Office 365 Businessとは?

 2019.08.29  Microsoft 365チャネル編集部

Office 365で提供されている数あるプランの中でも、高い人気を集めているのが「Office 365 Business」です。同プランにはどういった特長があるのか?どういった企業におすすめなのか?気になる疑問を解消していきます。

Office 365 Businessってどんなプラン?

Office 365はマイクロソフトが提供するクラウドサービスの1つであり、組織内のコミュニケーションを円滑にするための多数のアプリケーションと、ExcelやPowerPointといったOfficeアプリケーションを使用するためのライセンスを提供しています。その中で、Office 365 Businessは次のような特徴を持っています。

使用できるアプリケーション

  1. Word
  2. Excel
  3. PowerPoint
  4. Outlook
  5. OneNote
  6. Access
  7. Publisher
  8. OneDrive for Business
  9. Office Online
  • 最大300ユーザーで使用可能
  • 24時間年中無休の電話およいWebサポート
  • 他のBusinessプランとの互換性

Office 365 Businessのポイントを解説

Office 365 Businessについて理解する上で欠かせないポイントについて解説します。

マルチデバイスユーザーに最適

Office 365 Businessは3つあるBusinessプランのうち、Officeアプリケーションのライセンスが付帯するプランです。同プランを使用しているユーザーはWord、Excel、PowerPointをはじめとした7つのOfficeアプリケーションをフルで利用できます。インストール可能台数はパソコン・Macに5台、スマートフォンに5台、タブレットに5台の、最大15台にOfficeアプリケーションをインストールできます。

最近ではマルチデバイスユーザーが多く、使用している環境もWindowsやMac、AndroidやiOSなど多様化しています。ユーザーが保有するすべてのデバイスにOfficeアプリケーションをインストールするには十分過ぎる台数であり、ライセンスを気にする必要もありません。

最大300ユーザーまで使用可能

Office 365 Businessを含む3つのBusinessプランは、中小企業向けの安価なプラントなっています。同プランも、前述した複数のアプリケーションを利用できて月額たったの900円(1ユーザーあたり、年間契約)なので、年間にしても10,800円です。ただし、最大で使用できるユーザー数は300名となっています。

Microsoft製品関連お役立ち資料

300ユーザー以上でOffice 365を契約する場合は、大企業・中堅企業向けのプランのうちOffice 365 Businessに類似した「Office 365 ProPlus」を契約する必要があります。この場合、プラン料金と提供されるアプリケーションに若干違いがあるため注意しましょう。

個人用ストレージが1TB付く

Office 365 Businessには組織的にファイルを管理するためのSharePoint Onlineは付きません。ファイル共有スペースを確保するためには、個別にファイルサーバーやクラウドストレージを容易する必要があります。ただし、個人用ストレージがユーザーごとに1TBも付くので、作成したファイルの保存容量に困ることはありません。

既にSharePoint Serverを構築している場合などは、OneDrive for Businessと連携することもできますので、そうしたユーザー企業からすればOffice 365 Businessを契約するメリットが大きくなります。

サポート期限が無い

Office 365 Businessに限った話ではありませんが、サポート期限という概念がないためIT管理担当者はアプリケーションのアップデートやサポート対応に思慮する必要がありません。今までサポート対応などに費やしていた労力を他の場所に注ぎ込むことができるので、会社のIT戦略をより大きく推進させることができるでしょう。

加えてアプリケーションごとの機能やデザインは常に更新されているので、継続的に利便性が向上するアプリケーションの数々を使用できます。

他のBusinessプランとの比較

Office 365のBusinessプランには、他にも「Office 365 Business Premium」と「Office 365 Business Essentials」があります。ここで、Office 365 Businessとの違いを明確にしていきましょう。

Office 365のBusinessプランの比較

 

Business

Business Premium

Business Essentials

月額/1ユーザー

900円

(年間契約)

1,360円

(年間契約)

540円

(年間契約)

Word

Excel

PowerPoint

Outlook

OneNote

Access

Publisher

インストール可能台数

パソコン・Mac5台

スマートフォン5台

タブレット5台

パソコン・Mac5台

スマートフォン5台

タブレット5台

スマートフォン5台

タブレット5台

OneDrive for Business/1TB

メールボックス/50GB

SharePoint Online

Exchange Online

Skype for Business

Microsoft Teams

Outlook Customer Manager

Microsoft Bookings

Microsoft Planner

このように比較すると、同じBusinessプランであっても大きな違いがあることが分かります。改めて、Office 365 BusinessはOfficeアプリケーションを利用するためのライセンスを主体としたプランだと言えるでしょう。Officeアプリケーションのライセンスは不要というユーザーに関してはOffice 365 Business Essentialsを、ライセンスもコミュニケーションツールも必要だというユーザーに関してはOffice 365 Business Premiumを使用するのがおすすめです。

Office 365 Businessのメリットとしては、ビジネスを行う上で必ず必要になるOfficeアプリケーションのライセンスコストを削減できるという点です。Officeアプリケーションを利用する場合、パッケージ版ライセンスを購入することも多いですが、エディションによって40,000円前後~60,000円前後のコストがかかります。

一方、Office 365 Businessは1年間使用しても10,800円なので、パッケージ版ライセンスを4年間使用したのと同じ料金設定です。その間に新しいディションが登場し、再度ライセンスコストがかかるためOffice 365 Businessを使用する方が結果的に安くなるのです。この機会に、Office 365 Businessをぜひご検討ください。

Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイドをダウンロード
Office 365 Businessとは?

RECENT POST「Microsoft 365」の最新記事


FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365 ハンズオン体験セッション(1枠一社限定開催)
Office 365 最新サービス体験型学習講座
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み