Office for Macとは?Windows版の違いを解説

 2018.09.08  Office365編集部

今回ご紹介するのはOffice for MacとWindows版の違いについてです。2018年後半にはマイクロソフトからOfficeスイートの最新版となる、“Office 2019”がリリースされます。このOffice 2019ではWindows版とMac版が一本化されることで話題が集まっています。まずは、これまでのOfficeスイートのリリースを振り返ってみましょう。

Mac向けOfficeスイート

年号

Windows向けOfficeスイート

1996年

Office 97

Office 98 Macintosh Edition

1998年

1999年

Office 2000

Office 2001 for Mac

2000年

Office v. X for Mac

2001年

Office XP

2003年

Office 2003

Office 2004 for Mac

2004年

2006年

Office 2007

Office 2008 for Mac

2008年

Office for Mac 2011

2010年

Office 2010

2013年

Office 2013

2014年

Office Premium

Office 2016 for Mac

2015年

Office 2016

Office 2019 for Mac

2018年

Office 2019

こうし振り返ると、Office for MacとWindows版Officeが2回連続で同時リリースされるのは初めてのことです。これまでは別々のアプリケーションとして提供されてきたOfficeも、同じプラットフォームでの開発を想定して提供されるということですね。

Office for Macってどんなアプリケーション?

Office for Macは当然ならが、Mac端末向けに提供されているOfficeスイートです。Windows版との最大の違いは提供しているアプリケーションにあります。Office for MacにはAccessとPlannerというアプリケーションが提供されていません。

Accessとは

Accessはデータベースを作成するためのアプリケーションであり、これを使用すると顧客データベースや商品データベースなどを簡単に作成できます。Excelとは違いデータを構造的に管理するために最適で、かつ必要なデータを素早く抽出できます。

Plannerとは

Plannerはチーム内でのタスク管理を行うためのアプリケーションです。タスクを追加したり変更したり、それらをチーム内で共有することで作業効率がアップし、かつコミュニケーションも円滑になります。

AccessとPlannerはユーザーによって使用するかどうかがハッキリと分かれるアプリケーションですので、使用するシーンが無い場合はOffice for Macでも十分ビジネスで活用できます。ただしOffice 2019がリリースされればOffice for MacでもAccessとPlannerをサポートする可能性はあります。

Microsoft製品関連お役立ち資料

Office 365ならフルアプリケーションを活用できる

MacユーザーがOfficeスイートを使用するにあたって選択肢は2つあります。一つはOffice for Macのライセンスを購入する方法。もう一つはOffice 365のサブスクリプションを契約する方法です。

Office 365とはマイクロソフトが提供するクラウドサービスでありMacユーザーでもOfficeスイートのすべてのアプリケーションを使用できます。さらに、次のようなコミュニケーションツールを提供しています。

Exchange Online

ビジネスメールの定番製品Exchangeのオンライン版。独自ドメインでメールの送受信や、クライアントアプリのOutlookと連携してスケジュール管理が可能。

SharePoint Online

ファイル共有スペースとして機能し、社内のファイル共有サーバーを設置する必要が無くなる。さらにサイト作成機能によって社内ポータルサイトや外部公開用Webサイトを簡単に作成できる。

Skype for Business

Web会議システムとしてビジネス向けに提供されているアプリケーション。遠方とのコミュニケーションを効率化し、コスト削減にもつながる。インスタントメッセージ機能を備えているので、素早いコミュニケーションにも最適。外部ユーザーの招待も可能。

OneDrive for Business

1ユーザーあたり1TBの大容量ストレージを持つアプリケーション。SharePoint Onlineと連携して個人でのファイル共有とチームや組織でのファイル共有を簡単に切り替えられる。

Yammer

社内SNSとして提供されているアプリケーション。Exchange Olineとは違いフラットなコミュニケーションを可能にし、コミュニティを作成することで情報共有力を強化する。

Microsoft Teams

Office 365で提供されている数々のアプリケーションの重要な機能を一ヵ所に集約するためのサービス。機能はユーザーごとにカスタマイズでき、チームごとにコミュニケーションスペースを作成することが可能。各アプリケーションにアクセスすることなくOffice 365の機能の数々を使用できるためコミュニケーションが迅速化。

Microsoft StaffHub

管理者がチームメンバーのタスクとスケジュールを総合的に管理するためのアプリケーション。さらに、メンバーが効率良く仕事を遂行するために資料やトレーニング用のコンテンツを届けることも可能。

Office 365ならばMacユーザーでもこれらのアプリケーションをフル活用できるのが大きなメリットです。

 [RELATED_POSTS]

Office 365の価格

では、Office 365を利用するにあって月額料金はいくらかかるのでしょうか?まずOffice 365にはぜんぶで7つのプランがあります。 

  • Office 365 Business Essentials
  • Office 365 Business
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

これらプランの価格と詳細を表にしてご紹介します。

ライセンスタイプ

以上のようにOffice 365はプランごとに使用できるアプリケーションと提供される機能の範囲が違います。

[SMART_CONTENT]

Office 365の各プランを選ぶ際のポイント

Office 365では全部で7つのプランを提供していますので、企業にとって最適なプランを選ぶことが大切です。ここではそのポイントについてご紹介します。

MacユーザーとWindowsユーザーがいる場合

社内のMacユーザーとWindowsユーザーが混在しており、かつOfficeスートを効率良く管理したい場合はOffice 365の各プランのうち、OfficeスイートのサブスクリプションをサポートするBusiness、Business Premium、ProPlus、Enterprise E3、Enterprise E5がおすすめです。

Office 365のOfficeスイートサブスクリプションはユーザーのプラットフォームに限らず、総合的に管理できるため、管理を大幅に効率化できます。

Officeスイートだけをシンプルに使用したい場合

Office 365のうちOfficeスイートをシンプルに提供しているプランはBusinessとProPlusです。2つのプランの違いは最大ユーザー数とSkype for Businessの有無にあります。Businessで使用できる最大ユーザー数は300名であり、ProPlusではユーザー数が無制限になっています。さらにProPlusではSkype for Businessをサポートしているのでコミュニケーションをさらに効率化できます。

このように、Office 365でもプランによって利用シーンが違うため、まずは現状整理をすることが大切です。組織のコミュニケーションを活発化するために必要なアプリケーションは何か?Officeスイートは必要か?現状課題は何か?これらを整理し、Officeアプリケーションを促進するために必要なプランを見極めましょう。

Office 365ならば、MacユーザーもWindowsユーザーも等しく同じ環境を使用できます。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード

ビジネスをスマートに実現する 企業のためのOffice 365 賢い買い方ガイド
Microsoft Officeユーザーのための Office 365まるわかりガイド
Office for Macとは?Windows版の違いを解説

RECENT POST「Office 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み