の各種サービスをクラウド上で利用できるソリューションです。しかし、それは同時に、企業の重要な経営資源である情報が、つねにサイバー攻撃のリスクにも晒されていることを意味します。したがって、企業経営において、セキュリティ管理の最適化が非常に重要な経営課題となってきます。

そこでおすすめしたいのが、「マネージド セキュリティデスク サービス」の導入です。マネージド セキュリティデスク サービスは、Microsoft 365 E5が備えるセキュリティシステムを最適な状態で運用できるようモニタリングし、セキュリティ分析対応や各種設定などを支援します。情報通信システムのトータルサポート企業「株式会社TOSYS」が提供するサービスであり、サポート体制の整ったセキュアなシステム環境を構築可能です。具体的な内容は、以下の通りです。

レギュラー業務

マネージド セキュリティデスク サービスは、レギュラー業務としてセキュリティ管理に関する総合的なサポートを提供します。システム環境のセキュリティ強化や、エンドポイントのデバイス管理などに関する相談にも対応可能です。また、さまざまなセキュリティインシデントに関するサポートとともに、毎月のセキュリティレポートを提出します。レポートからフィードバックを得ることで、セキュリティ管理の継続的な改善にもつながるでしょう。

モニタリング

マネージド セキュリティデスク サービスは、モニタリングによってセキュリティインシデントを監視します。各種セキュリティサービスから発生するアラートを検知した場合、ユーザーに代わって、詳細を追跡調査します。セキュリティ管理に対して自社のリソースを割く必要がないため、経営資源をコア業務に注力しつつ、堅牢なセキュリティ体制を構築することが可能です。

分析・対応

セキュリティインシデントを完全に防ぐことは、おそらく不可能に近いといえるでしょう。大切なのは、セキュリティインシデントが発生した時に、いかに迅速かつ的確な対応ができるかという点です。マネージド セキュリティデスク サービスは、セキュリティインシデントを発見した場合、状況や原因を徹底的に調査・分析し、再発防止につながる対応を提案します。

プラン

Microsoft 365 E5のセキュリティ管理を強化するのが、マネージド セキュリティデスク サービスのS5プランです。S5プランの料金体系は初期費用+月額料金となっています。サービス導入時に必要となる初期費用は30万円です。なお、TOSYSからMSライセンスを購入した場合は、初期費用が無料になります。月額料金は、100ユーザー以下であれば11万円、300ユーザー以下なら15万円、1000ユーザー以下なら27万円です。1001ユーザー以上の場合は、別途見積りが必要になります。

マネージド セキュリティデスク サービスは、その他にも複数のオプションが存在します。たとえば、マルウェアを監視する「S-365ATP」や、エンドポイントセキュリティを監視する「S-WDATP」などが挙げられます。また、オンプレミス型の「AD(Active Directory)」に対して、高度なID監視機能を提供する「S-AATP」というオプションも存在します。自社の企業規模や経営戦略に応じて、必要なオプションを選択しましょう。

まとめ

企業にとって、情報は極めて重要な経営資産です。したがって、セキュリティ管理の最適化は至要たる経営課題といえます。マネージド セキュリティデスク サービスは、Microsoft 365 E5のセキュリティ環境を強化するソリューションです。万全なシステム環境を構築するためにも、ぜひ導入を検討されてはいかがでしょうか。

CTA

RECENT POST「セキュリティ」の最新記事


セキュリティ

Microsoft 365 への脅威を可視化!「Office 365 Risk Check」

セキュリティ

IntuneとAzure ADの連携でMicrosoft 365をよりセキュアに!

セキュリティ

Microsoft Teamsでセキュアなリモートワーク環境を実現

セキュリティ

バラクーダのMicrosoft 365まるどりパックで大事なデータを保護

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 E5を活用した最新のセキュリティ対策ツールとは?

サイト掲載へのお問い合わせ