Microsoft 365のテナント移行とは! おすすめ移行ツールを紹介

 2021.02.15  Microsoft 365チャネル編集部

市場環境の変化に伴い、企業組織の大幅な編成が行われるようになりました。Microsoft 365を導入する企業もシステム統合のため、データ移行の需要が増加しています。そこで本記事では、Microsoft 365のテナント移行について、概要を説明し、さらに移行ツール「On Demand Migration」を使った実際の移行手順についても解説します。

Microsoft 365 テナント移行とは

Microsoft 365は、最新OSのWindows 10に加えてOffice 365EMSなど、複数のサービスで構成されるソリューションです。現代ビジネスにおいて不可欠なシステムとして、多くの企業で導入されています。企業にとって重要なシステムだからこそ、Microsoft 365のテナント移行は大きな課題です。

Microsoft 365のテナント移行が必要となるシーンは、決して多くはありません。しかし、「M&Aによる企業合併や組織の再編」「オンプレミス環境からクラウド環境への移行」「社内システムの統合」といった場面において、Microsoft 365のテナント移行は必ず必要になります。

Microsoft 365はテナント単位で管理されているため、企業の合併や事業の統廃合といったタイミングで、テナント移行を行う必要があるのです。

Microsoft 365 テナント移行の手順

Microsoft 365は、企業にとって資産となる情報を有するシステムです。そのため、テナント移行を実行する際は、情報データの消失リスクを最小限に抑える必要があります。そこで利用したいのが、Quest社が提供する「On Demand Migration」です。

On Demand Migrationとは、Office 365のテナント移行を支援するソリューションです。ここでは、On Demand Migration」を利用したテナント移行手順について解説します。

システム移行元環境の事前準備

Microsoft 365のテナント移行において最も重要となるのが、移行元となるシステムの事前準備です。とくに移行先のオンプレミス環境のADは、移行元と移行先で結びつくことがあるため、どのデータを移行すべきか決めておく必要があります。

「AD」とは「Active Directory」の略称で、Windows Serverに搭載されている、複数のWindowsパソコンを一元管理できる仕組みです。AD環境が適切な状態にあるか、テナント移行前に確認する必要があります。また、データの移行前にプロファイルの設定変更や更新も行っておきましょう。

システム移行先環境の事前構築

システム移行前に移行先環境の構築を行います。Microsoft 365の環境構築はもちろん、オンプレミス環境のADの構築も必須です。

なお、オンプレミスのADアカウントをもとにMicrosoft 365アカウントを作成する場合は、ひとつ注意点があります。それは、Azure AD Connectのインストールが必要になるという点です。

「Azure AD Connect」とは、オンプレミス環境のADとAzure Active Directoryのデータを統合するサービスです。Azure AD Connectを利用することで、大量のオンプレADのユーザーを簡単に移行できます。

ユーザー移行

テナントを移行するためには、あらかじめ移行先にアカウントを作成しておく必要があります。アカウント作成は「Migration Manager」というツールで実施可能です。移行元のADアカウントをもとにして、移行先にADアカウントを作成しましょう。このとき、先述したAzure AD Connectを介して、Microsoft 365のアカウントと同期されます。

データ移行

移行先にデータ環境を構築し、アカウントを作成したら、いよいよOn Demand Migrationを利用してデータを移行します。移行できるデータは、主に「Outlookのメールデータ」「OneDriveに保存されているファイル」「Teamsのチャットデータ」「共有しているパブリックフォルダ」「SharePointのポータルサイトデータや共有ファイル」などが該当します。

また、テナント移行後はDNSサーバーにアクセスし、MXレコードを移行先のものへ切り替える作業も必須です。同時に、Outlookプロファイルを移行先の環境に切り替える設定も、忘れずに行っておきましょう。

データ移行環境の撤去

テナント移行の完了後は、不要な環境を撤去します。移行に利用したOn Demand Migrationと、移行マネージャーのMigration Manager環境は不要となるので撤去しましょう。セキュリティリスクの観点から見ても、不要な環境は撤去しておくべきです。

データ移行元環境の撤去

テナント移行におけるすべての作業が完了したあとは、必ず移行元のデータを削除します。データ移行元の情報が残存することで、情報漏えいリスクに結びつく危険性があるためです。

情報漏えいは、企業の培ってきた信用を一気に失墜させる事態を招きます。データ移行作業完了後は、必ず移行元の情報を削除しましょう。

Quest社のOn Demand Migrationでセキュアな移行を実現

Microsoft 365のテナント移行において重要となるのが、安全かつ確実なデータ移行です。Microsoft 365には、企業の根幹となる重要なデータが保存さています。そのため、テナント移行において、万一にもデータの消失が起こってはなりません。

Quest社が提供するOn Demand Migrationは、安心かつ確実なMicrosoft 365の全ワークロードの移行を実現します。ISO認定に準拠したセキュリティ機能を有しているため、セキュアな環境でのテナント移行が可能です。Quest社によるサポートも充実しており、移行に関する問題を事前に検出し、解決へと導きます。Microsoft 365のテナント移行を思案中の企業は、ぜひOn Demand Migrationの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

IT技術の進歩によって、ビジネスを取り巻く環境は大きく変化しました。大規模なM&Aや大胆な組織編成を行う企業も増加傾向にあります。そのようなシーンにおいて必要となるのが、Microsoft 365のテナント移行です。「On Demand Migration」について詳しく知りたい方は、下記URLをご覧ください。

CTA

RECENT POST「運用管理」の最新記事


運用管理

Notesの問題、Office 365への移行、なぜ多数の企業が移行するのか?

運用管理

Quest® On Demandが実現するMicrosoft 365 テナントマイグレーション

運用管理

Microsoft 365のデータ移行とは!?概要やポイントについて解説

運用管理

Microsoft 365のメールボックス移行とは!?方法やポイントについて紹介

FAVORITE POST「Microsoft製品」の人気記事


Microsoft 365のテナント移行とは! おすすめ移行ツールを紹介

サイト掲載へのお問い合わせ