Office 2019 Serverの新機能ポイントのまとめ

 2018.10.02  Office365編集部

2018年下半期に提供される予定のOffice 2019ですが、このバージョンアップにはクライアントアプリケーションだけでなく、サーバー製品も含まれています。現在提供されているプレビュー版では、Exchange Server 2019、SharePoint Server 2019、Skype for Business Server 2019、Project Server 2019の4製品が含まれています。

今回は、各製品のアップデートのポイントをまとめたいと思います。

※リリース前の情報ですので、リリース時には内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

Exchange Server 2019

Exchange Serverは、メールやスケジュール管理などコラボレーションの基本的な機能を提供するサーバー製品です。Exchange Server 2019の新機能のポイントは以下の通りです。

Windows Server Coreの対応

まず、セキュリティ向上のためのインフラとして、Windows Server CoreにExchange Server 2019をインストールするためのサポートが含まれるようになりました。対応するバージョンはWindows Server 2016 CoreまたはWindows Server 2016/2019にDesktop Experienceでインストールするオプションもありますが、Windows Server Core 2019上でExchangeを実行することがマイクロソフトとして推奨されているようです。

パフォーマンスとスケーラビリティ

Exchange Serverの導入において、より大きなコアおよびメモリに対応します。Exchange Server 2016では、最大24のプロセッサコアと、192GBのRAMが最大でしたが、Exchange Server 2019では最大48のプロセッサコアと256 GBのRAMに対応し、より高いパフォーマンスを発揮します。

検索の改善

Bingテクノロジを使用して検索を再設計し、検索のパフォーマンスも改善しています。それにより、より速く、より良い結果を提供します。その結果、データベースのフェイルオーバーが大幅に高速化され、管理も容易になりました。検索索引はデータベース内にあり、管理する個別のログファイルはありません。インデックスはデータベース内にあるので、通常のログ配布にはデータベースと検索データが1回のレプリケーションで行われ、インデックスはすべてのデータベース・コピーで常に最新に保たれるのです。

エンドユーザーの機能

メールとともに、Exchangeの最も重要な機能の1つは予定表です。すべての大企業は大規模なカレンダーユーザーであり、多くの企業や組織はこの予定表を頼りにし、ユーザーの仕事が効率よく進むことをサポートしています。ここでは、Do not ForwardやOffice 365からオンプレミスExchangeへのシンプルなカレンダー共有など、いくつかの重要な機能を追加しています。

また、管理者はユーザーのカレンダー上のイベントを管理し、委任権限をより簡単に割り当てることができるため、管理者は新しいカレンダー機能も利用できます。

SharePoint Server 2019

SharePoint Serverは柔軟で安全な情報共有基盤を提供するサーバー製品です。SharePoint Server 2019の新機能のポイントは以下の通りです。

Microsoft製品関連お役立ち資料

モダンなエクスペリエンス

SharePointのいくつかの機能では、まずモダンなユーザーエクスペリエンスに移行されていることが特徴です。魅力的で柔軟なモバイルで使いやすく設計されている現代的なユーザーインターフェイスです。

なお、現時点ではすべての機能がモダンではなく、次の機能が既定でモダンに設定されています。

  • ・SharePointのホームページ
  • ・リストとライブラリ
  • ・新しいチームサイトとコミュニケーションサイトのホームページ
  • ・新しいページ
  • ・サイトコンテンツ
  • ・サイトの使用状況
  • ・ごみ箱

既存のチームサイトのホームページや、wikiやwebパーツページなどのその他のサイトページは、従来のエクスペリエンスのままです。

SharePointのホームページ

SharePointのホームページは、組織内のSharePointサイトを簡単に見つけてアクセスできるようにするモダンなエクスペリエンスです。また、フォローしているサイトや提案されたサイトからニュースを見つけることもできます。さらに、このページからサイトを作成することができます。

リストとライブラリ

既定のリストとライブラリエクスペリエンスは、最も一般的なタスク用に最適化されています。コマンドバーを使用して、ファイルをコピーして移動します。ドキュメントをピン留めし、ファイルをリンクとして追加し、簡単にフィルター処理や並べ替えを行い、列に書式設定を適用します。

ドキュメントライブラリ

従来のビューでは、異なる、または利用できないいくつかの古典的な機能があります。これには、いくつかの列の種類と一部のカスタマイズが含まれます。詳細については、「リストとライブラリの新機能と従来のエクスペリエンスの相違点」を参照してください。

チームサイト

モダンなチームサイトは、これまで以上に共同作業を行うことができます。これらのユーザーには、モダンニュース、クイックリンク、サイトアクティビティが事前に設定されています。すべての最新機能と同様に、チームサイトはモバイルデバイスで最適な外観に最適化されています。

ページとwebパーツ

モダンなページは、最新のwebパーツの機能を使用してレスポンシブページをすばやく簡単に作成する方法を提供します。ページは、従来のwebパーツページと発行ページに似ていますが、構造化されていないため、作成しやすくなります。モダンなページの詳細については、「サイトにページを追加する」を参照してください。新しいページを作成できない場合は、管理者がその機能を無効にしている可能性があります。管理者は、ユーザーが詳細を確認できるように、モダンなサイトページを作成することができます。

Microsoft Flow

SharePointワークフローとMicrosoft Flowはどちらも、承認のためにドキュメントをルーティングするなど、ビジネスプロセスを自動化するように設計されています。いずれもSharePoint Server 2019パブリック プレビューで引き続き利用できるようになります。Microsoft Flowを使用すると、広範な開発者リソースなしでプロセスを自動化する前よりも簡単になります。

ファイル共有

アップロードできるファイルサイズの上限が250MBまでだったものが、SharePoint Onlineと同じく15GBまでに上がります。またファイルやフォルダ名もSharePoint Onlineと同様に、”#”や”%”もサポートされます。アプリ開発に使われるファイルなどにこうした文字が含まれることがありますが、こうしたファイルもSharePointやOneDriveに格納できるようになります。

また、URLパスの長さも260から400まで(ユニコード単位)拡大されます。

[RELATED_POSTS]

Skype for Business Server 2019

Skype for Business Serverは、チャットや音声通話、Web会議などのリアルタイムコミュニケーションの機能を提供するサーバー製品です。

クラウドボイスメール

Skype for Business Server 2019とExchange Server 2019を組み合わせると、クラウドボイスメールを使用してボイスメールサービスが提供されます。これにより、Exchange Server 2019では提供されないユニファイドメッセージングの代替手段が提供されます。クラウドボイスメールでは、ボイスメールメッセージは引き続きユーザーの電子メール受信ボックスに格納されます。

クラウドオートアテンダント

オンプレミスを利用している場合は、常に最新のバージョンの自動更新を使用できるように、クラウド自動更新のサポートを開始します。クラウドオートアテンダントは今年後半に利用可能になる予定です。

クラウドコールデータコネクタ

コールアナリティクスは、Office 365の管理と管理のためのコアエクスペリエンスに統合されています。これにより、Skype for Business Serverに加えて、通話の品質データをOffice 365にアップロードできるようになりました。

シンプルになったクラウドへの移行

オンプレミスを利用する場合には、オンプレミスのサポートが必要な一方で、最終的にはクラウドに移行することを認識しています。顧客への移行を容易にするために、チームに移行するための手順などがさらに簡素化されました。

Project Server 2019

Project Server 2019では、より改善されたパフォーマンスやスケーラビリティ、レポーティングの機能に加え、APIの拡張やSharePoint Server 2019との連携によるコラボレーション機能の強化が図られます。

まとめ

現在、これらのサーバー製品の機能はOffice 365で提供されています。特にコラボレーションにおいては、より場所やデバイスを選ばずに利用し、生産性の向上や働き方改革の基盤として活用されることが期待されており、このためにクラウドサービスでの利用は非常に相性が良いためです。

しかしながら、様々な要件や制約により、オンプレミス環境での利用を余儀なくされるケースがあるのも事実です。そのような場合には、Office 365のサービスで培われた新機能が搭載されている、Exchange Server 2019、SharePoint Server 2019、Skype for Business Server 2019への移行が最適でしょう。これらの製品は、将来的なクラウドサービスへの移行を行いやすく設計されているのに加え、ライセンスとしてOffice 365を選択することでより柔軟な移行も可能になります。ぜひOffice 365と合わせてご検討ください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
Office 2019 Serverの新機能ポイントのまとめ

RECENT POST「製品情報」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み