iOS版 Office 365とは?通常盤Office 365との違い

 2019.01.10  Office365編集部

従来、iOSユーザーはMacユーザーにとってはOffice利用環境が整えられていなかったため、Windowsユーザーに比べてOfficeアプリケーションの使い勝手が悪かったという難点がありました。しかし最近では、Office 365の登場やOffice for Macの充実化によって、iOS環境やMac環境でも快適にOfficeアプリケーションが利用できるようになっています。

本稿では、iOS版のOffice 365と通常版のOffice 365では何が違うのかについてご紹介します。

iOS版Office 365とは?

Office 365はMicrosoftが提供するクラウドコラボレーションサービスです。ビジネスメールのExchange Onlineやファイル共有およびサイト作成のSharePoint Online、さらにWeb会議システムのSkype for Businessなど様々なコラボレーションツールと共に、Officeスイートをフル活用できるサブスクリプション(定期購入型のライセンス)が付帯しています。

このOffice 365のiOS版とは一体何か?実は、iOSに向けて個別にOffice 365が提供されているわけではなく、Office 365のサブスクリプションを契約していることで、iOS向けに提供されてるOffice 365アプリケーションを無料で取得・利用することができるということです。iOS向けのOffice 365アプリケーションでは、次のアプリを提供しています。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Microsoft Teams
  • OneDrive
  • Skype for Business
  • Sway
  • Office Lens
  • Yammer
  • Delve

Word、Excel、PowerPointに関しては説明不要でしょう。これらのアプリケーションを利用し、iPhoneやiPadでドキュメントを作成したり、編集することができます。この3つのアプリケーション以外について解説していきます。

Microsoft Teams

Office 365で提供されている数々のコラボレーションツールの主要機能を1ヵ所にまとめられるアプリケーションです。ユーザーは独自に機能をカスタマイズすることで個人やチームに必要なコミュニケーションを実現できます。

OneDrive

Office 365で提供されているオンラインストレージです。ローカルと連携することでオフラインでも利用でき、ファイル管理が効率化し、外部ユーザーとのファイル共有も可能になります。

Skype for Business

ビジネス向けのWeb会議システムとして提供されているアプリケーションです。遠方との相手と気軽にコミュニケーションを取ったり、複数人でミーティングを開くこともできます。さらにインスタントメッセージで素早いコミュニケーションが実現できます。

Microsoft製品関連お役立ち資料

Sway

Office 365で提供されているレポート作成ツールです。テキストと画像を挿入するだけでレイアウトが自動的に生成され、魅力的なレポートを作ることができます。

Office Lens

カメラで撮影したホワイトボードやドキュメントの写真をトリミングし、補正して文字を読めるようにできます。ファイルはOneNoteに保存されます。

Yammer

社内SNSとして利用できるコラボレーションツールです。メールやインスタントメッセージよりもフラットなコミュニケーションを実現し、イノベーションが生まれる場所として活用できます。

Delve

組織内のドキュメントを素早く見つけることができます。Delveがあれば組織中のデータを瞬時に検索できるため、さらに業務効率をアップできます。

Office for iPadとの違い

iOS向けのOffice 365に類似したアプリケーションとしてOffice for iPadが提供されています。ここでのその違いについて明確にしておきましょう。

Office for iPadはMicrosoftが提供するOfficeアプリケーションをiPadで利用できるサービスです。iOS向けのOffice 365と異なる点はOffice 365サブスクリプションを必要とせず、個別のライセンスを購入することで使用できることです。利用できるOfficeアプリケーションはWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteの5つです。そんなOffice for iPadの特徴は次の通りになります。

OfficeドキュメントをiPadに直接保存できる

Word、Excel、PowerPointで作成したドキュメントをiPad上に直接保存することができます。なので電波が届きづらい工場や山岳地帯でも、事前にiPadにドキュメントを保存しておけば資料の閲覧・編集が簡単に行えます。

インターフェースがiPad用に進化している

Office for iPadのインターフェースはiPadに特化しています。iPadの液晶はパソコンよりも小さく、タッチパネルという特性上操作感が劣ってしまいます。そのためOffice for iPadはOffice 2013とOffice 2016のリボンUIを踏襲しつつも、iPadにより適したシンプルなインターフェースに仕上がっています。

たとえば表示機能が少し削られている反面、各機能のボタンが大きくなり指やスタイラスペンでタッチしやすくなっています。

音声認識と連携しディクテーションも声で行える

Pad向けのWordでは音声認識機能でディクテーション(書き取り)が可能です。iPadのソフトウェアキーボードが使いづらかったり、外部キーボードを接続しないと入力がんがてだという方に便利な機能です。

クラウドストレージと連携していつでも利用できる

Office for iPadはOneDriveをはじめとしたクラウドストレージと簡単に連携可能です。インターネットに接続さできる環境であれば、いつでもどこでもドキュメントを閲覧・編集できます。

Office 365のプランについて

iOS向けのOffice 365を利用するにせよ、Office for iPadを利用するにせよ、iOSユーザーがOfficeスイートを快適に利用するための基盤はすでに整っています。最後に、Office 365を利用するにあってそのプランについてご紹介します。Office 365は全部で7つのプランを提供しています。

  • Office 365 Business
  • Office 365 Business Essentials
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

各プランの特徴は次の通りです。

 

含まれているアプリケーション

月額/1ユーザー

Business

・Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access)

(クラウドストレージ)

900円

Business Essentials

・SharePoint Online(ファイル共有、サイト作成)

・Exchange Online(ビジネスメール、連絡先管理)

・Skype for Business(Web会議システム)

・Yammer(社内SNS)

・OneDrive for Business

540円

Business Premium

BusinessとBusiness Essentialsが提供するアプリケーションに加え

・Microsoft Teams(チーム管理)

・Microsoft Planner(タスク管理)

1,360円

ProPlus

・Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Access)

・OneDrive for Business(クラウドストレージ)

・Skype for Business

870円

Enterprise E1

・SharePoint Online

・Exchange Online

・Yammer

・Microsoft Teams

・Microsoft Planner

・最大1万人に向けたブロードキャスト配信

 

Enterprise E3

ProPlusとEnterprise E1が提供するアプリケーションに加え

・容量無制限のストレージ

・電子情報開示(コンプライアンス機能)

2,180円

Enterprise E5

Enterprise E3が提供するアプリケーションに加えて

・PowerBI(ビジネスインテリジェンス)

・高度なセキュリティ機能

3,810円

環境に合ったプランを選択してOffice 365を導入し、iOS向けのOffice 365をフル活用しましょう! 

Microsoft 365 Business カタログ

RECENT POST「Office 365」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Microsoft OfficeユーザーのためのOffice 365 まるわかりガイド

RANKING人気資料ランキング

ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング