Microsoft Teams Web版とは?初心者でもわかるように徹底解説

 2021.10.28  Microsoft 365チャネル編集部

Microsoft Teams Web版は、意思疎通を図るツールであるMicrosoft Teamsのブラウザで活用できるバージョンです。本記事では、手軽に画面共有を施したい社員向けに、Web版の概要やアプリ版との相違点、活用方法について解説します。これらを参考にして、Web版の導入と業務の効率化を目指しましょう。

Microsoft Teams Web版とは?初心者でもわかるように徹底解説

Microsoft Teams ソリューション一覧

Microsoft Teams Web版とは

まず、「Microsoft Teams」とはマイクロソフト社が開発した、意思疎通を図るツールです。組織内や部署内でチャット・オンライン会議を行ったり、ファイル・スケジュールを共有したりする機能を備えています。Microsoft Officeのクラウド版である「Microsoft 365」との連携に優れている点が、ほかの意思疎通ツールと比較した際の大いなるメリットです。

Microsoft Teamsには、端末に専用アプリをインストールするアプリ版のほかに、Web版も用意されています。「Microsoft Teams Web版」は、ブラウザでMicrosoft Teamsへのアクセスできるタイプです。

Web版を活用すれば、専用アプリがインストールされていない端末でも、Microsoft Teamsの主要な機能を扱えます。アプリをできるだけ端末にインストールしたくなかったり、ほかの人から借りた端末で、一時的にMicrosoft Teamsを活用する必要があったりする際に便利です。

対応デバイス

「Windows PC」「Mac OS」「Linux」であれば、アプリ版・Web版ともに活用できます。各OSに関するMicrosoft Teamsの主なハードウェア要件は以下の通りです。なお、アプリ版・Web版ともに、ハードウェア要件の内容は変わりません。

  • 【Windows PC】
    CPU:1.1 GHz以上、2コア
    メモリ:4.0 GB RAM
    ハードディスク:3.0 GBの空きディスク容量
    ディスプレイ:1024 x 768の画面解像度

  • 【Mac OS】
    CPU:インテル® Core Duoプロセッサー
    メモリ:4.0 GB RAM
    ハードディスク:1.5 GBの空きディスク容量
    ディスプレイ:1280 x 800以上の解像度のモニター

  • 【Linux】
    CPU:1.6 GHz以上(32ビットまたは64ビット)、2コア
    メモリ:4.0 GB RAM
    ハードディスク:3.0 GBの空きディスク容量
    ディスプレイ:1024 x 768の画面解像度

モバイル端末(Android OS/iOS)は、残念ながらWeb版に対応していません。モバイル端末では、アプリ版を活用する必要があります。

対応ブラウザ

Web版は、対応OSの以下ブラウザに対応しています。

  • Microsoft Edge、RS2以降(送信共有を除き、完全対応)
  • Google Chromeの最新バージョンおよび、その前の2バージョン(完全対応)
  • Safari 14+(1:1の通話は非サポート、それ以外は完全対応)
  • Safari 13.1+(1:1の通話は非サポート、ビデオ通話は着信のみサポート)

一方、「Firefox」や「Internet Explorer」には、残念ながら対応していません。

利用料とアカウント

Microsoft Teamsは無料版と有料版に分かれており、無料版は有料版と違って、機能が制限されています。有料版はBusiness Basicプランの場合、1ユーザーあたり540円/月で活用できます。

無料版で制限されている、主な機能を以下にまとめます。

【無料版の主な制限内容】

  • 会議の長さ:最大60分まで(有料版は24時間)
  • 会議の参加者数:最大100人(有料版は300人)
  • チャットでのファイル添付:ユーザーごとに2GB(有料版はユーザーあたり1TB)
  • ストレージ:全チームで10GB(有料版は組織全体で1TB、ライセンスごとに10GB)
  • SLA:なし(有料版は99.9%保証、返金制度あり)

そのほかにも、会議のレコーディングやウェビナーの開催、OneDriveでの個人用ファイルストレージ共有、Microsoft 365の追加サービス、デスクトップ版の「Outlook」「Word」「Excel」「PowerPoint」、スケジュール管理、ユーザーとアプリを管理するためのツールなどが不可となっています。

また、24時間無料の電話やWeb上のサポートが受けられるのは、有料版の利用ユーザーのみとなります。Microsoftアカウントは無料で作成できますが、会議に招待されて参加する場合、アカウントは必要ありません。

※現在は、新型コロナウイルス感染流行中につき、当面の間は無料版でも、会議の長さを30時間までに延長、会議の参加者数を最大300人に拡大されています。

「Coo Kai 活動分析」
「Coo Kai 運用支援サービス」

Teams Web版の利用方法

Web版は下記URLへアクセスすると、サインイン画面が表示されるので、MicrosoftアカウントのユーザーIDとパスワードを入力して、ログイン作業を完了させてください。ログインできたら、Microsoft Teamsの管理画面にて、各種機能を活用できます。

https://teams.microsoft.com/

アプリ版とWeb版の違い

アプリ版とWeb版に大きな相違点はありません。チャットやオンライン会議などの主要な機能について、いずれのバージョンでもほぼ同様に扱えます。

ただし、背景の変更やぼかしなどの一部機能は、アプリ版のみとなり、Web版では設定できません。

画面共有の方法 パソコンの場合

Microsoft Teamsでは会議中に、代表者の画面全体やウィンドウ、ファイル、PowerPointホワイトボードなど、あらゆるコンテンツを共有して、参加者と一緒に閲覧できます。そのため、お互いに同じデータや情報を参照しながら、会議をスムーズに進められます。

画面共有開始・終了

画面共有したい場合の手順は、以下の通りです。

  1. 画面右上にある会議コントロールで、「コンテンツの共有」をクリック
  2. 共有する内容を「画面全体」「ウィンドウ」「ファイル」「PowerPointホワイトボード」から選択
  3. 共有を終了するときは、会議コントールで「共有の停止」をクリック

また、画面共有中に、YouTube動画やプレゼンテーションに搭載されている音声なども、併せて共有できます。その場合、「コンテンツの共有」をクリックするときに、パソコンの音声を共有するよう指定してください。これによって、パソコンから流れるすべての音声が、参加者間で共有されます。

共有できるコンテンツ

Microsoft Teamsの画面共有機能で、ほかの参加者と共有ができる種類は、以下の通りです。

  • 画面:自分の画面上のすべてを表示
  • Power Point Live:Power Pointのプレゼンテーション
  • Microsoft Whiteboard/Freehand by Invision:参加者が一緒にスケッチできるホワイトボード
  • ウインドウ:開いている特定のアプリのように開いているウィンドウ

このようにMicrosoft Teamsでは、さまざまなコンテンツを参加者間で共有し、会議を円滑化させます。

共有コンテンツの拡大表示

Microsoft Teamsでは画面の共有中に、共有コンテンツを拡大・縮小表示の設定ができます。Web版での具体的な操作方法は、以下の通りです。

  • 「Ctrl」+「+(プラス)」、または「Ctrl」+「-(マイナス)」を押す
  • トラックパッドを使っている場合は、トラックパッドをピンチアウトする
  • 「Ctrl」を押しながら、マウスホイールを上下にスクロールする

Microsoft Teamsの機能や設定を上手く使いこなして、参加者全員にとって快適と思える会議を実施し、業務の効率化につなげていきましょう。

まとめ

Microsoft Team Web版を導入すれば、ブラウザでも同様にTeamsの主な機能を活用して、意思疎通や画面共有が快適になります。画面のほかにも、Power Pointやホワイトボード、ウィンドウ、音声なども共有できます。無料版では制限されている機能が複数ありますが、自社に必要な機能を確認して、会議に活用しましょう。

Teamsの活用術 5選

RECENT POST「業務効率化」の最新記事


業務効率化

経済産業省のDX推進指標とは?内容と活用方法を徹底解説!

業務効率化

Microsoft Teams Rooms 便利な機能と使い方

業務効率化

Microsoft Teams Rooms ライセンス価格の早わかり

業務効率化

Microsoft Teams Rooms のおすすめデバイスをご紹介

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft Teams Web版とは?初心者でもわかるように徹底解説
できる Microsoft 365 管理編
ブログ購読のお申込み
デジタルトランスフォーメーション チャンネル
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ