Educationって何?誰が使えるのか?

 2018.12.20  Office365編集部

Microsoft 365は2017年11月1に提供開始された、マイクロソフトサービスを包括的に提供するクラウドサービスです。コラボレーションツールのOffice 365、最新OSのWindows 10、それとモバイルセキュリティのEMS(Enterprise Mobility+Security)が含まれています。

数あるプランの中にはMicrosoft 365 Educationは教育機関向けに提供されているソリューションです。本稿ではMicrosoft 365 Educationの概要と、利用するための条件について説明します。

Microsoft 365とは?

そもそもMicrosoft 365とはどういうサービスなのかを説明します。前述の通りMicrosoft 365にはOffice 365、Windows 10、EMS(Enterprise Mobility+Security)が含まれています。これらのサービスと製品は従来バラバラで提供されてきたものであり、Microsoft 365の登場によって統合的に導入できる環境が整いました。

Office 365

ExchangeやSharePoint、Skype for Businessといったお馴染みのサーバー製品をオンライン版で提供し、かつ組織のコミュニケーションが促進される多数の機能を提供するコラボレーションツールです。さらに、ExcelやPowerPointといったMicrosoft Officeのライセンスをサブスクリプションタイプ(定期購買型)で提供し、各Officeアプリケーションを最大15台の端末にインストール可能です。

Windows 10

マイクロソフトが提供する最新OSです。2015年7月の提供開始からすでに3年が経過し、度重なるアップデートによりその機能性をさらに高めています。Windows 10 ProやWindows 10 Enterpriseなど法人向けに複数のエディションと、Windows 10 Educationなど教育機関向けのエディションが用意されています。

Microsoft製品関連お役立ち資料

EMS(Enterprise Mobility+Security)

オンラインでモバイルデバイスセキュリティ管理を実現するツールであり、デバイスの多様化が進むビジネスシーンにおいて、異なる端末の総合的管理が行えます。

Microsoft 365 Educationの場合、これらのサービスに加えてMinecraft Education Editionが含まれています。Minecraft Education Editionは教育現場向けに提供されているMinecraftというゲームです。Minecraftを教育として利用できるように、中央からコントロールする管理機能などが搭載されています。

このMicrosoft 365 Educationを利用するための条件はやはり「教育機関であること」です。

Microsoft 365 Educationのメリット

教育機関でMicrosoft 365 Educationを採用するメリットは、上記で紹介した機能を包括的に導入できること以外にもあります。それが「教職員向けにMicrosoft 365 Educationを導入すると、条件に合致するすべての学生がMicrosoft 365 Educationのアプリケーションやサービスを利用できる」というものです。つまり追加費用無しで学生にもMicrosoft 365 Educationのアプリケーションやサービスを利用させることができます。

ただし、学生向けライセンスの提供には制限があります。まず、スイート製品を購入した場合は、教職員のライセンス数に対して学生ライセンス数は、1:40の割合で提供されます。つまり教職員のライセンス1に対して、学生ライセンス数は上限が40になります。さらに、単品製品を購入した場合は、教職員ライセンス数と学生ライセンス数の割合は 1:15となります。利用の際には、無償の専用型番の発注が必要であり、学生に対しては卒業時の譲渡はありません。加えて、クライアントアクセスライセンスは提供されないので注意しましょう。

Microsoft 365 Education各プランの比較

Microsoft 365 EducationラインナップにはA1、A3、それとA5という3つのプランが提供されています。それぞれの機能を一気に比較します。

 

 

Microsoft 365 A1

Microsoft 365 A3

Microsoft 365 A5

共同作業&ラーニング

Office オンライン: Webベースの文書編集

Office クライアントアプリケーション: Word、Excel、PowerPoint、Outlook

Eメールとカレンダー、インスタントメッセンジャー(IM)、常設チャット、Yammer

ファイルとコンテンツの管理: ファイルストレージ、共有、情報発見、グループ、プランナー

Minecraft:楽しみながら学ぶゲーム学習(コードビルダー使用)

教室用ツール

教室経験を持つMicrosoft Teams、プロフェッショナル学習コミュニティ(PLC)、スタッフチーム

OneNote Class Notebook、Sway

より包括的な教室

ラーニングツール、アクセシビリティ チェッカー、Office Lens

音声、動画&ミーティング

Skype for Business

PSTN(公衆交換電話網)会議、クラウド PBX(構内交換機)

コンプライアンス

法的な保留、eDiscovery の検索とエクスポート

高度 eDiscovery、顧客ロックボックス、高度データガバナンス

分析

Delve

Power BI Pro、MyAnalytics

管理&セキュリティ

Intune for Education

学校データの同期、データ損失防止、Office 365 の権利管理

Office 365 A3: 高度なセキュリティ管理、Skype 会議ブロードキャスト

Enterprise Mobility Suite(EMS)A3: 教育向け Intune、Azure Active Directory P1、Azure 情報保護 P1、高度な脅威分析

Windows 10 Education A1

Windows 10 Education A3: Windows Defender アンチウィルス、デバイス ガード

高度なセキュリティ

Office 365 A5: 高度な脅威予防、脅威インテリジェンス

Enterprise Mobility Suite(EMS)A5: Azure Active Directory P2、Azure情報保護 P2、クラウド アプリ セキュリティ

Windows 10 Education A5: Windows Defender 高度な脅威保護

サーバー& CAL ベネフィット

Exchange、SharePoint、Skype for Business などの生産性サーバー ライセンスおよびクライアント アクセス ライセンス(CAL)

Windows サーバー クライアント アクセス ライセンス(CALs)

システム センター設定マネージャー CML

システム センター エンドポイント保護

法人向けはMicrosoft 365 Enterprise を検討しよう!

いかがでしょうか?今回は教育機関向けに提供されているMicrosoft 365 Educationについてご紹介しました。法人向けプランを導入する場合はMicrosoft 365 Enterprise についての詳細をご確認ください。 

Microsoft 365 Business カタログ

RECENT POST「Microsoft Teams」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング