Surfaceマウスの種類や接続できない場合のリカバリ方法とは?便利な機能もご紹介

 2021.09.29  Microsoft 365チャネル編集部

マウスを購入するにあたって、「Surfaceマウス」に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。Surfaceパソコンをお使いの方はもちろん、Bluetoothが利用できるパソコンであればSurfaceマウスを利用できます。

Surfaceマウスを最大限に活かすためには、必要な情報を事前に把握しておくことが大切です。そこで本記事では、Surfaceマウスの機能や使い方、接続できない場合の対処法を紹介します。

Surfaceマウスの種類や接続できない場合のリカバリ方法とは?便利な機能もご紹介

Microsoft Teams Rooms ソリューション一覧

Surfaceマウスとは?種類も紹介

Surfaceマウスは、マイクロソフト社製の人気パソコン「Surface」向けに最適化されたマウスです。Surfaceモデルの多くは、パソコンだけでなくタブレットとしても利用できます。そのため、すべてのモデルがタッチパネル対応している特長があります。

とはいえ、パソコンとして利用する場合には、マウスがあった方が快適でしょう。SurfaceマウスはBluetoothにより接続する方式のため、ケーブルを利用する際の煩わしさがありません。Bluetoothが利用できれば、一部を除きますが、Surface以外のパソコン・タブレットでも利用できます。

Surfaceマウスには、大きく分けると下記の2種類が存在します。

  • Surfaceモバイルマウス
  • Surfaceアークマウス

両者の決定的な違いは、形状と操作方法にあります。「Surfaceモバイルマウス」は一般的なマウスをより薄型にしたような形状で、操作方法は一般的なマウスと同様です。一方、「Surfaceアークマウス」は横から見るとアーチ状になっており、タッチパネル操作となります。

Surfaceマウスの使い方

いずれのSurfaceマウスを使う際にも、Bluetooth接続による対象デバイスとのペアリングが必要です。事前に対象デバイスのBluetoothをONにしてください。また、Surfaceマウスには単4電池が2本セットされている必要があります。

ここではSurfaceモバイルマウス・Surfaceアークマウスで共通となる、Windows10パソコンにおける手動ペアリングの方法を紹介します。なお、ご使用のデバイスやBluetoothバージョンによっては、より手軽な「クイックペアリング」が使用できる場合もあります。

  1. Windowsの[設定]->[デバイス]にアクセスし、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックします。

  2. デバイスの種類で「Bluetooth」を選択します。

  3. マウスの電源をONにします。
    【Surfaceモバイルマウスの場合】
    マウス底面にある電源・ペアリング共通ボタンを1回押します。
    【Surfaceアークマウスの場合】
    マウスをアーチ状に折り曲げれば、自動で電源ONとなります。
    ※使わない時は真っすぐ伸ばすことで自動的に電源がOFFとなり、電池を節約できます。

  4. マウス底面のペアリングボタンを、LEDが点滅し始めるまで(約5秒間)長押しします。

  5. Windows上で、Surfaceマウスが検出されたらクリックします。

  6. 「デバイスの準備が整いました!」と表示されたら、「完了」をクリックします。これで、Surfaceマウスが動かせるようになります。

Surfaceマウスの機能とは?

Surfaceマウスでも、一般的なマウスが持つ下記の機能が利用可能です。ただし、Webページの進む/戻るボタンはありません。

  • 左クリック/右クリック
  • マウスポインター移動
  • スクロール

Surfaceモバイルマウスは、一般的なマウスと同様の操作方法です。Surfaceアークマウスは、操作方法がタッチパネルとなります。

なお、「マウスキーボードセンター」と呼ばれるアプリを使うことで、左クリックなどの動作をカスタマイズできます。マウスの動作設定を変更する場合は、「マウス キーボード センターのダウンロード」から上記アプリをダウンロードしてください。

既に使っている人向け Surfaceマウスが接続されない時の対処法は?

普段使っているSurfaceマウスがBluetooth接続できない場合、いくつかの原因が考えられます。ここでは、こうしたケースへの対処法を3つご紹介します。

  1. パソコンのBluetooth設定を確認する
    パソコンのBluetooth設定がOFFになっていると、当然ながらペアリングが行えません。まずは、Bluetooth設定を確認してください。

  2. Surfaceマウスの電池残量が少なくなっていないか確認する
    十分な電池残量がないと、Surfaceマウスのペアリングが行えない場合も考えられます。そもそも電源がONにならない場合はもちろん、電源ONでもペアリングできない場合は、電池の交換を試しましょう。
    なおSurfaceパソコンの場合は、プリインストールアプリの「Surface」によってSurfaceマウスのバッテリー残量を確認できます。ただしSurfaceモデルやSurfaceマウスのバージョンによっては、正しく確認できない場合もあります。

  3. Surfaceマウスが故障していないか確認する
    上記を試しても原因が見つからない場合、Surfaceマウスの故障も考えられます。この場合は、同一パソコンに他のデバイスをBluetooth接続してみましょう。
    他のデバイスは問題なくペアリングできるのであれば、Surfaceマウスが故障している恐れが強まります。保証期間中であれば、修理に出すことを考えましょう。

まとめ

今回はSurfaceマウスの機能や使い方、接続できない場合の対処法を紹介しました。

SurfaceマウスはBluetooth接続により利用するためケーブルの煩わしさがなく、場所を選ばず使いやすいのが魅力です。その一方で、Bluetooth接続が上手く行えないケースも発生します。その場合には、今回紹介した対処法をお試しください。

また、Surfaceマウスは軽量かつコンパクトで、オンオフ問わず持ち運びやすい魅力もあります。Bluetooth接続が行えるパソコンであれば、Surfaceでなくとも利用可能です。マウスの購入をお考えの方は、ぜひSurfaceマウスを選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

【動画】Asana Future of Work 2022 Summer アジリティ時代に求められる働き方とは

RECENT POST「製品情報」の最新記事


製品情報

Microsoft TeamsにAIチャットを連携! 業務効率化を実現

製品情報

Azure AD とは?

製品情報

ヘルプデスクとは? 業務内容や設置するメリットを解説

製品情報

Microsoft 365 ライセンス体系(概要版)

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Surfaceマウスの種類や接続できない場合のリカバリ方法とは?便利な機能もご紹介
最新版 Microsoft Office まるわかりガイド
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ