スピアフィッシング:主要な攻撃と攻撃トレンド~攻撃者の進化した戦術と標的となる人物に関する洞察~(2021年7月 Vol.6) | Microsoft365チャンネル

スピアフィッシング:主要な攻撃と攻撃トレンド
~攻撃者の進化した戦術と標的となる人物に関する洞察~
(2021年7月 Vol.6)

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

スピアフィッシング:主要な攻撃と攻撃トレンド~攻撃者の進化した戦術と標的となる人物に関する洞察~(2021年7月 Vol.6)

バラクーダネットワークスは、2020年5月から2021年6月にかけて、17,000以上の企業の300万以上のメールボックスに影響を与えた1,200万以上のスピアフィッシングおよびソーシャルエンジニアリング攻撃を分析しました。

それによりますと、話題の仮想通貨を利用したり、認証情報を盗んでランサムウェア攻撃を開始したり、目立たない職務に就いていて疑い深くないターゲットに合わせて攻撃を行ったりと、サイバー犯罪者は常に戦術を適応させ、攻撃をより巧妙にしています。

本レポートは、スピアフィッシングの現在の傾向、さまざまな攻撃で最も狙われている従業員のタイプ、被害者の防御をすり抜けるために攻撃者が使っている新たな手口などを紹介しています。

フォームより、資料をダウンロードいただくことで詳細をご覧いただけます。

資料ダウンロード