Surface Laptop 4とは? Surface Laptop 3からどう進化したの?

 2021.09.29  Microsoft 365チャネル編集部

Surface Laptop 4はMicrosoft製のノートPCです。Surface Laptopシリーズと言えば先代機のLaptop 3も人気を博しましたが、最新型の本機では何がどのように進化しているのでしょうか。本記事ではSurface Laptop 4の概要をレビューします。。

Surface Laptop 4とは? Surface Laptop 3からどう進化したの?

Microsoft Teams ソリューション一覧

Surface Laptop 4とは

Surface Laptop 4はMicrosoft社が提供するSurface Laptopシリーズの最新機種に当たるノートPCです。先代機Surface Laptop 3と同じく2256×1504ドットの高精細ディスプレイを搭載しつつ、処理能力やバッテリー駆動時間の大幅な向上を果たすなど、着実な進化を遂げた後継機となっています。
Surface教育機関向け総合カタログ
Surface Hub 2S総合カタログ

Surface Laptop 4の技術仕様

Surface Laptop 4の主な技術仕様は下記の通りです。なお、Surface Laptop 4には13.5インチ型と15インチ型の2つのタイプがあります。サイズはもちろん、バッテリー駆動時間や重さなど一部の機能が異なっていますのでご注意ください。

  【Surface Laptop 4の主な技術仕様】
OS Windows 10 Home
CPU 13.5インチ:Intel Core i5-1135
13.5インチ:Intel Core i7-1185
13.5インチ:AMD Ryzen 5 4680U
15インチ:Intel Core i7-1185
15インチ:AMD Ryzen 7 4980U
メモリ 8GB/16GB/32GB(LPDDR4x RAM)
ストレージ SSD:256GB/512GB/1TB
ディスプレイ スクリーン:13.5インチ/15インチ(縦横比3:2)
解像度:13.5インチ 2256 x 1504 (201 PPI)/15インチ 2496 x 1664 (201 PPI)
10 点マルチタッチ対応(Surface ペン対応)
重量 13.5インチ(プラチナとアイスブルー):1,265g
13.5インチ(マットブラックとサンドストーン):1,288g
15インチ(プラチナとマットブラック): 1,542 g
バッテリー駆動時間 13.5インチ(AMD CPU)最大19時間
13.5インチ(Intel CPU)最大17時間
15インチ(AMD CPU)最大17.5時間
15インチ(Intel CPU)最大16.5時間

外部端子 USB-C x 1
USB-A x 1
3.5 mmヘッドフォンジャック
Surface Connect ポート x 1
Officeソフト Office Home & Business 2019
価格 128,480円から

まず、Surface Laptop 4のOSはWindows 10 Homeです。ただし次世代OSのWindows 11にアップデートすることもできます。CPUについては第11世代のインテル製 CPUか、AMD製CPUの4000シリーズから選択可能です。どちらのCPUでも通常のビジネス用途には十分すぎる性能で、快適に作業をこなせるでしょう。

メモリとストレージもユーザーの希望に合わせて細かく変えられます。重いアプリを複数同時に起動するとか、動画や画像を端末本体に多数保存する予定のある人は余裕を持ったスペックを選ぶのがおすすめです。

Surface Laptop 4の解像度は普通のノートPCより高く、フルHDを超える2256×1504ドットの高精細ディスプレイになっています。美麗グラフィックの映画やゲームなども存分に楽しめるでしょう。また、タッチ操作やSurfaceペンにも対応しています。

バッテリー駆動時間の長さはSurface Laptop 4の特に優れた点です。AMD製CPUを搭載した13.5インチ型の機種は、最大19時間も連続駆動できます。充電器を持ち歩かずとも一日中安心して使えるのはノートPCとして強力な利点と言えるでしょう。重さも最軽1,265gと軽い部類なので、ノートPCを頻繁に持ち運びたい人におすすめです。

他方、残念なのが外部端子の少なさです。USBタイプCとタイプAがそれぞれ1つずつしか接続できないのは少々心もとない部分があります。インターフェースを増やせるSurfaceドックの使用を想定しているのかもしれませんが、もう少し増やしてほしいところです。

価格面については、性能と比較してコストパフォーマンスの良さが光るところです。Officeソフトを標準搭載し、大幅にパワーアップした上で先代機のSurface Laptop 3と変わらない値段に設定されているので、かなりお買い得と言えます。

Surface Laptop 3との違い

Surface Laptop 4は先代機のSurface Laptop 3の優れた点を継承しつつ、着実に進化している最新モデルです。両機の主な違いとしては、13インチと15インチの両モデルにおいて、搭載CPUをインテル製とAMD製から選べるようになった点が挙げられます。先代機では13.5インチ型ではインテル製、15型ではAMD製しか選べませんでした。また、インテル製は先代機では第10世代だったのが第11世代に、AMD製は3000シリーズだったのが4000シリーズにバージョンアップしており、これによって処理性能が最大70%も向上したと言われています。

また、バッテリー駆動時間の改善も大きな変化です。Surface Laptop 3のバッテリー駆動時間は最大11.5時間でしたが、本機は最大19時間にまで伸びています。約8時間もの伸びは飛躍的な進化と言っても過言ではないでしょう。WiFi 6への対応や、カメラ、マイクの性能向上などその他の部分も全体的にパワーアップしています。

さらに、カラーバリエーションが一部変更されているのもチェックポイントです。Surface Laptopシリーズはおしゃれな外観が魅力のひとつなので、新色が気になっている人も多いでしょう。Surface Laptop 4では先代機にあった深い色合いのコバルトブルーから代わって、より涼やかなアイスブルーのカラーバリエーションが登場しています。

Surface Laptop 4のおすすめポイント5つ

続いては、Surface Laptop 4のおすすめポイントをご紹介していきます。

作業しやすいディスプレイ

これはSurface Laptopシリーズ共通の特徴ですが、本機のディスプレイのアスペクト比も3:2に設計されています。縦に長いディスプレイデザインは一度に表示できる情報量が多く、WebブラウジングやOffice作業などがしやすいと評判です。また、解像度もフルHD以上の高解像度であり、豊かな色域で画像や文字を綺麗に表示できます。

デザイン性の高いボディ

Surface Laptop 4はデザイン性の高さも魅力のひとつです。アルミ製のボディは高品質な仕上がりで、ひねっても歪まない堅牢性と、洗練された高級感を兼備しています。また、本体カラーとしてはプラチナ、マットブラック、アイスブルー、サンドストーンの4色が用意されており、ユーザーは好きな色を選ぶことが可能です。

生産性向上につながるタッチスクリーン

Surface Laptop 4はクラムシェル型のノートPCながら、タッチパネルやSurfaceペンにも対応しています。液晶を完全に倒すことができないので、本格的な描画などをするにはやりづらさもありますが、簡単なメモ書きなどをするには十分に便利です。

携帯性とパフォーマンスのバランスがいい

Surface Laptop 4は携帯性とパフォーマンスのバランスが優れているのもおすすめポイントです。15インチでも1,542g、13.5インチなら最軽1,265gという重さなので、外に持ち出すのも苦になりません。13.5インチならA4用紙と殆ど変わらないサイズなので、鞄にもすっきり収まるでしょう。他方パフォーマンスも十分で、Officeアプリを使った本格的な事務作業やリモート会議に使用しても快適に動作します。

Officeソフトを標準搭載

さらに、Surface Laptop 4はOfficeソフトが標準で付属されているのも魅力的な点です。Surface Laptop 4ではWord、Excel、PowerPoint、Outlookが使えます。Office Home & Business 2019をMicrosoft Storeで別途購入するとしたら、ほぼ4万円近くのコストを要します。サブスクリプションサービスのOffice 365を利用するにしても、年間1万円以上はかかるでしょう。その点、Surface Laptop 4は同価格帯の他ノートPCと同等以上の性能とデザイン性を備えながら、Officeアプリまで付いてくるので、非常にコスパの良い製品と言えるでしょう。

Surface Laptop 4の課題

Surface Laptop 4は数多くの魅力に溢れたノートPCですが、いくつかの点で不満が残ります。ひとつには、インターフェースが少ないことです。Surfaceドックなどで拡張できるにしても、USBタイプCとタイプAがひとつずつしか標準で接続できないのはやはり少ないと感じます。また、Surface Laptop 4には顔認証は搭載されているものの、指紋認証はできません。コロナ禍でマスクを着けている時間が長くなった今、これは意外と不便な点と言えます。

まとめ

Surface Laptop 4はデザイン性と携帯性、そしてパフォーマンスの高さを兼ね備えた万能なノートPCです。先代機Surface Laptop 3の美点を引き継ぎつつも、バッテリー駆動時間や処理能力などが飛躍的に向上しており、正当な進化を果たしています。新しいノートPCを探している方はぜひ購入をご検討ください。

CTA

RECENT POST「製品情報」の最新記事


製品情報

Surfaceの周辺機器を使ってより快適に

製品情報

Surfaceのスペック比較

製品情報

Surface Laptop Go(サーフェス ラップトップGo)をおすすめする7つの理由とは

製品情報

Surface Laptop 3のメリット・デメリットとは 気になる性能をわかりやすく解説

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Surface Laptop 4とは? Surface Laptop 3からどう進化したの?

サイト掲載へのお問い合わせ