スピアフィッシング:主要な攻撃と攻撃トレンド
~高度化する攻撃を防止するベストプラクティス~(2019年3月 Vol.1)

スピアフィッシング:主要な攻撃と攻撃トレンド~高度化する攻撃を防止するベストプラクティス~(2019年3月 Vol.1)

Microsoft 365のExchange Onlineには、悪意のあるメールを排除する機能 [EOP] が備わっていますがサードパーティーが提供するサービスを利用して多層防御をすることで、メールセキュリティをさらに強固にすることができます。

バラクーダネットワークスは、メールセキュリティに特化した製品/サービスを提供すると共に、メールセキュリティに関するレポートを定期的に発行しています。

スピアフィッシングは高度な標的型メール攻撃で、近年、悪用されるケースが増えています。攻撃者は、標的とする受信者を調査し、入念に設計したメールを作成します。

本レポートでは、スピアフィッシング攻撃のなかで主な3つのタイプ:ブランドインパーソネーション、BEC(ビジネスメール詐欺)、脅迫メールについて詳細に解説します。

フォームより、資料をダウンロードいただくことで詳細をご覧いただけます。

バラクーダネットワークスのメールセキュリティ製品/サービスについてはこちらをご覧ください。

https://www.barracuda.co.jp/products/tep/

資料ダウンロード