Office 365のユーザー管理とその方法

 2018.01.18  Office365編集部

ブラウザ経由でOfficeライセンスや様々なコミュニケーションツールを提供するOffice 365。従来のOfficeライセンスやサーバ製品と違って、Office 365の管理センターにてすべてのライセンスやサービスを管理できるため、IT担当者の負担が一気に軽減するというメリットがあります。

今回は、そんなOffice 365のユーザー管理とその方法についてご紹介します。

Office 365の管理体系とは

Office 365の管理体系や、テナント管理者がアクセスできる管理センターが起点です。管理センターで提供されている機能は次の通りになります。

≪Office 365の管理体系≫

機能

詳細

ダッシュボード

中小企業向けのプランでは設定、ユーザーの追加、サービスの正常性に沿った支払など、標準的な作業を行うためのリンクが表示されます。大企業の場合は、サービスの正常性、お問合せ、メッセージセンターが表示されます。管理センターの各機能へスピーディにアクセスするためのダッシュボードです

セットアップ

Office 365をセットアップするために、基本セットアップと拡張セットアップが用意されています。サービスをすぐに開始するには、基本セットアップを試用してユーザーの作成、Officeアプリの設定、メールの設定、Web会議の構成を行います。

ユーザー

組織のユーザーを作成、更新および削除します。さらにユーザーごとのアクセス権レベルの設定、Officeライセンスの割り当て、またはパスワードのリセットなども行えます。

連絡先

組織全体の共有連絡先を作成および管理します。管理者が予め共有連絡先を作っておけば、組織内のコミュニケーションを促進できるため、設定必須な機能の一つです。

共有メールボックス

共有メールボックスはグループに属しているユーザーがアクセスできる同一のメールボックスです。例えば顧客サポート連絡先に設定しておけば、サポート部の全員が同じメールボックスを確認できます。

グループ

組織のセキュリティグループを作成、管理します。グループを作成すると、複数ユーザーに同一アクセス許可を割り当てられ、セキュリティポリシーを簡単に適用できます。

ドメイン

サーバドメイン名を追加および削除し、DNS設定を表示してドメイン関連の問題のトラブルシューティングを行います。さらに、ドメインを使用して企業のメールアドレスおよびWebサイトアドレスをカスタマイズします。

一般向けWebサイト

GoDaddyやWix.comなど、パートナーが提供するWebHostサービスを使用するか、サブスクリプションを購入した時期によってはOffice 365に含まれるWebサイトエディターを使用して、一般向けWebサイトを作成します。

支払い

組織が現在契約しているOffice 365サブスクリプションを表示し、追加購入やキャンセルが行えます。さらに、年月を指定して過去の請求書を確認したり、個別のユーザーに割り当て済みのライセンス数を確認したりすることもできます。

外部共有

ユーザー向けの外部共有の有効・無効を切り替えます。

サービス設定

メール、サイト、Skype for Business、アップデート、ユーザーソフトウェア、パスワード、コミュニティ、モバイルとユーザーの一般的なサービス設定を変更できます。

レポート

メール、使用法、Skype for Business、SharePoint、OneDrive、監査、保護、ルールなど、すべてのサービスのレポートを表示します。レポートを確認することで、Office 365の利用状況を一目で確認できます。

サービスの正常性

Office 365、Exchange、SharePoint、Skype for Business、Identity、Officeのサービスの正常性を一目で確認できます。

サポート

Office 365利用に関する重要な問題点を素早く表示します。サポートへの連絡もここから行えます。

サービスの購入

Microsoft Social Engagementなどの追加サブスクリプションを購入します。

Message Center

サービスや新機能、重要なアップデートの変更内容が常に通知されるようにします。ユーザーが目にする前に変更内容を知れます。

ツール

解析ツールを使用してサービスの正常性、準備状況、接続性を評価します。

管理者

Exchange、Skype for Business、SharePoint など各サービスの個別の管理センターを開きます。たとえばExchange管理センターではメール、予定表、配布グループなどのセットアップと管理を行います。SharePoint管理センターではサイトコレクション、サイト設定、OneDrive for Businessの作成と管理を行えます。

Microsoft製品関連お役立ち資料

 

Office 365でユーザーを追加・削除する方法

Office 365では自由にユーザーを追加・削除できます。割り当て可能なライセンスがあれば、割り当てや解除も自由に行えるので、組織内のライセンス管理が簡単です。Office 365のユーザー追加に関しては「Office 365のユーザー追加時の考慮点」をご確認ください。

ここでは、Office 365でユーザーを削除する方法について紹介します。

まずは「Office 365にテナント管理者のアカウントでサインインして、画面左上にあるアプリランチャーをクリックし一覧から「管理」を選択します。

管理センターにアクセスしたら「ユーザー」をクリックし、さらに「アクティブユーザー」をクリックしてページを移動します。「アクティブユーザー」ページで削除するユーザー名を指定して、「ユーザーの削除」をクリックします。これでユーザーの削除は完了です。

ただし、ユーザーを削除してもライセンスの支払いは継続しているので、ライセンスを削除したい場合は次の手順に従ってください。

先述した手順で管理センターにアクセスしたら、「課金」「サブスクリプション」の順に選択します。「ライセンスの追加または削除」というページが表示されるので、「ライセンスの総数」ボックスにライセンスを削除した場合の総数を入力します。現在契約しているライセンス数が10個で5個のライセンスを削除したいのであれば。ボックスには「5」と入力します。

最後に「送信」をクリックしてライセンスの削除を完了しましょう。

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?Office 365なら、様々な設定を管理センター一つで行え、ライセンスの追加と削除も非常に簡単です。これは従来のOfficeライセンスやサーバ製品にはなかった機能なので、ライセンス管理について悩んでいるという企業は、ぜひOffice 365導入をご検討ください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office 365のユーザー管理とその方法

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み