Microsoft Teams機能と特長

 2018.04.10  Microsoft 365チャネル編集部

Office 365」が提供する数々のコミュニケーションを統合しハブとして利用するMicrosoft Teams。2017年3月のリリースから多数の機能が追加され、世界20万社以上が利用するコミュニケーションツールとして成長しています。今回は、Microsoft Teamsが提供する機能の中でも重要なものを概説します。

Microsoft Teamsを導入したいけれどその全貌が分からない、という方はぜひご参考ください。

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

Microsoft Teamsの機能

チャットメッセージ

Microsoft Teamsはそもそもチャットメッセージによるコミュニケーションを中心としたツールです。なのでよくSlackやChatworkといったチャットツールと比較(後述)されています。Microsoft Teamsのチャットメッセージの特長は様々なツールをタブとして追加して利用できる点です。たとえばOneNoteをタブに追加すれば、一定量たまったメッセージのやり取りを整理して保管できます。

オンライン会議

ビデオ通話会議、音声通話会議をMicrosoft Teamsで上でスムーズにスタートできます。昨年公開されたMicrosoft Teamsのロードマップによると、今後「Skype for Business」との連携も強化されていき、すでにゲストアクセスなどがリリースされています。

ファイル共有

Microsoft Teamsユーザーはツール上でファイルを共有できます。これまでファイル共有といえばSharePoint Onlineを利用する必要があったので、Microsoft Teamsでファイル共有スペースを作ることで情報共有が促進します。ちなみに、Microsoft Teamsでチームサイトを作成することも可能です。

ファイル共同編集

Microsoft Teamsで共有したファイルはユーザー同士で共同編集が可能です。オンライン会議を行いながらファイルを共同編集することで、議事録作成などもできます。

プロジェクト管理

Microsoft Plannerと連携することでプロジェクト管理としても利用できます。案件ごとにプロジェクトを作成し、タスクやサブタスクを作ることでチーム内の作業を管理します。

ゲストアクセス

ゲストアクセスとは外部ユーザーをMicrosoft Teamsに招待してコミュニケーションを取るための機能です。今年3月にリリースされたばかりですが、クライアントやその他社外ユーザーとの情報共有やコミュニケーションに活躍しています。ビジネス向けメールアドレス(Outlookなど)だけでなく一般向けメールアドレス(Gmailなど)を所有しているユーザーなら簡単に招待できるので、クライアントごとにコミュニケーションの場を設けることも可能です。

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

会議のスケジュール

Microsoft Teams上で会議をスケジュールでき、その情報は自動的にOutlookに反映されます。

Wiki

組織で共有すべき情報などをWiki機能を使用して簡単に蓄積できます。

ツール連携

Microsoft TeamsはOffice 365で提供されるコミュニケーションツールやOfficeアプリケーションだけでなく、様々なツールと連携します。タスク管理ツールの「Trello」やカスタマーサポートツールの「Zendesk」、開発者向けツールの「Github」や「Twitter」「Facebook」といったSNSとの連携にも対応しています。

≪Microsoft Teamsと連携するツールを一部紹介≫

  • Adobe Creative Cloud(グラフィックデザイン等)
  • Adobe Sign(電子証明)
  • Aha!(プロジェクト管理)
  • Bing News(ニュース + 天気など)
  • Bitbucket(開発者ツール)
  • Bitbucket Server(開発者ツール)
  • Biztera(ワークフロー + ビジネス管理)
  • Bizzy(人事 + 採用)
  • Dynamics 365(販売 + マーケティング)
  • Facebook(SNS)
  • GitHub(開発者ツール)
  • GitHub Enterprise(開発者ツール)
  • Google Analytics(分析)
  • Jenkins(開発者ツール)
  • Trello(プロジェクト管理)
  • Twitter(SNS)
  • Yammer(社内SNS)

ボット

Microsoft Teamsでは「Microsoft Bot Framework」で作成したボットであればどんなものでも利用できます。そのためカスタマーデスクでのFAQに作成したりと活用方法は多様です。

[SMART_CONTENT]

他製品と比較した際のMicrosoft Teamsの特長

ここまでMicrosoft Teamsの重要な機能についてご紹介しました。すでにSlackやChatworkなどのチャットツール、或いはその他のコミュニケーションツールと比較して優位点を見つけた方も多いかもしれません。まだMicrosoft Teamsの優位点が見えてないという方のために、Microsoft Teamsの特長をご紹介します。

特長1.SlackやChatworkよりも実は低コスト

Microsoft社製品というだけで「Microsoft Teamsはコストがかかりそうだ」と考えている方も多いでしょう。しかし実際は、SlackやChatworkよりも低コストに利用できるケースがあります。

SlackとChatworkでは無料プランを提供していますが本格的に組織やチームで使用するとなると有料プランの契約が欠かせません。Slackならスタンダードプランで850円、Chatworkならパーソナルプランで400円の月額料金が1ユーザーあたりにかかります。

それに対してMicrosoft Teamsは1ユーザーあたりの月額料金が540円のOffice 365 Business Essentialsを契約すれば利用できます。Chatworkに関しては管理機能を追加すると800円に値上がりするので、それを鑑みればMicrosoft TeamsはSlackやChatworkよりも260円~310円安く利用できます。

特長2.Microsoft製品と協力に連携

Office 365で提供される各サービスや「Excel」などのOfficeアプリケーションなど、Microsoft TeamsとMicrosoft製品との親和性は抜群です。すでにSkype for Businessとの統合ロードマップも公開されているので、今後連携機能はさらに強化されるでしょう。

特長3.開発者以外もシンプルに使える

SlackやChatworkは開発者が利用するチャットツールという認識が強いかと思います。実際に2010年代に入り米シリコンバレーを中心にSlackが人気を集めました。しかし組織全体でチャットツールを使用することを想定すると、開発者以外もシンプルに使用できるMicrosoft Teamsがベストでしょう。実際にSlackやChatworkからMicrosoft Teamsに移行した、開発者だけでなく組織全体の部門が一つのチャットツールを使用することに成功している企業が相次いでいます。

皆さんは組織やチームのコミュニケーションにどんな課題を感じているでしょうか?その課題、Microsoft Teamsで解決できるかもしれません。

[RELATED_POSTS]

Office 365 で極める社内コラボレーションのポイント

RECENT POST「製品情報」の最新記事


製品情報

FAQを自動生成する方法とは?自動化するメリットも

製品情報

BEDORE for Microsoft Teamsの使い方ガイド

製品情報

最新鋭の対話エンジンで社内コミュニケーションDXを実現

製品情報

ノンコーディングでアプリ開発!PowerAppsとは?

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft Teams機能と特長
最新版 Microsoft Office まるわかりガイド
Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ