Office 365のメール設定をプロバイダメールも対応する

 2019.09.05  Microsoft 365チャネル編集部

Office 365で提供されているビジネスメールサービス(Exchange Online)では、Outlookで使用するメール以外にプロバイダメールに対応できます。要するに、他のメールアドレスをOutlookから使用できるようにする、ということです。

本稿ではこのやり方についてご紹介しますので、Office 365の利便性を向上するためにもぜひ参考にしてみてください。

OutlookからGmailを使用する(Outlookからの設定)

GmailのメールをOutlookで受信し、同期する方法について説明します。

  1. Outlookを起動する(デスクトップにあるショートカットアイコンをクリックするか、スタートメニューを開いてアプリ一覧からOutlookをクリックする)。初めてOutlookを起動した場合は「Outlookへようこそ」というメッセージが表示され、「Microsoft Outlookのアカウントの設定」画面が表示されるので「はい」を選び、「次へ」をクリックする
  2. 「アカウントオン追加」画面に遷移し、「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」をクリックする。
  3. 次の画面にて「POPまたはIMAP」を選択し、「次へ」をクリックする。詳細設定画面で表示されるため、同期するGmailアカウントの情報を入力し、メールの名前、メールアドレスを入力しアカウントの種類を「IMAP」、受信メールサーバーを「imap.gmail.com」、メール送信サーバーを「smtp.gmail.com」で入力する。また、アカウント名にGmailメールアドレスとパスワードにGmailアカウントのパスワードを入力する。
  4. 「詳細設定」をクリックし、「送信サーバー」タブをクリックして「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」を選択する。「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択し、「OK」をクリックする。
  5. 「詳細設定」タブに移動し、サーバーのポート番号を設定する。受信サーバー(IMAP)に「993」、送信サーバー(SMTP)に「465」、使用する暗号化接続の種類は両方「SSL」に設定する。設定が完了したら「OK」をクリックする。メールアカウント設定画面に戻り、内容を確認して「次へ」をクリックする。
  6. 自動的に接続テストが開始され、数秒~数十秒かかる。受信と送信の両方のテストが完了と表示されれば、テストは合格なので「閉じる」をクリックする。完了画面が表示されるため「完了」をクリックする。

Microsoft製品関連お役立ち資料

以上はOutlook側の設定なので、次にGmail側の設定についてご紹介します。

OutlookからGmailを使用する(Gmailからの設定)

次に、OutlookからGmailを使用するにあたり、Gmail側で行う設定をご紹介します。

  1. Gmailのメイン画面にて画面右上の設定(歯車マーク)をクリックし、ウィンドウの中から「設定」をクリックする。
  2. 設定画面の上にあるタブから「メール転送とPOP/IMAP」をクリックする。ページが切り替わったら「IMAPアクセス」の行が表示されるため、ステータスの欄で「IMAPを有効にする」を選択し、画面下の「変更の保持」をクリックする。
  3. Gmailの「安全性の低いアプリの許可」設定を確認するために、Google管理コンソールにログインする(admin.google.comのページを開き、「アカウント追加」からGmail以外のメールアドレスで管理者アカウントを作成し、ログインする)。
  4. 「セキュリティ」「基本設定」「そのほかの設定「安全性の低いアプリ」まで進み、ページの上の「安全性の低いアプリ設定に移動」をクリックし、「安全性の低いアプリへアクセス有効化をすべてのユーザーに適用する」を選択する。
  5. Google管理コンソールから「アプリ」「G Suite」「Gmail」「詳細設定」の順にクリックし、組織欄で転用先組織を選んで「すべてのユーザーのPOPとIMAPアクセスを無効にします」の選択を外す。

以上で、OutlookからGmailが利用できるようになります。

Outlook.comにGmailアカウントなどを登録する

OutlookからGmailを利用するための手順と、Outlook.comからGmailを利用するための手順は違います。ちなみにOutlook.comはMicrosoftアカウントを取得すると使用できる無料のメールサービスであり、Webブラウザを通じて使用できます。登録の手順は次の通りです。

  1. Outlook.comにて「設定」「Outlookのすべての設定を表示」「メールの同期」の順に移動する。
  2. 「接続されているアカウント」にある「Gmail」を選択する。
  3. 「Googleアカウントを接続します」ページにて、Gmailアカウントの表示名を入力し、「OK」をクリックする。
  4. 使用しているGmailアカウントを選択し、必要に応じてGmailアカウントのユーザー名とパスワードを入力する。
  5. 「許可」を選択する。

以上で、Outlook.comからGmailが使用できるようになります。次に、Yahoo!メールやAOL、あるいはその他のメールアカウントをOutlook.comに接続する手順をご紹介します。

Gmail以外のメールアカウントをOutlook.comに接続する

  1. Outlook.comで「設定」「Outlookのすべての設定を表示」「メールの同期」の順にクリックする。
  2. 「接続されているアカウント」で「その他のメールアカウント」を選択する。
  3. 「アカウントの接続」ページにて、表示名(該当するメールアカウントからのメールメッセージを受け取った受信者に対して表示される名前)と、Outlook.comアカウントに接続するメールアカウントの完全なメールアドレスとパスワードを入力する。

※接続するアカウントの2段階認証を有効にしている場合は、そのアカウントのアプリパスワードを作成する必要があります。プロバイダーのアカウントのセキュリティページに移動してアプリパスワードを作成してから、Outlook.comに戻り「メールアカウントの接続」ページでパスワードを入力します。

  1. 「OK」をクリックする。

Outlook.comアカウントに接続した別のアカウントからメールを送信するには、差出人を選択して使用するメールアドレスを選ぶだけです。既存の差出人アドレスはOutlook.comにて、「設定」「Outlookのすべての設定を表示」「メールの同期」の順に移動し、「既定の差出人アドレス」の下で使用するアドレスを選択し「保存」をクリックします。

いかがでしょうか?OutlookやOutlook.comにGmailや他のメールアカウントを接続することで、Outlookの利便性を向上できます。この機会に、本稿でご紹介した手順でOutlookやOutlook.comを他のメールアカウントに接続してみましょう!

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
Office 365のメール設定をプロバイダメールも対応する

RECENT POST「Microsoft 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み