「仕事の解剖学」指数に見る日本の働き方の特徴と考察

「仕事の解剖学」指数に見る日本の働き方の特徴と考察

「仕事の解剖学」は、職場での時間の使い方を理解することを目的に、日本やアメリカ、イギリスなど6か国、計10,223人の知識労働者(ナレッジワーカー)の仕事に関する行動と意欲を調査した結果をまとめています。

  • 前回の発表
  • 日本のナレッジワーカーの平均的時間の使い方
  • 世界に比べて日本は生産性は高い部分が観察される
  • 日々の仕事に無駄があると感じている割合は世界で最も低い

などです。

フォームより、資料をダウンロードいただくことで詳細をご覧いただけます。

資料ダウンロード