Microsoft 365のワークロードを可視化する「Enterprise Reporter」とは?

 2021.05.27  Microsoft 365 チャンネル編集部

Microsoft 365を利用する上で、システムワークロードが原因で、必要なときにシステムが利用できなくなり、お困りの方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、Microsoft 365のワークロードを可視化するEnterprise Reporterの特徴やおすすめのソリューションについてご紹介します。

shutterstock_1328946722 (1)

Microsoft 365のワークロードを可視化するEnterprise Reporterとは

Microsoft 365やMicrosoft Azure(以下Azure)などを活用する中で、課題のひとつとして生じてくるのが、無秩序にグループが拡大してしまい、ガバナンスが効いた状態でのシステム運用が難しくなってくることです。

たとえば、「ライセンス管理は適切か」、「どのユーザーがどのような権限を持っているのか」、「誰がどんなリソースにアクセスしているのか」、「各グループやユーザーがポリシーに従って適切に管理・運用されているか」などは、いずれも企業のIT資産を守る上で欠かせない確認事項です。

とはいえ、システム管理やセキュリティ対策を担当するIT部門のタスクは増える一方で、そうした煩雑な作業をこまめに実施するのは難しいというのが、多くの企業における現状でしょう。そこでおすすめしたいのが、Quest社の提供するソフトウェアソリューション「Enterprise Reporter for Office 365」の導入です。

Enterprise Reporterは、Microsoft 365のワークロードやAzureのサブスクリプション、ライセンスを効率的に管理するためのツールです。Enterprise Reporterを活用してワークロードを効率的に管理することによって、ユーザーはリソースを浪費することなく、アプリケーションへアクセスできるようになります。

Enterprise Reporterのメリット

Enterprise Reporterは、Azure、Azure AD、Exchange Online、Microsoft Teams、OneDrive for BusinessといったMicrosoft系プラットフォームにおける重要なIT資産の構成を可視化して、セキュリティとコンプライアンス強化に貢献します。

可視化の具体的な対象としては、各種のユーザー、グループ、ロール、アイテムへのアクセス権の可視化が可能です。これによってシステム管理者は効率的かつ適切なユーザー管理が実現できます。また、Enterprise Reporterはシステムの構成や脆弱性などの可視化やセキュリティ・レポートの出力もできるので、セキュリティ評価にも役立てられます。

Enterprise Reporterでできること

Enterprise Reporterは具体的にどのような機能を搭載しているのでしょうか。続いてはEnterprise Reporterで実行できることについて解説していきます。

セキュリティとコンプライアンス状況の可視化

前述したとおり、Enterprise Reporterはセキュリティとコンプライアンス状況の可視化を可能にします。AzureのIT資産の構成を可視化することで、適切にリソースを利用できるでしょう。柔軟性に優れたセキュリティ・レポートの作成機能も持っており、クラウドサービスのセキュリティを保護し、社内ポリシーや外部の規制のコンプライアンスを遵守したシステム運営の構築に役立ちます。

権限の詳細情報レポート出力

社外秘・部外秘のデータも数多くある中、各種のアイテムへのアクセス権限の管理は企業の情報統制の核となるものです。Enterprise Reporterはこうしたユーザー権限の詳細情報もレポート出力できます。このレポート機能を活用すれば、Microsoft Azure、Azure AD、Microsoft Teams、およびOffice 365環境において、誰がどのリソースにアクセスできるのか完全に把握することが可能です。この機能の実行対象としては、以下の項目が挙げられます。

  • Azure ADのユーザー、グループ、ロール、アプリ、デバイス
  • OneDrive for Business全体の共有ファイル、フォルダ
  • Exchange Onlineのメールボックスとパブリックフォルダ
  • Azureリソース(VM、ディスク、ネットワーク・ セキュリティ・グループ、ストレージアカウント)

Microsoft Teamsの評価

Enterprise Reporterは、Microsoft Teamsの評価にも役立ちます。利用しているMicrosoft 365の環境下にどんなTeamsが存在するのか、そのユーザー構成はどうなっているのか、そしてどのように使用されているかなどを可視化し、レポート出力できるのです。

Microsoft 365運用上の課題として、プロジェクトが終了したあともTeamsがそのまま放置されてしまい、そこで使用されていたデータの情報管理が曖昧になりがちなことが挙げられます。
しかし、Enterprise Reporterのこの機能を定期的に活用してTeamsの状況を可視化することによって、適切な管理が可能になり、無秩序なグループの拡大を阻止するなど、効果的な利用を促進できるでしょう。

これによりワークロードを適切にして、システム負荷を下げることができます。

テナント、サブスクリプション、およびライセンスの可視化

Enterprise Reporterはテナント、サブスクリプション、ライセンス、Azureにホストされるリソースの可視化も可能です。ライセンス管理がしっかり行なえていない場合、たとえば従業員が退職したあともライセンスをそのまま残してしまうといったことが起こりえます。

Microsoft 365をはじめとするクラウドシステムの多くは、ユーザー数に応じたライセンス料を支払って利用するサービスです。実際のユーザー数以上のライセンス保持は、そのまま無駄なコストになってしまいます。また、情報漏えいなどの温床にもなりかねません。

Enterprise Reporter による可視化機能は、Microsoft 365におけるライセンスの割り当てやサービスプランに関する意思決定を最適化するのに役立ちます。

まとめ

ガバナンスを適切に維持しつつMicrosoft 365の運用をするためには、ワークロードを可視化することが有効です。AzureやMicrosoft 365の適切な管理運用を実現するために、ぜひQuest社のツール「Enterprise Reporter for Office 365」の導入をご検討ください。

CTA

RECENT POST「セキュリティ」の最新記事


セキュリティ

IntuneとAzure ADの連携でMicrosoft 365をよりセキュアに!

セキュリティ

Microsoft 365の全情報が集結!Microsoft 365 管理センターとは?

セキュリティ

Microsoft 365のデータ移行とは!?概要やポイントについて解説

セキュリティ

Microsoft 365のバックアップ/データ保護の必要性を解説

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365のワークロードを可視化する「Enterprise Reporter」とは?