SharePoint Server 2019のポイント

 2018.10.11  Office365編集部

働き方改革の掛け声のもと、情報共有基盤は場所に依存せずに仕事をすることができるインフラとしての役割がますます重要になってきています。またその流れの中で、インターネットへの接続ができればどこからでも利用できるクラウドサービスとの相性がよく、すでに多くの企業や組織が、Office 365などのクラウドベースのコラボレーション基盤に移行しています。

一方で、業務要件や取り扱う情報によってはクラウドへの移行が難しい場合があるのも事実です。SharePoint Server 2019は、これまで多くの企業や組織の情報共有基盤を担ってきたSharePoint Serverの次期バージョンで、SharePoint Server 2016の後継となります。

今回は、今年の下半期にリリースが予定されているSharePoint Server 2019について、SharePoint Server 2016と比較しながらその変更点をまとめてみたいと思います。

※リリース前の情報ですので、リリース時には内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

SharePoint Server 2019の新機能

SharePoint Server 2019の最大の特長は、SharePoint Onlineで初めて導入されたモダンなユーザーエクスペリエンスの採用でしょう。

モダンなエクスペリエンス

SharePointのいくつかの機能では、まずモダンなユーザーエクスペリエンスに兼行されていることが特徴です。魅力的で柔軟なモバイルで使いやすく設計されている現代的なユーザーインターフェイスです。

なお、現時点ではすべての機能がモダンではなく、次の機能が既定でモダンに設定されています。

SharePointのホームページ

  • ・リストとライブラリ
  • ・新しいチームサイトとコミュニケーションサイトのホームページ
  • ・新しいページ
  • ・サイトコンテンツ
  • ・サイトの使用状況
  • ・ごみ箱

既存のチームサイトのホームページや、wikiやwebパーツページなどのその他のサイトページは、従来のエクスペリエンスのままです

SharePointのホームページ

SharePointのホームページは、組織内のSharePointサイトを簡単に見つけてアクセスできるようにするモダンなエクスペリエンスです。また、フォローしているサイトや提案されたサイトからニュースを見つけることもできます。さらに、このページからサイトを作成することができます (管理者がその機能を有効にしている場合)。詳細については、「SharePointのニュース、サイト、ポータルを検索する」のホームページの使用方法について説明します。

リストとライブラリ

既定のリストとライブラリエクスペリエンスは、最も一般的なタスク用に最適化されています。コマンドバーを使用して、ファイルをコピーして移動します。ドキュメントをピン留めし、ファイルをリンクとして追加し、簡単にフィルター処理や並べ替えを行い、列に書式設定を適用します。

ドキュメントライブラリ

従来のビューでは、異なる、または利用できないいくつかの古典的な機能があります。これには、いくつかの列の種類と一部のカスタマイズが含まれます。詳細については、「リストとライブラリの新機能と従来のエクスペリエンスの相違点」を参照してください。

クラシックとモダンのリストとライブラリを切り替える

リストとライブラリのクラシックとモダンのビューを切り替えるには、「リストまたはドキュメントライブラリの既定のエクスペリエンスを新しいまたはクラシックから切り替える」を参照してください。

チーム サイト

モダンなチームサイトは、これまで以上に共同作業を行うことができます。これらのユーザーには、モダンニュース、クイックリンク、サイトアクティビティが事前に設定されています。すべての最新機能と同様に、チームサイトはモバイルデバイスで最適な外観に最適化されています。

ここでは、従来のチームサイトとモダンなグループの主な違いをいくつか紹介します。

ホームページ チームサイトテンプレートからクラシックチームサイトを作成すると、お知らせ、予定表、リンク用のwebパーツがホームページに自動的に追加されますが、最新のサイトでは、ニュース、クイックリンク、サイトアクティビティ、ドキュメントライブラリのセクションが表示されます。

ブランディング

SharePointチームサイトで会社のブランディングを使用することは非常に一般的であり、従来のサイトでは、サイトのテーマ、代替CSS、マスターページを使用している場合がありました。これらの要素はモダンサイトではサポートされていませんが、サイトのカスタマイズとブランディングを実行するための新しい簡単な方法があります。例として、テーマを変更してプロのスタイルとブランドを反映することで、SharePointサイトの色をすばやく簡単にカスタマイズすることができるようになりました。

従来のチームサイトと、より高速なサイトプロビジョニング、クイックスタートメニューのインライン編集など、その他の相違点がいくつかあります。

コミュニケーション サイト

コミュニケーションサイトは、情報を他のユーザーに伝えるのに最適な場所です。ニュース、レポート、ステータス、その他の情報を視覚的に説得力のある形式で共有することができます。コミュニケーションサイトの目的は、従来の発行サイトの目的に似ていますが、さまざまな違いがあります。一般的に、コミュニケーションサイトは作成が簡単であり、発行サイトインフラストラクチャには依存しません。

コミュニケーションサイトと発行サイトの違い

SharePoint発行サイトは、通常、イントラネットとコミュニケーションポータルを作成するために使用されます。発行サイトは、通常、より構造化されており、マスターページとサイト発行テンプレートを使って作成します。

コミュニケーションサイトは、発行機能のアクティブ化には依存しません。マスターページを使用しません。一般的に構造化されていません。これは、サブサイトなしで使用するように設計されています。これは、モダンなページとwebパーツを使用します。

ページとwebパーツ

モダンなページは、最新のwebパーツの機能を使用してレスポンシブページをすばやく簡単に作成する方法を提供します。ページは、従来のwebパーツページと発行ページに似ていますが、構造化されていないため、作成しやすくなります。モダンなページの詳細については、「サイトにページを追加する」を参照してください。新しいページを作成できない場合は、管理者がその機能を無効にしている可能性があります。管理者は、ユーザーが詳細を確認できるように、モダンなサイトページを作成することができます。

Microsoft Flow

SharePointワークフローとMicrosoft Flowはどちらも、承認のためにドキュメントをルーティングするなど、ビジネスプロセスを自動化するように設計されています。いずれもSharePoint Server 2019パブリック プレビューで引き続き利用できるようになります。Microsoft Flowを使用すると、広範な開発者リソースなしでプロセスを自動化する前よりも簡単になります。

ファイル共有

アップロードできるファイルサイズの上限が250MBまでだったものが、SharePoint Onlineと同じく15GBまでに増加します。またファイルやフォルダ名もSharePoint Onlineと同様に、# や % もサポートされます。アプリ開発に使われるファイルなどにこうした文字が含まれることがありますが、こうしたファイルもSharePointやOneDriveに格納できるようになります。

URLパスの長さも260から400まで(ユニコード単位)拡大されます。

SharePoint Server 2019でサポートされなくなる機能

ニュースフィード

既存のニュースフィード機能はSharePoint 2019で読み取り専用になります。ニュースフィード機能を実装するオプションがこのバージョンから削除されます。ニュースフィードを使用している場合には、チームニュース、Yammerなどの別のツールを検討する必要があります。

カスタムヘルプ

SharePointの既存のヘルプエンジンも今後削除されます。このエディションでは、オンプレミスファームにインストールされているヘルプコレクションに基づいた旧オンプレミスSharePointヘルプエンジンが更新され、コンテンツがOffice 365と同期されます。

SharePoint Designer 2013

以前はMicrosoft Office SharePoint Designerとして知られていたMicrosoft SharePoint Designer(SPD)は、Microsoft SharePointサイト、ワークフロー、およびWebページを作成または変更するためのエディタです。SharePoint Designer 2013は、残りのクライアントサポートライフサイクルの期間はSharePoint Server 2019公開プレビューで動作します。

マルチテナント

マイクロソフトはSharePoint Onlineへの取り組みを続ける中、SharePointのマルチテナント機能は、オンプレミス環境では利用できないクラウドテクノロジに移行することがより適切であると判断し、SharePoint 2019では利用できません。

Visioサービス

Visio Servicesには、Microsoft SilverlightベースおよびPNGベースのVisio図をレンダリングするための2つのオプションがあります。Microsoft Silverlightは2021年10月12日付けでサポートされなくなります。つまり、SilverlightベースのレンダリングはSharePoint Server 2019公開プレビューではサポートされなくなります。

まとめ

以上のように、コラボレーションの中核を担ってきたSharePoint Serverはモダンインターフェイスをはじめ、多くの変更点があります。そのため、SharePoint Onlineへの移行も含めて検討していただくことが、よりスムーズな移行を実現するためのポイントになるでしょう。

Office 365 アドバイザリーサービス

RECOMMEND関連記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!