SharePoint Onlineプラン1とプラン2やOffice 365との違い

 2017.07.12  Office365編集部

Office 365の一部として提供されているSharePoint Online。実はスタンドアロンサービス(単体サービス)としても導入できることをご存知でしょうか?プランもニーズに合わせて2つ提供され、情報共有やコミュニケーションとしての基盤を導入することができます。

今回はそんなSharePoint Onlineのプラン1とプラン2の違い、そしてOffice 365との違いを紹介していきます。 

SharePoint Onlineはこんなサービス

違いを比較する前に、SharePoint Onlineについてざっとおさらいしていきましょう。

ファイルを簡単共有

SharePoint Online上に保存されたドキュメントは、他のユーザーと簡単に共有・共同作業することができます。共有範囲を設定することもできるので特定のユーザーとのみ共有することも可能。 

また、外部ユーザーを招待して共有することもできるのでドキュメントを安全に管理すすることができます。

1TBのクラウドストレージ

SharePoint Onlineを導入することでユーザーごとに1TBのクラウドストレージ(OneDrive for Business)が付与されます。全体で共有するドキュメントはSharePoint Onlineに、個人用や特定のユーザーとのみ共有するドキュメントはOneDrive for Businessに保存するといった使い分けも可能です。 

情報共有が加速するチームサイト

チームサイトを作成することでプロジェクトに関連する情報やドキュメントを全て一か所に集約することができます。もちろん、チームサイト上に保存したドキュメントの共同作業なども可能です。

ビジネスメールのExchange Onlineと連携するとメールも共有することができるので、情報共有が加速しプロジェクトの成功を支援してくれるでしょう。

公開用Webサイト作成も可能

豊富なテンプレートを使用すればチームサイトだけでなく公開用Webサイトを作成し、自社ドメインで運用することもできます。依頼すると数十万~数百万円かかるWebサイト制作を最低限のコストで作成できるので大幅なコストカットにつながるのです。

Microsoft製品関連お役立ち資料

アンケート作成で組織の意見を吸い上げる

SharePoint Onlineではアンケートも作成可能。選択肢のメニューや数値のみの入力、自由入力など回答形式を変えることができるのであらゆる内容のアンケートを作成することができます。

SharePoint Online」について詳しくご覧ください!

SharePoint Onlineプラン1とプラン2の違い

それではプラン1とプラン2の料金面・機能面を比較していきましょう。

SharePoint Online プラン1とプラン2の違い

プラン1もプラン2も基本機能はどちらも提供していますが、エンタープライズ検索やコンプライアンス対応など高度な機能をカバーしているのはプラン2になります。

ですのでセキュリティやコンプライアンスの強化を図りたいという企業ではプラン2での導入がおすすめです。

[SMART_CONTENT]

Office 365が提供するSharePoint Online

Office 365の一部としても提供されているSharePoint Onlineですが、実はプランによって提供している機能が違いします。そこで300ユーザー以下向けの上位プランBusiness Premiumと、ユーザー数無制限の上位プランEnterprise E3を比較してみました。

Office 365 BusinessとEnterprise機能比較 

このように、Buisness PremiumとEnterpriseE3で提供しているSharePoint Online機能は基本的に同じですが、詳細まで見てみるといくつかの違いがあります。従ってOffice 365を導入する際はSharePoint Onlineなどそれぞれのサービスで提供している機能の違いまで着目するのが大切です。 

SharePoint Onlineを導入するか、Office 365で導入するか

SharePoint Onlineを導入するためにはスタンドアロンサービスとして導入するか、Office 365で導入するかを選択することができます。ここでおすすめしておきたいのはやはりOffice 365での導入です。

他サービスとの連携で情報共有を強化

Office 365ではSharePoint Online以外にビジネスメールのExchange OnlineやWeb会議システムのSkype for Businssなど、コミュニケーションを加速するサービスが数多く提供されています。

そして、それぞれのサービスはインタラクティブに連携が取れているので情報共有としての基盤をより強化することができます。

Officeアプリケーションを同時に提供

Word・Excel・PowerPoint・Outlookなど、Office 365ではビジネスツールとして必要不可欠なOfficeアプリケーションを同時に提供しています。さらに、利用できるのは最新版のOffice 2016。次期バージョンがリリースされた際もいつでもアップグレードすることができます。

グループウェア機能だけを提供するプランもあり

「Officeアプリケーションはいらないけど、グループウェアだけ導入したいな」という企業のニーズにも対応可能です。Business Essentials(300ユーザーまで)とEnterprise E1(ユーザー数無制限)というプランは、SharePoint Onlineを始めグループウェアとしてのサービスのみをシンプルに提供しています。 

その分月額料金もBusiness Essentialsが540円、Enterprise E1が810円と低コストで導入することができます。 

[RELATED_POSTS]

まとめ

SharePoint Onlineに限らず様々なサービスがスタンドアロンサービスとして提供されていますが、やはりOffice 365でコミュニケーションとしての基盤を強化する方がお得です。各サービスのインターフェースに関しても日本のビジネスマンが馴染みのあるものなので、抵抗なくスムーズに導入することができるでしょう。

Office 365全6つのプランのうちSharePoint Onlineを提供しているのは4プランあるので、自社ニーズに最適なプランを選択し適切な導入を目指してください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
SharePoint Onlineプラン1とプラン2やOffice 365との違い

RECENT POST「SharePoint」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み