徹底解剖!Micorosoft 365 Businessで何が出来る?

 2018.12.11  Office365編集部

昨年11月1日からサービスが提供開始されたMicrosoft 365。この中小企業向けのプランがMicrosoft 365 Businessです。本稿ではこのプランで何ができるのかを徹底解剖していきます!

Microsoft 365 Businessとは?

そもそもMicrosoft 365は、Office 365Windows 10、それとEMS(Enterprise Mobility+Security)を包括したサービスです。

Office 365

Office 365はコラボレーションツールとして提供されているクラウドサービスであり、かつOfficeスイートも同時に利用できるサービスです。電子メールのExchangeやファイル共有のSharePointなど、サーバー製品としてお馴染みのシステムがオンライン版として提供され、かつ組織のコミュニケーションを活発化するためのツールも揃っています。

Windows 10

Windows 10はマイクロソフトが提供する最新OSです。従来のWindowsと違ってセキュリティ性が高く、ビジネスシーンでの利用でも評価されています。

EMS(Enterprise Mobility+Security)

モバイルデバイスを利用する会社にて、新しいワークスタイルの導入や運用を包括的にサポートするサービスです。ユーザー認証、デバイス、アプリ、データといった 4 つのレイヤーを適切に管理、保護することができます。これを実現するために次のようなアプリケーションが提供されています。 

  • ID&アクセス管理:Azure Active Directory Premium
  • ID不正利用管理:Microsoft Advanced Threat Analytics
  • モバイルデバイス管理:Microsoft Intune
  • データ保護:Azure Information Protection Premium
  • アプリ管理:Microsoft Cloud App Security

Microsoft製品関連お役立ち資料

これらのサービスと製品には様々なエディションがあり、Microsoft 365もプランによって搭載されているエディションが違います。Microsoft 365 BusinessではOffice 365 Business、Windows 10 Business、EMS(Enterprise Mobility+Security)が内包されています。

Microsoft 365とOffice 365の比較

従来のマイクロソフトクラウドサービスといえばOffice 365が一般的でしたが、昨年からMicrosoft 365の導入を検討する企業も増えているかと思います。では、Office 365ではなくMicrosoft 365を導入するメリットとは何でしょうか?ここではMicrosoft 365とOffice 365を比較してみます。

 

Office 365 Business Premium

Microsoft 365 Business

価格/月額/ユーザー

1,360円

2,180円

Officeアプリケーション

タブレットとスマートフォン向けのOffice

 

インストール版とWeb版のOfficeアプリ

 

1TBのファイルストレージの共有

コラボレーションツール

50GBのビジネスメールと予定表、連絡先管理

 

オンライン会議、インスタントメッセージ、オーディオ

 

Microsoft Teamsのチャットベースのワークスペース

ビジネスアプリケーション

Outlook Customer Manager、Bookings

 

セキュリティ

                     機能

安全ではない添付ファイル、疑わしいリンク、その他の未知のマルウェアからビジネスを守るのに役立つ添付ファイル スキャンとリンク検査

 

 

情報へのアクセスの制御と管理に役立つ情報保護ポリシー

 

 

私物のモバイル デバイスにある会社のデータを保護するための制御

 

 

"保持、コンプライアンス、アーカイブ" の機能と継続的データ バックアップ (時と場所を問わずアクセス可能)

 

デバイス管理

セキュリティを維持しながら iOS、Android、Windows、macOS のデバイスを管理

 

 

Windows AutoPilot による Windows PC のセルフサービス展開

 

 

シンプルな制御による Windows 10 Pro PC の管理

 

 

Windows 7、8、8.1 Pro から Windows 10 Pro にアップグレード

 

最大ユーザー数

300ユーザーまで

Microsoft 365がフィットする環境とは?

上記比較で分かる通り、Microsoft 365 BusinessはOffice 365 Business Premiumの価格に820円プラスすることで、Officeアプリケーションやコラボレーションツールだけでなく、ビジネス向けに特化された最新OSと高品質なモバイルセキュリティシステムを導入できます。

そんなMicrosoft 365 Businessがフィットする主な環境は、小規模事業者や中小企業でああり、かつ情報システム担当者が少ない・不在という企業です。Microsoft 365 Businessを契約することでビジネスコミュニケーションやセキュリティに欠かせない環境を構築できる上に、システムの管理運用負担がほとんど発生しません。そのため情報システム担当者がいない環境でも軽い運用負担で導入できます。

すでにOffice 365を利用していて、これからOS環境をマイグレーションしたいという環境にもおすすめです。Microsoft 365はOffice 365からの移行に対応しているため、移行がスムーズに行えます。

Microsoft 365 BusinessとEnterpriseの違い

最後にMicrosoft 365のBusinessエディションとEnterpriseエディションの違いをご紹介します。

 

Microsoft 365 BusinessはExcelやPowerPointといったOfficeアプリケーションを提供しつつ、モバイルアプリケーションの管理とWindows 10 Proのリモート管理を有効にして、ウイルスやマルウェアからデバイスを保護するクラウドサービスです。セキュリティポリシーを管理することで、デバイスとデータをシンプルに管理できます。

それに対してMicrosoft 365 Enterpriseはライセンスのコンプライアンスおよびセキュリティ管理の向上を Microsoft 365で実現し、かつこれを300名以上のユーザーで利用できるエディションです。さらに、Microsoft 365 Enterpriseにはビジネスインテリジェンス(BI)や分析ツールなどの追加機能も提供します。

Microsoft 365 Businessを検討しよう!

昨年のサービス提供開始から徐々にMicrosoft 365 Businessを利用する企業が増えています。Microsoftが提供する数々の製品とサービスを包括的に導入することで、より多くのコミュニケーション効率化を手にできます。現在Office 365を導入していたり、Windows 10への移行を計画している場合は、ぜひMicrosoft 365 Businessをご検討ください。

Office 365の「真の力」を引き出すサービスとは

RECENT POST「Microsoft 365」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ハンズオンラボ for Windows Autopilot
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング