Office 365ライセンス管理手順について

 2019.02.12  Microsoft 365チャネル編集部

Office 365」ライセンス管理手順についてご紹介する前に、サブスクリプションとライセンスの考え方について説明しておきます。

サブスクリプションとはイコールOffice 365のプランだとお考え下さい。たとえばOffice 365 Business PremiumやOffice 365 ProPlusなど、これらのプランのことをサブスクリプションと呼びます。2つのプランで契約していれば、2つのサブスクリプションを契約していることになります。

一方ライセンスとはユーザーに割り当てるためのものです。1つのサブスクリプションの中に複数のライセンスを購入することで、同じサブスクリプションをライセンス購入数と同じユーザー数で利用することができます。

[SMART_CONTENT]

ちなみにサブスクリプションを契約したがライセンスを購入していないといった状況はあり得ません。サブスクリプションを契約することは1つ以上のライセンスを購入したということです。

それでは、Office 365ライセンス管理の手順についてご紹介します。

New Call-to-action

管理者の役割を権限

Office 365ではライセンス管理やサブスクリプション管理にあたって複数の管理者を設定できます。管理者の役割によって与えられる権限も違います。

管理者の役割

ライセンス割り当て

ライセンスの削除

追加ライセンスの購入

アカウントの削除

グローバル管理者

課金管理者

×

×

×

ユーザー管理者

×

サービス管理者

×

×

×

×

パスワード管理者

×

×

×

×

グローバル管理者は必要に応じて管理権限をユーザーに与えることで自身の管理負担を軽減できます。管理者ごとの権限詳細については「Office 365 管理者ロールで実施できること」をご覧ください。

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

取得しているOffice 365ライセンスの種類を調べる

Office 365で購入したライセンスが増えると「今、どのライセンスをどれくらい所持しているのか?」が分からなくなることがあります。そうした際は現在取得しているOffice 365ライセンスを確認してみましょう。

管理者アカウントで「Office 365にサインイン」したら画面左上のアプリ起動ツールアイコンから管理者を選び管理センターにアクセスします。管理センターにて課金≫サブスクリプションの順にクリックしましょう。

現在契約しているサブスクリプション1つの場合はサブスクリプションページに、サブスクリプション名やライセンス数などの情報が表示されます。複数のサブスクリプションを契約している場合はサブスクリプションの詳細情報の隣の列に、契約済みサブスクリプションの一覧と試用版が表示されます。詳細情報を表示する際は目的のサブスクリプションを選択してライセンス数などを確認しましょう。

ちなみに一般ユーザーは「自分に割り当てられているライセンス」を確認することができます。Office 365にサインインしたら設定をクリックして個人用アプリの設定≫Office 365の順に選択しましょう。マイアカウントページにてサブスクリプションを選択すると現在割り当てられているライセンスの種類やサービスの種類が表示されます。

[RELATED_POSTS]

Office 365ライセンスをユーザーに割り当てる

Office 365ライセンスをユーザーに割り当てる際は、ユーザーごとに割り当てる方法と一括処理で割り当てる方法があります。

ユーザーごとに割り当てる場合はまずOffice 365管理センターにアクセスしたらアクティブなユーザーページに移動するか、ユーザー≫アクティブなユーザーの順に選択します。ライセンスを割り当てたいユーザーのアカウント名の横にあるボックスを選択しましょう。右側の製品のライセンス欄編集を選び、製品のライセンスウィンドウにてユーザーに割り当てたいライセンスをオンの位置に切り替えます。最後の画面下部で保存≫閉じる≫閉じる順にクリックして完了です。

一括処理でライセンスを割り当てるためにはOffice 365管理センターにてアクティブなユーザーページに移動し、ライセンスを割り当てるユーザーのアカウント名横にあるチェックボックスを選択します。一括処理ウィンドウにて製品ライセンスの編集を選択しましょう。製品の割り当てウィンドウ既存の製品ライセンス割り当てに追加する≫次への順にクリックし、選択したユーザーに付与するライセンスをオンの位置に切り替えます。最後に画面下部で追加≫閉じる≫閉じるの順にクリックして完了です。

Office 365ライセンスをユーザーから削除する

Office 365ライセンスをユーザーから削除する際もユーザーごとの削除と一括処理の方法があります。

ユーザーごとに削除する場合はOffice 365センターからアクティブなユーザーページに移動し、ライセンスを削除するユーザーを選びます。右側の製品のライセンス欄編集を選び、製品のライセンスウィンドウにてそのユーザーから削除するライセンスをオフの位置に切り替えます。画面下部で保存≫閉じる≫閉じるの順にクリックして完了です。

一括処理にてライセンスを削除する場合はOffice 365センターからアクティブなユーザーページに移動し、ライセンスを削除するすべてのユーザーのアカウント名の横にあるチェックボックスをオンにします。一括処理ウィンドウにて製品ライセンスの編集を選択し、既存の製品置換ウィンドウ既存の製品ライセンス割り当てを置き換える≫次への順に選びましょう。画面下部で選択したユーザーからすべての製品ライセンスを削除しますのチャックボックスを選び、置換≫閉じる≫閉じるの順にクリックして完了です。

Office 365サブスクリプションからライセンスを追加/削除する

最後にOffice 365サブスクリプションからライセンスを追加または削除する方法をご紹介します。

Office 365管理センターにてサブスクリプションページに移動するか請求≫サブスクリプションの順に選択します。ライセンスを削除するサブスクリプションを選択し、さらにライセンスの追加/削除を選択しましょう。ライセンスの総数ボックスにそのサブスクリプションに必要なライセンス総数を入力します。たとえば100個のライセンス数を所持していて10個追加したいなら110個、逆に10個削除したいなら90個と入力します。その後に送信をクリックして完了です。

以上のように、Office 365のライセンス管理はシンプルかつ簡単です。まだOffice 365を利用していないという方は、この機会に導入をご検討ください。

Microsoft Officeユーザーのための 最新版 Microsoft Office まるわかりガイド

RECENT POST「運用管理」の最新記事


運用管理

SLO(ソフトウェアライセンス最適化)とは? 重要性・ソリューション

運用管理

Microsoft 365の運用管理を楽にする方法とは? 課題とポイントを徹底解説

運用管理

MAツールがインサイドセールスにもたらす効果とは? 機能や注意点も解説

運用管理

運用管理ツールとは?IT資産管理や生産性向上まで機能を解説

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365ライセンス管理手順について
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ