Office for iPad 便利な機能

 2019.02.28  Office365編集部

Office for iPadはiPad向けに提供されているOfficeアプリケーション群であり、2014年3月のリリース時は、公開からわずか5時間で米国iPadアプリランキングのトップに立ちました。iPadにはKeynote(プレゼンテーションアプリ)が搭載されていますが、Microsoft Officeとの互換性の問題から、ビジネスユースとしてはあまり定着していません。

本稿ではそんなOffice for iPadの便利な機能についてご紹介しますので、まだ使ったことがないという方nは、この機会にOffice for iPadの魅力を知っていただきたいと思います。

Office for iPadで使用できる機能

まずは、Office for iPadで使用できる機能について、Windows向けのOfficeと比較してみます。

Word

Windows

Office for iPad

コメント表示

コメント追加、削除、変更

変更管理

検索・置換

テーブル作成

画像挿入

図形追加

テキストボックス

ウィンドウの分割

-

マクロ記録

-

マクロ実行

-

スペルチェック

文章校正

-

Excel

Windows

Office for iPad

コメント表示、追加、削除

共同作業

-

-

条件付き書式表示

条件付き書式追加

-

データ入力規則表示

データ入力規則追加

-

外部データ更新

-

表示の拡大レベル

100%または

最終保持状態

150%

表示モードの種類

複数

1

ウィンドウの分割

-

スライサー

-

タイムライン

-

マクロ実行

-

ピボットテーブル表示

ピボットテーブル更新

 

PowerPoint

Window

Office for iPad

オーディオ再生

オーディオ追加

オーディオ削除

スライドショー再生

-

スライド切り替え後の再生

-

スライド切り替え後のバックグラウンド再生

-

トリミング、ブックマーク、フィード

-

コメント表示

コメント追加、削除、変更

-

Microsoft製品関連お役立ち資料

Office for iPadはWindows向けOfficeと比べて一部機能に制限はあるものの、マクロ機能など高度なものを除けばほとんど同じように使用することができますね。Office for iPadの便利な機能といえば、音声認識によるディクテーション(書き取り)です。

ユーザーの中にはiPadでの文字入力は苦手だという方も多いでしょう。キーボードが表示されるとOffice表示画面が狭くなってしまいますし、キーストロークが無いことで打ちづらく、パソコンの作業効率から比べるとやはり効率性が低下してしまいます。そこで、Office for iPadの音声認識ディクテーションを使用すれば、音声での文字入力が可能になるため、iPadでの文字入力が苦手なユーザーでもスマートにOfficeを使いこなすことができます。

Office for iPadは実は無料で使用できる?

Office for iPadはそもそも無料で提供されているアプリケーションなので、AppStoreから自由にダウンロードすることがあります。ただし、無料で使用するには下記の条件を満たす必要があります。

  • ディスプレイが10.1インチ以下であること
  • 商用利用を目的としないこと
  • Microsoftアカウントを取得していること
  • iOSバージョンが11.0以上であること

これらの条件を満たしていると、Office for iPadを無料で使用することができます。ただし、無料版では有料版よりも一部機能が制限されているのでご注意ください。Microsoftアカウントというのは無料で取得できるアカウントであり、Office for iPadの他にOneDriveやOutlook.comなどのサービスも使用できます。下記に、各iPadでのOffice for iPad無料利用可否を表にまとめました。

 

発売日

画面サイズ

Office for iPad無料利用

iPad Pro 2018 12.9inch

2018年11月7日

12.9インチ

×

iPad Pro 2018 11.0inch

2018年11月7日

11.0インチ

×

iPad Pro 2018 9.7inch

2018年3月28日

9.7インチ

iPad mini 4

2015年9月10日

7.9インチ

iPad mini 3

2014年10月17日

7.9インチ

iPad Air 2

2014年10月17日

9.7インチ

10.1インチを越えるiPadの場合、Office for iPadを利用すると読み取り/閲覧専用になるため編集はできません。しかし、Office 365サブスクリプションがあれば、10.1インチ以上の

iPadでもOffice for iPadが使用できるようになります。

Office 365とは?

Office 365とはOffice for iPadは通常のOfficeライセンスを含め、様々なツールを提供するクラウドサービスです。Office 365を導入することで企業は高度なコミュニケーション基盤を整え、情報共有力を高めることができます。

Office 365が提供する7つのプランのうち、Office for iPadを提供しているのは次のプランです。

  • Office 365 Business
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

各プランの違いについてご紹介します。

 

含まれているアプリケーション

月額/1ユーザー

Business

・Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access)

・OneDrive for Business(クラウドストレージ)

900円

Business Premium

Businessが提供するアプリケーションに加え

SharePoint Online(ファイル共有、サイト作成)

Exchange Online(ビジネスメール、連絡先管理)

Skype for Business(Web会議システム)

Yammer(社内SNS)

Microsoft Teams(チーム管理)

・Microsoft Planner(タスク管理)

1,360円

ProPlus

・Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access)

・OneDrive for Business(クラウドストレージ)

・Skype for Business

870円

Enterprise E3

ProPlusが提供するアプリケーションに加え

・SharePoint Online

Exchange Online

・Yammer

・Microsoft Teams

・Microsoft Planner

・容量無制限のストレージ

・最大1万人に向けたブロードキャスト配信

・電子情報開示(コンプライアンス機能)

2,180円

Enterprise E5

Enterprise E3が提供するアプリケーションに加えて

・PowerBI(ビジネスインテリジェンス)

・高度なセキュリティ機能

3,810円

各プランの中から、自社に最適なプランを選択してOffice for iPadを利用しましょう!

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

RECENT POST「製品情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング