Office 365の高速化で押さえておきたい3個のポイント

 2017.12.01  Office365編集部

インターネット経由で提供されるクラウドサービスに、「応答の遅延」という問題は常に付きまといます。ExcelやPowerPointといったOfficeや、オンラインのコミュニケーションツールを提供するOffice 365も例外ではありません。

生産性向上の見込みがあるとOffice 365を導入した企業の中には、エンドユーザーから「動作が重い」というクレームを受けた企業もいるのではないでしょうか?

Office 365を導入することで、IT管理者の負担は劇的に減り、コンプライアンスを強化できるのは確かです。しかしこれは、あくまで経営視点でのメリットなので、まずはエンドユーザーの声に耳を傾けることが大切ですね。

今回は、そんなOffice 365を高速化する上で押さえておきたいポイントについて紹介します。

Office 365の動作が遅い場合、ほとんどの原因はネットワークにあり

ビジネスシーンで最も利用率の高いアプリケーションといえばOfficeでしょう。Officeは1日の利用時間が長く、必然的にオペレーションの数が多くなるので、クラウドサービスで提供されるOfficeが原因だ、と考える方も少なくありません。

しかし、Office 365が提供するOfficeはローカルに保存され端末上で起動するので、実際には従来のOffice環境をほとんど変わりません。サブスクリプション(月額ライセンス)を確認したり、アップデートのために定期的な通信をすることはあります。しかし、それ以外でネットワークに負荷をかけるような機能はないのです。

そのため、もしもOfficeに原因があるとすれば、Office 365を導入する以前から応答の遅延といった問題があったはずです。Office 365を導入してからそうした問題が発生したのであれば、原因はOfficeではなくネットワークにあります。

Office 365が提供するOffice以外のアプリケーションは、基本的にオンラインで使用するものです。ビジネスメールのExchange Onlineも、ファイル共有のSharePoint Onlineもシステムはオンライン上で稼働し、ユーザーはインターネットにアクセスした上でそれらのシステムを利用します。

従って、Office 365の動作が重いと感じるのは、大方ネットワークが原因なのです。

Microsoft製品関連お役立ち資料

ネットワークのパフォーマンスというのは、帯域幅と待機時間によって決まります。

帯域幅とは1秒あたりのビット数で計測する転送速度で、水道のパイプのようなものとイメージすると分かりやすいでしょう。パイプが太いほど流れる水が多くなるように、帯域幅が大きいほど転送速度は速くなります。

待機時間とはユーザーのリクエストがサーバまたはサービスを経由して、ユーザーのデバイスに到達するまでの時間です。ミリ秒で計測され、早いほどインターネットが快適なことを意味します。

帯域幅と待機時間の他にも、ネットワークのパフォーマンスに影響するものはたくさんあります。しかし、それらのほとんどは予測不可能なものであり、それ故ネットワークのパフォーマンスは常に変動しているのです。

そんな中、快適にOffice 365を利用するためには、不安定なネットワークを回避するための対策が必要です。

Office 365を高速化するポイント

それではここで、Office 365を高速化するためのポイントを紹介しておきます。事前注意として、ネットワークの帯域幅や待機時間がそもそも低かったり、Office 365以外にもネットワークに負荷をかけるような原因があれば、必ずしもここで紹介するポイントで解決するわけではありません。

ポイント1.デバイスに原因がないかを確認する

Office 365はインターネット経由で利用するサービスなので、ネットワークが不安定だと快適に利用できません。しかしそれ以前に、デバイスに原因があるといくらネットワークが安定していても、Office 365の動作は重くなってしまいます。

このため、まずはデバイスに原因がないことを確認しましょう。確認するポイントは次の3点です。

  • デバイスがマルウェアに感染していないか
  • ウイルス対策ソフトが2つ以上インストールされていないか
  • メモリ使用量が限界になっていないか

ウイルスに感染していると、バックグラウンドで不正プログラムが動作している関係から、デバイスが重くなったりします。さらに、ウイルス対策ソフトが2つ以上インストールされている状況も、同じようにデバイスが重くなる原因です。

感染が確認された場合は速やかに排除し、ウイルス対策ソフトが複数ある場合は不要な方をアンインストールしてください。

タスクマネージャからメモリ使用量を確認してみて、使用量が限界になっている場合、ネットワークが原因という以前にメモリを増設する必要があります。

ポイント2.ブラウザのアドオン機能を確認する

ブラウザとはインターネットに接続するためのアプリケーションです。主にInternet ExplorerやGoogle Chromeなどを指します。これらのブラウザには「アドオン機能」というものがあり、ブラウザ利用を快適にするために、様々な機能をインストールすることができます。

ただし、アドオン機能の中にはネットワークパフォーマンスに影響を及ぼすものもあるので注意が必要です。ちなみにアドオン機能は、任意にインストールしなくとも、新しいアプリケーションのインストール時に、同時に導入されてしまう場合もあります。

従って、アドオン機能を追加した覚えがなくとも、一度確認してみましょう。不要なアドオン機能はアンインストールするか、無効にすることをおすすめします。

ポイント3.WAN最適化ソリューションを導入する

安定したネットワークを利用するために最も有効な方法が、「WAN最適化ソリューション」の導入です。これは別称「SaaS高速化ソリューション」ともいわれ、クラウドサービスを導入することが多くなった現在、導入したサービスを快適に利用するためのIT製品として注目されています。

WAN高速化ソリューションはいわば「緩衝材」のような役割があり、各種機能によって通信の流れを滞らせないよう、ネットワークを管理するものです(詳しい仕組みについては割愛します)。

このIT製品を導入したことで、Office 365で20MB程度のファイルをダウンロードした際に、最大で30倍高速化し、帯域幅の消費量を90%以上削減したという結果もあります。

参考:Tech Targetジャパン「Office 365高速化の最適解

[RELATED_POSTS]

まとめ

将来は、Office 365の各種アプリケーションを、ローカルとほぼ変わらない動作で利用できるネットワーク環境が整えられるかもしれません。しかし、企業の現状としてはそれまで待てないので、様々な方法を駆使してOffice 365を快適に利用できる環境を整えましょう。今回紹介したポイントの中でも、メモリの増設は有効かつ簡単にできるので、まずは足元の原因から探ってみてください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office 365の高速化で押さえておきたい3個のポイント

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み