OneNoteとEvernote徹底比較

 2018.07.23  Office365編集部

皆さんは日ごろメモアプリケーションとしてどのサービスを利用していますか?マイクロソフトが提供するOneNoteでしょうか?それとも、定番のEvernoteでしょうか?2016年にEvernoteのサービス改訂(料金アップなど)がされてから、OneNoteに移行したというユーザーは多いでしょう。今年4月にはプラスプランの受付も終了したので、これからメモアプリケーションを利用したいという人はOneNoteかと迷っているのではないでしょうか?

そこで今回は、OneNoteとEvernoteどっちを選ぶべきなのか?と悩んでいる方に向けて、両サービスを徹底比較してまいります。

OneNoteとEvernoteのプラン

最初にOneNoteとEvernoteのプランを確認します。まずはEvernoteから。

Evernoteでは無料で使えるベーシックプランとストレージ容量を拡張したプレミアムプラン、さらにビジネスユーザー向けのビジネスプランの3種類があります。各プランの料金と使用できるストレージ容量は次の通りです。

Evernoteプランごとの料金とストレージ容量

プラン

ベーシック

プレミアム

ビジネス

料金

無料

5,200円/年

1,200円/月

ストレージ容量

(月間アップロード)

60MB

10GB

20GB

Evernoteは他のクラウドサービスと違い「保存容量」ではなく「月間アップロード容量」で容量制限をカウントします。例えばプレミアムプランの場合は、毎月10GBのデータアップロードを許容するものであり、サービス全体として10GBしか保存できないというわけではありません。1年間毎月10GBのデータアップロードを行えば、総保存容量は120GBになります。

Microsoft製品関連お役立ち資料

つまり、月間でのアップロード容量制限はあるものの、サービス全体としての保存容量には実質制限がないということです。

次のOneNoteのプランを確認していきましょう。と言いたいところですが、実はOneNoteにはプランというものはなく基本的には無料で利用できます。というのも、OneNoteで作成したノートの保存先はOneDriveというクラウドストレージサービスになるため、料金や保存容量は利用するOneDriveのプランによって変わるのです。なのでここではOneDriveの各プランの料金と保存容量をご紹介します。

OneDriveプランごとの料金とストレージ容量

プラン

無料プラン

50GBプラン

Office 365 Solo

料金

無料

249円/月

1,274円/月

または12,744円/年

ストレージ容量

(サービス全体)

5GB

50GB

1TB

OneDriveは一般的なクラウドストレージと同じようにサービス全体の保存容量でプランが決まります。無料で利用できるプランの場合は5GBです。Evernoteの無料プランは月間アップロード容量が60MBなので、その約85ヵ月分の容量ということになります。Evernoteの無料プランを使い続けて5GBの総容量に達するのはピッタリ7年後です。

有料プランになると月額249円で50GBのストレージ容量が利用できます。Evernoteは月額約433円で月間アップロード10GBですが、5ヵ月を経過すれば総容量50GBを超えるため、これはEvernoteの方が利点は高いかもしれません。

Office 365 Soloというのは正確にはOneDriveとは違ったサービスです。ただし容量拡張の選択肢として最上位に位置しているサービスなので同列にて紹介しています。後述しますがOffice 365には1TBのOneDriveストレージ容量だけでなく、様々なサービスが付帯しますのでEvernoteのビジネスプランと一概には比較できないものです。

ただし容量だけで比較するなら、Office 365 Soloが提供する1TBという容量はEvernoteのビジネスプランが提供する月間アップロード容量の約51ヵ月分です。Evernoteのビジネスプランは4年3ヵ月が経過した時点で総保存容量が1TBを超えます。

こうした料金とストレージ容量の比較だけでは見えてこない部分もあるので、プランごとに機能を比較してみましょう。

[SMART_CONTENT]

OneDriveとEvernoteの機能比較

それではOneDriveの無料プランとEvernoteのベーシックプラン。OneDriveの50GBプランとEvernoteのプレミアムプラン。Office 365 SoloとEvernoteのビジネスプラン。という順に、OneNoteの機能を含め比較していきます。

プラン

OneDrive 無料プラン

Evernoteベーシックプラン

料金

無料

無料

ストレージ容量

5GB(サービス全体)

60MB(月間アップロード)

機能

● ワンクリックでノートを作成する

● ワンクリックで新しいページを追加する

● パスワードをかけて保護する

● 印刷範囲を指定してプリントアウトする

● Web情報の好きな場所を切り取って貼り付ける

● ペンを使用してイラストを描く

● 図形を作成して貼り付ける

● 表を作成して貼り付ける

● 録音・録画しながらメモを書く

● スマートフォンからメモを書く

● 手書き文字をスキャンしてメモにする

● ファイルを添付する

● 音声・動画を添付する

● テキストや画像にリンクを付ける

● OneNoteでビデオを録画する

● スマートフォンから写真をノートに挿入する

● Windows PhoneからOneNoteの音声録音する

● Excelファイルをスプレッドシートとして表を挿入する

● ノートを他者と共有する

● ToDoとしてOutlookと連携する

● 他のパソコンでノートを共有する

● 他のスマートフォンでノートを共有する

● 全文検索でノートを見つける

● ノートをメールに添付する

● 内容をWordに変換する

● Outlook.comで無料のメールアドレスを取得

● Skypeで無料の音声通話とビデオ通話を使用

● WindowsエクスプローラーやMac Finderと連携したデータ同期

● 無料で利用できるOffice Online

● 2台の端末にデータを同期

● Web ページ、画像、PDF をクリップ保存

● 画像に含まれる文字を検索

● 友人や同僚とノートを共有

● モバイル版アプリにロックを追加

サポートはセルフサービス

● ノートをオフラインで使用(デスクトップ版のみ)

 

プラン

OneDrive 50GBプラン

Evernoteプレミアムプラン

料金

249円/月

5,200円/年

ストレージ容量

50GB(サービス全体)

10GB(月間アップロード)

機能

無料プランと同じ

ベーシックプランの内容に加えて

● お使いの全端末にデータを同期

● ノートをオフラインで使用(スマートフォン含む)

● メールを Evernote に転送

● PDF や Office 文書のファイル内を検索

● PDF に注釈を挿入

● ノートをプレゼンテーションに即変換

● 名刺をスキャンしてデジタル化

 

プラン

Office 365 Solo

Evernoteビジネスプラン

料金

1,274円/月

または12,744円/年

1,200円/月

ストレージ容量

1TB(サービス全体)

20GB(月間アップロード)

機能

OneDrive各プランのの内容に加えて

● Word、Excel、PowerPointなどOneNoteも含め全7つのOfficeアプリケーションが利用可能なライセンス

● Officeを最大2台のデバイスにインストール可能

● 固定電話や携帯電話への通話が毎月60分無料になるSkype通話

● ランサムウェアの検出と保護

● ファイルの復旧

● パスワードで保護されたリンク

プレミアムプランの内容に加えて

● モバイル版アプリにロックを追加

● 専任の担当者によるサポート対応

● シングルサインオン (SSO 認証)

● 一元化されたユーザ管理

● 同じワークスペースで共同作業

● SCIM でユーザのプロビジョニングを自動化

● NEW! 新機能「スペース」で情報共有がさらに簡単に

機能面を考慮するとOneDriveやOffice 365 Soloの方が圧倒的にパワーユーザー向きの機能を提供しています。ただし、用途によって何が最適かは変わるので、しっかりと比較してから導入すべきメモサービスを選択しましょう。

また、企業や組織においてはメモはコラボレーションの一環として位置づけるほうが適当でしょう。その際にはOffice 365などの統合ソリューションがより適切になるでしょう。

[RELATED_POSTS]

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
OneNoteとEvernote徹底比較

RECENT POST「OneNote」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み