SharePoint Onlineで使えるサイトテンプレート8選

 2017.12.27  Microsoft 365チャネル編集部

Office 365が提供するSharePoint Onlineでは、組織の目的に応じてチームサイトを作成し、社内ポータルとして活用できます。作成方法はいたって簡単であり、HTML知識が無くても誰でも作成できるため、サイト制作技術を持たない企業にとって高いコストメリットを発揮するでしょう。

具体的な作成方法については「SharePoint Onlineでサイト作成するポイント」をご覧ください。

今回は、そんなSharePoint Onlineのチームサイトに利用できるサイトテンプレートと、サイトテンプレートを作成する方法について紹介します。

Microsoft Teams ソリューション一覧

SharePoint Onlineで使えるサイトテンプレート8選

1.クラシックチームサイト

クラシックチームサイトは、共有ドキュメント、お知らせ、カレンダー、リンク、タスク、ディスカッション掲示板というシンプルな機能を備えています。最も基本的なサイトテンプレートになるので、SharePoint Onlineで初めてチームサイトを作成する場合におすすめです。

SharePoint Online」について詳しくご覧ください!

ただし、独自の機能を持たせることはできないので、目的に応じてチームサイトをカスタマイズしていきましょう。

クラシックチームサイト (2).jpg

2.ブログサイト

ブログサイトは主に個人で作成するチームサイトであり、社内で活用する場合はビジネスに有用な情報を個人的に発信したりと、組織のリーダーなどが運用すると効果の高いサイトテンプレートです。
ただし、プライベートな発言の場にならないよう、管理者からの監督が必要です。

ブログサイト (1).jpg

3.コミュニティサイト

コミュニティサイトは組織内の人同士が、同じ話題を共有するためのスペースです。共有できる話題はビジネスからプライベートまで様々であり、ビジネスの加速を支援すると共にコミュニケーションの強化も図れます。

コンプライアンスを達成するための4つのステップ
【新しいOffice編】Office365導入のススメ

コミュニティサイトの画像お願いします

4.ビジネスインテリジェンス(BI)センターサイト

BIセンターサイトは、Office 365の上位プランで提供されているBIツールによデータ分析結果などを中心に表示します。ビッグデータ活用が重要視されている昨今、経営者や役員の意思決定に必要な情報を一手に集約してくれます。

BIセンターサイト (1).jpg

5.エンタープライズWiki

組織の情報資産を存分に活用するためには、すべての情報を格納するスペースと検索によるスピーディなアクセスを可能にする環境が必要です。エンタープライズWikiは組織の情報活用に重要な社内Wikiとして機能し、部署を問わず情報の蓄積と閲覧ができます。

エンタープライズWiki (1).jpg

以上5つのサイトテンプレートは、SharePoint Online内ですでにサポートされているものです。これらを利用するにあたって特別にサイトテンプレートをダウンロードする必要はありません。

次に、Microsoftが提供している無料でダウンロード可能な業種別サイトテンプレートを紹介します。

6.営業ポータル

このサイトテンプレートでは営業活動に必要な情報共有を提供します。売上管理表、共有顧客、営業社員リスト、社内連絡表、共有ドキュメントなど様々な情報を営業部門全体で共有可能です。

7.経営予測ポータル

データ分析をもとにした経営が重要になりつつあり、それに応じた情報提供サイトが求められています。経営予測ポータルのサイトテンプレートをダウンロードすれば、損益予測や支出の傾向など、経営者に意思決定に必要な情報を集約できます。

8.情報システム部門ポータル

社内全体のシステムやインフラ、およびセキュリティを管理する情報システム部門では、各技術者が迅速に情報共有する環境が不可欠です。「いつ」「誰が」「どんな対応をしたのか」などの情報が整理されていないと、現場の混乱を招き、業務に支障をきたしてしまいます。

このサイトテンプレートではインシデント管理など情報システムにとって必要な情報を集約できるため、情報システム部門のコミュニケーションに最適です。

これらの業種別サイトテンプレートの他、様々な業種に合わせてテンプレートもダウンロードできます。必要な際は、下記リンクにアクセスして目的のサイトテンプレートをダウンロードしましょう。

[SMART_CONTENT]

独自にサイトテンプレートを作成する方法

SharePoint Onlineでサイトテンプレートを作成する方法は、正確には既存のチームサイトをテンプレートとして保存することを指します。サイトテンプレートを作成しておけば、チームサイト作成の時間を大幅に短縮し、そこからカスタマイズすれがチームサイトごとに特徴を出すことも可能です。

サイトテンプレートを作成するには次の手順に従ってください。

  • 手順1.最上位レベルのサイトにアクセスし「設定(歯車マーク)」をクリックする
  • 手順2.「サイトの設定」をクリックする
  • 手順3.「サイト操作」セクションにて「テンプレートとしてサイトを保存」をクリックする
  • 手順4.「ファイル名」ボックスにサイトテンプレートを保存するファイルのタイトルを入力する
  • 手順5.「テンプレート名」と「テンプレートの説明」ボックスにテンプレートのタイトルと説明を入力する
  • 手順6.「OK」を入力してテンプレートを保存する

以上の手順でサイトテンプレートが作成されます。ちなみに、サイトテンプレートに保持される機能は次の通りです。

≪サイトテンプレートで保持される機能≫

リスト、ライブラリ、外部リスト、データソース接続、リストビュー/データビュー、カスタムフォーム、ワークフロー、コンテンツタイプ、カスタムアクション、ナビゲーション、サイトページ、マスターページ、モジュール、Webテンプレート

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?SharePoint Onlineのサイトテンプレートを使用すれば、誰でも簡単に目的に応じた社内ポータルを作成できます。組織内のコミュニケーション強化のためにも、ぜひ活用してみてください。

Microsoft Officeユーザーのための 最新版 Microsoft Office まるわかりガイド

RECENT POST「製品情報」の最新記事


製品情報

FAQを自動生成する方法とは?自動化するメリットも

製品情報

BEDORE for Microsoft Teamsの使い方ガイド

製品情報

最新鋭の対話エンジンで社内コミュニケーションDXを実現

製品情報

ノンコーディングでアプリ開発!PowerAppsとは?

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


SharePoint Onlineで使えるサイトテンプレート8選
最新版 Microsoft Office まるわかりガイド
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ