SkypeとSkype for Businessの便利な使い分け方

 2019.02.01  Office365編集部

今年4月から「働き方改革関連法案」が順次施行されていくことから、テレワークなどを通じた生産性向上への注目が一層と高まっていますね。働き方改革と関係しているOffice 365のサービスといえばSkype for Businessでしょう。ビジネスユースを想定したWeb会議システムありで、組織内外でのあらゆるコミュニケーションを支援する機能が備わっています。

Web会議」について調べてみよう!

ただし、マイクロソフトでは無料のコミュニケーションツールとしてSkypeを提供しているため「無料で十分なのでは?」と考えるユーザーも多いでしょう。確かに、Skype for Businessではコストがかかりますし、無料で使用できるのならばそれに越したことはありませんね。

しかしながら、SkypeとSkype for Businessには機能面にいろいろな違いがあります。本稿ではその違いと、Skype for Businessを追加する方法についてご紹介します。

SkypeとSkype for Businessの違い

それではさっそく、両ツールの大きな違いをご紹介します。

違い1.コスト

Skype とSkype for Businessの一番大きな違いはやはりコストです。Skype は無料で使用できるのに対して、Skype for Businessではプランに応じた月間コストが発生します。ちなみにSkype for Businessを使用するには単体で契約するか、Office 365を契約するかという2通りの方法があります。具体的な違いについては後述しますのでご確認ください。

違い2.アカウント

違い3.最大接続数

Skypeでの同時接続数は最大で25ユーザーまでです。それに対し、Skype for Businessでは最大250ユーザーでのグループビデオチャットおよび電話会議が行えます。ビジネスシーンでは25ユーザー以上でアイディアを交わし合う機会も多数あるため、Skype ではそうした利用には対応できません。ちなみにSkype for Businessの上位プランとなると、最大10,000ユーザーに向けたブロードキャスト配信が可能になるため、Webセミナーなどにも活用できます。

Microsoft製品関連お役立ち資料

違い4.セキュリティ

企業で使用するにあたって気になるのがセキュリティです。Skype では特別なセキュリティ機能は提供していないため、セキュリティを考慮すればやはりSkype for Businessが必要になります。ちなみに、Skype for Businessには以下のようなセキュリティ機能が備わっています。

通信するユーザーの制限

Skype for Businessでは組織内のユーザーの使用にあたり、次のような制限をかけることができます。

  • 外部ユーザーとの通信を禁止する
  • 指定したドメインとの通信のみ許可する
  • パブリックIM(Skype )との接続を許可または禁止する

多要素認証でのなりすまし防止

Skype for BusinessではアカウントIDとパスワードによってユーザーを区別していますが、それだけでは第三者による不正利用のリスクは無くなりません。そこで、多要素認証(2段階認証)でユーザーを認証することにより、第三者の不正利用を効果的に防止できます。Office 365では多要素認証が標準的に備わっているため、すぐに利用できます。

違い5.機能

Skype for Businessはビジネスユースを想定したWeb会議システムなので、Skypeにはない機能がたくさん実装されています。たとえば画面共有機能を使用すれば、通信しているユーザー全員と自分のデスクトップまたは特定のアプリケーションの画面を共有しながら会議を進められます。録音機能では会議内容をすべて録音することが可能なので、議事録作成が今までよりも簡単になるでしょう。Outlookアプリから直接会議に参加する機能なども備わっており、ビジネスシーンでのコミュニケーションを大幅に効率化できます。

いかがでしょうか?このようにSkypeとSkype for Businessには明確な違いがあり、ビジネユースを想定するのならば、やはりコストがかかってもSkype for Businessを利用する方が高い投資対効果を得られるでしょう。

[RELATED_POSTS]

Skype for Businessを使用するには?

Skype for Businessを使用するためには、Skype for Businessを単体サービスとして契約するか、あるいはOffice 365の特定のプランを契約する必要があります。その特定のプランとは下記の5つです。

Business Essentialsプラン

Officeスイートは付帯しないが、SharePoint OnlineExchange Onlineなどコミュニケーションツールを多数提供するプラン。

Business Premiumプラン

Business Essentialsプランの内容に加えてOfficeスイートのライセンスが付帯したプラン。

Enterprise E1プラン

Officeスイートは付帯しないが、SharePoint OnlineやExchange Onlineなどコミュニケーションツールを多数提供するプラン。ユーザー数無制限で使用できる。

Enterprise E3プラン

上記プランのすべてを内包し、かつコンプライアンス維持のための機能を有している。ユーザー数無制限で使用できる。

Enterprise E5プラン

上記プランのすべてを内包し、かつ高度なセキュリティ機能とデータ分析機能を有している。ユーザー数無制限で使用できる。

以上いずれかのOffice 365プランを契約することでSkype for Businessが使用できます。大切なのは、企業コミュニケーションの目的に応じて適切なプランを選択することです。純粋にコミュニケーション効率だけをアップさせたいのならば、Business Essentialsプランでも十分に効果を発揮しますし、Officeスイートのライセンスが必要ならばBusiness Premiumプランを選択することをおすすめします。その他、コンプライアンス維持やデータ分析など目的に応じてOffice 365プランを選択することで、組織にとってより最適なコミュニケーション環境を手に入れることができるでしょう。

もちろん、Skype for Businessだけを使用したいという場合は単体サービスとして契約することもできるため、総合的な視点から自社にとって適切なサービスを選択してください。 

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
SkypeとSkype for Businessの便利な使い分け方

RECENT POST「Teams」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み