Office365をお得に購入したい方へ無料Eブックをダウンロード

製品情報

SharePoint Online、プラン別利用できる機能/利用できる容量

  • 2016.12.20
  • Office365編集部
SharePoint Online、プラン別利用できる機能/利用できる容量

Office 365に含まれる SharePoint Onlineは、ポータル機能・文書管理機能・データ管理機能・検索機能とさまざまな機能が搭載しているため、それらを組み合わせた Webサイトを作成し利用できます。標準で搭載する機能を組み合わせてサイトを構築するケースもあれば、さらにカスタマイズを加えて利用するケースもあるため、構築できるサイトの種類/利用用途は多岐にわたります。

今回は Office 365のラインアップ別に見た SharePoint Online の機能差や、容量制限をまとめて把握してみましょう。

Office 365 プラン別 SharePoint Online 機能差

Office 365 では、主なプランは次のとおりで、一部 SharePoint Online 機能を含まないプランもあります。

SharePoint Online Office 365プラン別比較

では、SharePoint Online を含む Office 365 プランで、さらに SharePoint Online の機能差はどこにあるでしょうか?

下記 URL に機能差の詳細はまとめられていますが、機能概要とともに、比較してみましょう。

参考1:SharePoint Online オプションの比較
参考2:SharePoint Online サービスの説明

SharePoint Online 機能比較

Office 365プランにより、一部の SharePoint Online機能に差があることがわかります。Offce 365のプランにより、SharePoint Onlineではなく、Exchange OnlineSkype for Businessなどその他サービスも一部機能差がありますが、SharePoint Onlineのみに着目すると、BI 機能のコアである Excel Services/Visio Servicesの有無や、コンプライアンス機能のひとつである IRM 機能の有無が、上位エディションを選択する大きなポイントといえそうです。

機能紹介ビデオ:SharePoint Online

SharePoint Online で利用できる容量

では続いて、SharePoint Online で扱える容量はどのくらいあるのでしょうか?

比較的多い SharePoint サイト利用例としては、部門やチーム内でのファイルを中心にした情報共有・コラボレーション サイトや、組織内の情報ポータル サイトがあげられますが、特に 「ファイル共有」 は SharePoint Online での No.1 の利用用途といえるでしょう。

まず SharePoint サイトに保存できるファイル サイズの上限は、現在 10GB とされています。サイズの大きな動画ファイルや PPT ファイルの共有もできそうですね。 

では組織で利用する SharePoint Online 全体での容量はどのくらい利用できるのでしょうか?

組織で利用するテナント全体の容量は、現在 初期容量 1TB + 0.5GB × ユーザー数であり、以前よりも初期容量が大きく拡張されています。ユーザーごとに用意されるファイル ストレージである OneDrive for Business の容量はここには含まれないため、チームメンバーでのファイル共有機能として積極的に活用しても十分といっていいサイズが利用できますね。

Office 365 を導入される際に、プラン比較検討の参考にいただければ幸いです。

機能紹介ビデオ:SharePoint Online

Office 365を使ってみませんか?お申し込み初月は無料です。
詳しくはこちらから。

お申し込み
無償トライアル
 

KDDIからOffice365を購入する理由まるわかりガイド

Office 365の導入を検討されている方へ、KDDIから購入するメリットをまとめてご紹介いたします。

無料Eブックをダウンロード