Microsoft 365のメールボックス移行とは!?方法やポイントについて紹介

 2021.02.15  Microsoft 365チャネル編集部

組織再編や新規で、オンプレミス環境から、Microsoft 365にメールボックスを移行するケースが増えています。しかし、メールボックス移行の方法やポイントについて適切な理解が進んでいません。本記事では、オンプレミス環境からMicrosoft 365環境へメールボックスを移行する、具体的な方法について詳しく解説します。

New call-to-action

Microsoft 365のメールボックス移行とは

オンプレミス環境からクラウドサービスのMicrosoft 365あるいはOffice 365に移行する場合、ストックしている電子メールも同時に移行しなければなりません。オンプレミスでExchange Serverを使用し、電子メールや予定表、連絡先を保存しているケースもあるでしょう。また、企業の合併や分割、事業の統廃合など組織改編のタイミングで、社内システムネットワークのActive Directoryが変わり、電子メールのリソース管理を変更する必要が出てくることもあります。

Microsoft 365を利用していても、テナント移行に伴い、Exchangeメールボックスを移動する場合もあります。マルチテナントやシングルテナントの違いもあり、Microsoft 365のメールボックスを移行するときは、適切な設定を行うことが大切です。

Microsoft 365のメールボックス移行方法

Microsoft 365のメールボックスに移行する方法は、利用しているホスティングメールサービスの種類やバージョン、メール容量などにより最適な方法が変わります。一般的な移行方法について解説します。

IMAPによる移行

IMAP(Internet Message Access Protocol)を使用したメール移行方法です。IMAPがサポートされているMicrosoft以外のホスティングメールサービスから、Microsoft 365にメール情報を移行できます。

Exchange管理センターやExchange Online PowerShellを使用するGmailやYahoo!メール、Outlookメール、Windows Liveメール(旧Hotmail)などで利用可能です。

ただし、移行に伴っては注意点があります。移行対象となるのは「ユーザーの受信トレイとほかのメールフォルダに表示されている項目」のみです。つまり、連絡先や予定表の項目、タスクは移行されません。

また、メールボックスから移行できる項目数は最大50万件で、日付の新しいメールから順番に移行されます。移行可能なメールのサイズは最大35MBです。

Office 365のすべての課題を克服
New call-to-action

カットオーバー移行(一括移行)

メールボックスの組織全体をMicrosoft 365あるいはOffice 365に移動し、Microsoft 365あるいはOffice 365でユーザーアカウントを管理する方法が、カットオーバー移行です。すべての移行作業を一度で行うため、一括移行とも呼ばれます。

この方法の場合、現在利用しているオンプレミスのExchange組織がMicrosoft Exchange Server 2003以降でなければいけません。それ以前の旧いバージョンは対応していませんので、注意してください。

また、対応可能な総メールボックス数は2,000未満です。ただし、2,000近いユーザーアカウントを移行するとなると、パフォーマンスが大幅に低下し、作業に時間がかかってしまいます。現実的には150人以下のユーザーを目安にした方がよいでしょう。

カットオーバー移行はセットアップ後のタスクが、ユーザーに影響を及ぼす場合があるため、移行計画を入念に行う必要があります。

段階的な移行

オンプレミスメールボックスのバッチを段階的に、数週間から数ヶ月かけてMicrosoft 365あるいはOffice 365に移行する方法です。時間をかけて丁寧に移行させ、最終的にメールボックスの組織全体を移動させたい場合におすすめです。ソースメールシステムがMicrosoft Exchange Server 2003、またはMicrosoft Exchange Server 2007を利用している場合、メールボックス数が2,000を超える場合に適しています。

なお、Microsoft Exchange Server 2010やMicrosoft Exchange Server 2013は、段階的な移行はできません。その場合は一括移行、あるいはハイブリッド展開を検討してください。

ハイブリッド展開

現在使用しているオンプレミスのExchange組織の社内管理制御を、クラウドまで拡張し、充実した機能が利用可能な方法です。オンプレミスのExchange組織と、Exchange Onlineを単体のExchange組織のように見せることができます。ハイブリッド展開はオンプレミスのExchange組織から、Exchange Onlineに移行する際の経過的措置として活用され得ます。

社内Exchange組織をハイブリッド展開することにより、Exchange Online組織間で安全にメールを送受信しつつ、ドメイン名を共有できます。アドレス帳や空き時間情報、予定表を共有し、メール送受信の制御を集中管理で行います。

加えて必要に応じて、社内Exchange組織のメールボックスをExchange Online組織に移動したり、Exchange Online組織のメールボックスから社内組織に戻したりすることも可能です。

サードパーティを利用した移行

Microsoft以外のサードパーティから入手したメールプラットフォームを利用する方法です。オリジナルのプロトコルやアプローチを使用し、社内Exchange組織のメールを移行できます。主なサードパーティの移行ツールとパートナー企業は以下のとおりです。

バイナリーツリー

クロスプラットフォームメッセージの移行サポートと、共存ソフトウェアを提供するプロバイダーです。IBM Lotus NotesやMicrosoft SharePointをベースに、オンプレミスとオンラインでメール移行を可能にします。

BitTitan

Microsoft 365あるいはOffice 365で、Exchange Onlineに移行するソリューションのプロバイダーです。小規模な移行に便利で、大規模で複雑な移行にも耐える十分なセキュリティを備えています。

CodeTwo

同じくMicrosoft 365あるいはOffice 365に移行するソリューションのプロバイダーです。すべてのデータを一度で、またはバッチ処理で転送し、移行プロセスを自動化することが可能です。

Quadrotech

同じくMicrosoft 365あるいはOffice 365に移行するソリューションのプロバイダーです。データの整理・圧縮により移行を迅速に行うことが可能です。

まとめ

オンプレミス環境からMicrosoft 365にメールボックスを移行する場合、利用しているホスティングメールサービスの種類やバージョン、メール容量などにより最適な移行方法が異なります。本記事で、Microsoft 365のメールボックス移行について概要を把握し、自社のシステム環境に合った最適な移行方法を選択していってください。


RECENT POST「運用管理」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365のメールボックス移行とは!?方法やポイントについて紹介

RANKING人気資料ランキング