SharePoint Onlineを社内ポータルで活用する方法

 2021.02.22  Microsoft 365チャネル編集部

社内ポータルとは組織内のみで共有するWebサイトのようなもので、組織全体や各ユーザーにとって必要な情報を表示したり、業務アプリケーションへ接続するためにハブとして機能します。

Microsoft 365が提供する情報共有スペースのSharePoint Onlineでは、チームサイトという機能によってこの社内ポータルを構築できます。

今回は、そんな社内ポータルを活用するメリットと、SharePoint Onlineで社内ポータルを作成および活用する方法についてご紹介します。

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

社内ポータル活用のメリット

社内ポータルを活用する最大のメリットは、情報共有スペースとコミュニケーションスペースを一つに集約できることから、作業効率のアップやコミュケーションコストの削減を狙える点にあります。

たとえば重要な会議後にその議事録を、参加者と関係者に共有したい場合、作成した議事録をメールにて送信するのが一般的です。しかし、このメールでの議事録共有には、多くの無駄があることにお気づきでしょうか?

まずメールを送信する際のメンバーについて、メールアドレスを表示される順番について考慮しなければなりません。会議の決裁者や担当者を先頭に持っていき、決裁者ではないが重役などのメールアドレスが最後に表示されるようにする。こうしてメールアドレス表示に気を配っても、受信者は意識していない場合がほとんどです。かといって順不同だと気にする人もいるかもしれない。このようにメール一つに気を配ることは想像以上にストレスです。

一方、社内ポータルがある環境なら会議後の議事録作成は資料のアップデートのみで完了します。公開する範囲を特定のメンバーに設定するだけなので、メールアドレスの順番にこだわる必要もありません。従ってコミュニケーションコストが大幅に削減され、議事録作成者の作業効率もアップします。

さらに、議事録を受信した人も大量のメールの中にファイルが埋もれてしまうこともなく、情報整理を素早く行えます。

いかがでしょうか?これはあくまで一例であり、社内ポータルを活用することで、実に様々な効果が組織に合われます。いずれも組織のコミュニケーション力を強化し、生産性を高めることでしょう。

【新しいOffice編】Office365導入のススメ
コンプライアンスを達成するための4つのステップ

SharePoint Onlineで社内ポータルを作る

サイト制作技術を持たない企業にとって、社内ポータル作成はコストがかかります。なぜなら、専用ツールをダウンロードするか制作会社に依頼しなければならないためです。これがMicrosoft 365ユーザーならば、非常に簡単かつ追加費用なしで社内ポータルを作成できます。

数あるMicrosoft 365プランのなかで、Microsoft 365 Business Basic, Microsoft 365 Business Standard, Microsoft 365 E3, Microsoft 365 E5の5つプランでSharePoint Onlineを提供しています。

SharePoint Onlineはそもそもファイル共有スペースなどを提供するサービスであり、同時に社内ポータル作成もサポートしているのです。ここで、SharePoint Onlineで簡単位作る社内ポータルの作成手順を紹介します。 

  • 手順1.
    テナント管理者がMicrosoft 365にサインインして、ページ左上部にあるアプリ起動ツールのアイコンをクリック。SharePointタイルを選びSharePointページにアクセスする。
  • 手順2.
    SharePointページの一番上にある「+サイトの作成」をクリックして、「チームサイト」オプションを選択ぶ。すると、Microsoft 365テナントを使用してチームサイトを作成するための情報入力画面が表示される。
  • 手順3.
    情報入力画面で表示されたらチームサイト名、サイトの説明と必要な情報を入力する。チームサイト名を入力すると同じ名前でサイト専用のメールアドレスとサイトURLが作成され、緑色の文字で「使用可能」と表示されればそのままサイト作成が可能。
  • 手順4.
    サイトの説明欄には、何のためのサイトなのかユーザーに分かりやすく説明する文を入力する。プライバシー設定では組織の全ユーザーがチームサイトにアクセスできるか、あるいは登録さればメンバーのみがアクセスできるかの設定する。
  • 手順.5
    情報入力と設定が完了し「次へ」をクリックしたら、グループメンバーを追加する画面が表示されるため、追加したいすべてのメンバーの名前またはメールアドレスを入力する。入力がすべて終わったら「完了」をクリックして、チームサイトを作成する。
  • 手順6.
    SharePointで作成されたチームサイトに登録されたメンバーのページには、「フォロー中」のサイトとして表示される。そこで目的のサイト名をクリックすれば、チームサイトの表示が可能。

このようにSharePoint Onlineなら大まかに6つの手順で、誰でも簡単に社内ポータルを作成できます。サイト作成のためにHTMLを習得したり、コーディングする必要はありません。

テンプレートを利用してさらに簡単に社内ポータルを作る

ただでさえ簡単なSharePoint Onlineでの社内ポータル作成は、テンプレートを利用することでさらに簡単になります。Microsoftのサポートサイトから、Microsoft 365評価版向けに提供しているサイトテンプレートをダウンロードできます。

あるいは、SharePoint Online内にすでに様々なテンプレートが用意されており、ユーザーをそれらを利用して独自の社内ポータルを作成できます。社内ポータル作成に慣れてきたら、テンプレートの作成にもチャレンジしてみましょう。

予めサイトテンプレートを作っておくと、新しい社内ポータルを作成する際にスピーディに作成できます。

SharePoint Onlineで簡単に、効果の高い社内ポータル作成を

組織規模が大きくなるにつれ、従業員同士のコミュニケーションコストは増えていきます。コミュニケーションコストが増えるということは、生産性の低下につながり、ひいてはビジネスの停滞を招きます。そのため情報共有の重要さを理解している企業は必ず社内ポータルを作成しているものです。

皆さんも、SharePoint Onlineで簡単に、効果の高い社内ポータルを作成してみてはいかがでしょうか?

株式会社ディープコムでは、SharePoint Server 2003時代から培ってきたノウハウに基づき、運用支援から移行サポート、ポータルデザインやアプリ開発に至るまで、SharePointを活用する上で必要なサポートを幅広く提供しています。

SharePoint Onlineの導入・活用を検討されている方は、是非ご相談ください。

Share Point Onlineクイックスタートガイド

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

業務改善とは? 目的や進め方のほかフレームワークについても解説

業務効率化

業務改革と業務改善の違いとは? 改革のメリットや進め方を解説

業務効率化

業務プロセスの可視化とは? 役立つケースやメリットなどを解説

業務効率化

遠隔会議とは? 取り入れるメリットからシステムの選定ポイントまで解説

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


SharePoint Onlineを社内ポータルで活用する方法
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ