SurfaceとWindowsタブレット比較

 2018.02.09  Office365編集部

Microsoftから新たに登場したビジネス向けタブレット「Surface Pro」。前バージョンとなる「Surface Pro4」から改良が加えられ、Microsoft史上最高のタブレットとして導入する企業が続出しています。

本稿では、そんなSurface Proを前バージョンであるSurface Pro4、並びにその他のWindowsタブレットと比較していきます。

Surface ProとSurface Pro4の違いは?

まずはSurfaceの新旧比較から。外観デザインとしてあまり違いが見られないSurface ProとSurface Pro4ですが、実は内部に関してはかなりの改善が見受けられます。

≪Surface ProとSurface Pro4のスペック比較≫

スペック

Surface Pro

Surface Pro4

デバイス寸法

292 mm x 201 mm x 8.5 mm

約292.1 mm x 201.4 mm x 8.4 mm

重量

m3:約768g

i5:約770g

i7:約782g

m3:約766g

i5:約786g

i7:約786g

ディスプレイ

スクリーン: 12.3 インチ PixelSense™ ディスプレイ

解像度: 2736 x 1824 (267 PPI)

縦横比: 3:2

タッチ: 10 点マルチタッチ対応

スクリーン: 12.3 インチ PixelSense™ ディスプレイ

解像度: 2736 x 1824 (267 PPI)

縦横比: 3:2

タッチ: 10 点マルチタッチ対応

メモリ

4 GB、8 GB または 16 GB RAM

4 GB、8 GB、または 16 GB RAM

プロセッサ

第7世代インテル® Core™ m3、i5、または i7

第 6 世代 インテル® Core ™ m3、i5、または i7

セキュリティ

エンタープライズ セキュリティ向け TPM チップ

Windows Hello 顔認証サインインで強固なセキュリティ

エンタープライズ セキュリティ向け TPM チップ

企業の要件を満たすレベルのWindows Hello顔認証サインインによる保護

センサー

環境光センサー

加速度計

ジャイロスコープ

環境光センサー

加速度計

ジャイロスコープ

SSD

128GB、256GB、512GB、または 1TB

128 GB、256 GB、512 GB、または 1 TB

バッテリー

最大約 13.5 時間の動画再生

最大約 9 時間の動画再生

グラフィック

インテル® HD 615グラフィックス(m3)

インテル® HD 620グラフィック(i5)

インテル® Iris™ Plusグラフィックス640(i7)

インテル® HD グラフィックス515(m3)

インテル® HD グラフィックス520(i5)

インテル® Iris™ グラフィックス(i7)

外部端子

フルサイズ USB 3.0 端子 x 1

microSD™ カード スロット

Surface Connect

3.5mm ヘッドセット ジャック

Mini DisplayPort

カバー用端子

Surface Dial のためのオン スクリーン サポート*

フルサイズ USB 3.0

microSD™ カード スロット

ヘッドセット ジャック

Mini DisplayPort

カバー用端子

Surface Connect™ (充電、Surface ドック用端子)

カメラ

Windows Hello 顔認証によるサインイン用カメラ (前面)

5.0MP フロント カメラ (1080p HD ビデオ対応)

8.0MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオ対応)

ステレオ マイク

Dolby® Audio™ Premium 搭載ステレオ スピーカ

Windows Hello 顔認証サインイン用カメラ (正面)

5.0MP フロント カメラ (1080p HD ビデオ対応)

8.0MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオ対応)

ステレオ マイク

Dolby® Audio™ Premium 搭載ステレオ スピーカー

Microsoft製品関連お役立ち資料

Surface Pro のおもな仕様」、「Surface Pro 4 の主な仕様より抜粋

重要な改良点がある部分を赤枠で囲みました。やはり外観や外部端子には特別な違いは見られないものの、プロセッサやグラフィックは次世代のスペックに変更しており、性能が大幅に向上しています。バッテリーに関してはなんと最大4.5時間も延長しているため、外出が多いビジネスパーソンでも問題なく使用できます。

[RELATED_POSTS]

Surface ProとWindowsタブレットの比較

ここでは、Surface Proと同じWindows 10を搭載したHP社の「HP x2 210 G2」、ASUS社の「ASUS TransBook T101HA」を比較対象とします。両製品は価格.comにおいてSurface Proを除き、Windows 10搭載タブレットでは売れ筋ランキングトップとなっています(2018年1月25日現在)。

≪HPとASUSU Windows搭載タブレットのスペック≫

スペック

HP x2 210 G2

ASUS TransBook T101HA

デバイス寸法

タブレット本体:265×173×9.2mm、キーボード装着時:265×183×18.35mm

タブレット:幅261 mm×奥行き175 mm×高さ9 mm

タブレット+キーボードドック: 幅261 mm×奥行き175 mm×高さ20 mm

重量

タブレット本体:約582g、キーボード装着時:約1090g

タブレット: 580 g

タブレット+キーボードドック: 1080 g

メモリ

2GB LPDDR3

4GB LPDDR3

4 GB

プロセッサ

インテル® Atom x5 Z8350プロセッサー(4コア、2MBキャッシュ、1.44GHz-1.92GHz)

インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー

SSD

32GB SSD(eMMC)

64GB SSD(eMMC)

128GB SSD(eMMC)

バッテリー

Mobile Mark 2014測定時 : 11時間

JEITA測定法時(Ver2.0) : キーボード接続時約9.6時間 / タブレット本体 約10時間

グラフィック

インテル HD グラフィックス

インテル HD グラフィックス

外部端子

タブレット本体:USB3.0、USB-C™ 2.0(データ転送と本体充電に対応)、コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック×1、MicroHDMI、ドッキングコネクター(10ピン、マグネット吸着)

USB 2.0 × 1

マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

microHDMI (タイプD)×1

microUSB×1

microSD カードスロット x 1

カメラ

内側:720P WEBカメラ(1280 x 720、固定焦点)

外側:HP True Vision 5メガピクセルFixed Focus カメラ(2592 x 1944、固定焦点)

192 万画素Webカメラ

HP x2 210 G2スペック詳細」、「ASUS TransBook T101HAスペック」より抜粋

価格面の話をすると、Surface Proが11万円台からスタートしているのに対し、HP社タブレットは3円台、ASUS社タブレットは5万円台から購入できます。上記2製品の方が価格面ではかなり安価ですが、やはりスペック面ではSurface Proに大きく劣ります。

ビジネスにおいてどちらの方が有利かというと、やはりSurface Proに軍配が上がるでしょう。ちなみにSurface Proはタブレット製品の顧客満足度調査において、iPadをも凌いでいるため、今後は「ビジネス向けタブレット=Surface Pro」という認識が徐々に強まっていくでしょう。

皆さんは、ビジネスにどのタブレットを取り入れますか?

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
SurfaceとWindowsタブレット比較

RECENT POST「製品情報」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み