SharePoint Onlineの開発環境について

 2018.02.01  Office365編集部

Office 365SharePoint Onlineでは、ファイル共有スペース提供したり情報共有のためのチームサイトを作成できます。加えて、SharePoint Onlineではアドイン開発できることをご存知でしょうか?

設定によって開発環境を整えることで、簡単にSharePointアドインの開発が可能なため、SharePoint Onlineを最大限活用している企業では、必ずと言っていいほどサービス上でアドインを開発しています。

[SMART_CONTENT]

今回は、そんなSharePoint Onlineの開発環境についてご紹介します。

SharePoint Onlineで開発できる機能の種類

Microsoftによると、SharePoint Onlineでは次のような開発が行えます。

SharePoint Online」について詳しくご覧ください!

「SharePointは、新しい柔軟な開発モデルを提供します。SharePointでは、JavaScript や OAuth、OData などの標準の Web テクノロジの利点を活用する SharePoint アドインを作成できます。さらに、SharePointは、SharePoint リソースとやり取りできる機能と、多様なホスティング オプションを提供します。この新しい SharePoint アドイン開発モデルにより、SharePoint ファーム上ではなくクラウドで実行される、SharePoint の機能を活かしたアドインを開発できます。この柔軟な開発モデルと、統合された標準の Web テクノロジにより、SharePoint での開発作業を、既に経験のある他の種類の Web 開発作業と同じように行えるようになります。」

引用:Microsoft Docs「SharePoint 開発の概要

Microsoft製品関連お役立ち資料

要約すると、SharePoint Onlineで開発環境さえ整えれば、avaScript や OAuth、ODataなど標準的なWeb技術を活用して、チームサイトを自由にカスタマイズできます。通常のWeb制作の間隔で作業を行えるため、既にある技術を最大限活用できるというわけです。

さらに、モバイルアプリケーション向けのアドイン開発も可能です。

SharePoint Onlineで開発環境を用意する

SharePoint OnlineおよびOffice 365で開発環境を用意する手順についてご紹介します。

まずはグローバル管理者(テナント管理者)またはSharePoint Online管理者のアカウントで「Office 365にサインインします。サインインできたら画面上部左側にあるアプリランチャーをクリックして、一覧から「管理」を選択します。さらに左側のナビゲーションツリーから「管理」を展開して、「SharePoint」を選択しましょう。

「SharePoint管理センター」に移動したら、「サイトコレクション」タブで「新規」「プライベートサイトコレクション」の順にクリックします。

「新しいサイトコレクション」ダイアログボックスが表示されたら、開発者向けサイトに必要な情報を入力していきます。

タイトル

開発者向けサイトに付ける名前を入力します。

パブリックWebサイトのアドレス

ドメイン名とURLパス(/sites/ か /teams/ のどちらか)を選択してからサイトコレクションのURL名を入力します。

テンプレート選択セクション位ある言語の選択

開発者向けサイトで使用する第一言語を指定します。

開発者向けサイトコレクションの言語は一度選択すると変更できないため、必ず適切な言語を選択しましょう。

テンプレート選択のセクション位あるグループ作業

「開発者向けサイト」を選択します

タイムゾーン

開発者向けサイトにとって適切なタイムゾーンを選択します。

管理者

サイトコレクションの管理者のユーザー名を入力します。プライマリ管理者に設定できるのは1名のみです。

記憶域のクォータ

開発者向けサイトの、サイトコレクション位割り当てる記憶域容量をMB(メガバイト)で指定します。

サーバーリソースクォータ

サーバコレクションに割り当てるリソースの量です。

「記憶域のクォータ」と同じ量を指定します。

以上の情報入力が完了したら「OK」をクリックして、セットアップを完了します。これで、「サイトコレクション」ボックスの一覧に新しい開発者向けサイトのURLが表示されます。

[RELATED_POSTS]

SharePoint Onlineで開発を進めるには

開発を進めるためにはいくつかの方法があります。ここでは、その方法と簡単な概要について説明します。

クラウドアドインモデル

SharePointにはアドインの作成を可能にするクラウドアドインモデルが提供されています。アドインには、リスト、ワークフロー、サイトページなどの SharePoint コンポーネントが含まれます。アドインはスムーズなインストールをアンインストールが可能なので、容易に導入できます。

Web標準を使用したプログラミングモデル

SharePointではWeb開発者によるSharePointソリューションの作成が可能です。 HTML、CSS、JavaScriptなど標準的なWeb技術を基礎にしており、Open Data Protocol (OData) や OAuthなどの使用もできます。

開発ツール

SharePointではクラウドベースの開発ツールであるNapa Office 365に加え、Visio StugioやSharePoint Designerといった開発ツールを利用できます。Visio StugioではSharePointアドイン、Officeアドイン、Officeアドインが含まれる SharePoint アドイン、またはSharePoint によってホストされるOffice ドインを開発できます。

この他にも様々な開発の選択肢があり、目的に応じて活用できます。

まとめ

現在SharePoint Onlineを利用している、またはこれから導入するという企業は、本稿の内容を参考に開発環境をぜひ活用してください。SharePoint Onlineは開発せずとも素晴らしいサービスです。しかし、開発してこそメリットを最大限に引き出せます。

本稿の内容よりもSharePoint Onlineの開発はずっと深いものですので、ぜひ一度利用してみてください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
SharePoint Onlineの開発環境について

RECENT POST「SharePoint」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み